アルキメデスの大戦「ひどい」と言われる理由3選。口コミから徹底解説

「アルキメデスの大戦はひどいの?」

スマホで「アルキメデスの大戦」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、アルキメデスの大戦「ひどい」と言われる原因を口コミと共に紹介していきます。

アルキメデスの大戦について

基本情報
原作者 三田紀房
監督 山崎貴

アルキメデスの大戦は、三田紀房先生による日本の漫画で、実写版映画も上映されました。

解説は以下の通りです。

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。

山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。

山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。

数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。

菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。

映画.com

アルキメデスの大戦「ひどい」と言われるSNSの声

アルキメデスの大戦がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じたようです。

  • 理由1:「リアル感がない」という声がある
  • 理由2:「歴史考証の雑さがひどい」という声がある
  • 理由3:「役者の演技のさせ方がひどい」という声がある

「リアル感がない」という声がある

アルキメデスの大戦を見た方の中には、演出がひどいと感じる方もいました。

演技が芝居かかっているので、リアル感がないと思っています。

現実の人間はそこまでひどいとくないと考えているようです。

戦争のシーンでは、バタバタ騒いで死んでいく兵士もひどいと感じています。

そのため、役者の問題ではなく演出によってひどくさせていると考えている方もいるようですね。

「歴史考証の雑さがひどい」という声がある

アルキメデスの大戦を見た方は、歴史考証の雑さがひどいと感じる方もいました。

そのため、他に見た方はウケているのか気になっていますね。

実在する歴史の物語とは異なっているので、ファンタジー作品として宣伝しているのかに対して疑問を抱いています。

「役者の演技のさせ方がひどい」という声がある

本作は昭和8年を舞台にした戦争ストーリーですが、当時の資料などを見ずに作られた酷い作品だと感じる方もいました。

自虐史観も丸出しで、妄想で「当時の人達が間違っていた」ということを前提とした思想を感じたようです。

そのため、役者の演技のさせ方もひどいようですね。

当時の物語をそのまま作られているわけではありませんが、オリジナル要素を取り入れることに不満を抱く方も少なくありません。

アルキメデスの大戦の良い口コミ

「ひどい」などといった声もあるアルキメデスの大戦ですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に見る前に少しでも良い口コミを参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

期待通りの作品だった

ずっと観たいと思っていたアルキメデスの大戦を見た方は、原作も読んでいましたがアレンジが結構されていたようですね。

日本海軍と戦艦大和の美しさ、戦争を取り巻く人々が上手く描かれていたようです。

有名作品でもある「永遠の0」の監督もしていた山崎監督の作品なので、期待もしてたようですね。

山崎監督のドラクエ映画はひどかったようですが、アルキメデスの大戦は期待通りの良作だと感じています。

予想を上回る面白さ

実際にアルキメデスの大戦を見た方は、テンポの速さと明確なストーリー、情熱が予想を遥かに上回る面白さだったと感じています。

主演は菅田将暉さんですが、時代物をやる彼の演技が好きなようです。

そのため、全体的に見ごたえがあったと感じています。

反戦映画であることも分かり、ラストも素晴らしいと感じているため、劇場で見ればよかったと後悔しているようです。

監督が覚醒していた

アルキメデスの大戦は山崎監督が手掛けていますが、これまでの作品がひどいと感じています。

しかし、本作では本当に面白いと感じており、取りつかれたように覚醒していたようです。

原作にはない映画オリジナルのダークさが、皮肉に満ちたラストシーンまで描かれた作品なようですね。

アルキメデスの大戦の悪い口コミ

アルキメデスの大戦に魅力を感じている方も多いですが、不満を抱いている方もいます。

実際に見る前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

菅田将暉に頼りすぎている

アルキメデスの大戦は全体を通して菅田将暉を頼りすぎていると感じている方もいました。

せっかくのキャラクターもつまらなく、全てをぶっとばすような狂気じみた観客をぶち抜くメッセージ性が「今」だと感じていますね。

そのため、実際に見た方はあまり魅力を感じることはなかったようですね。

見る必要はなかった

宇多丸師匠が評価していることを聞いて、見る気もなかったアルキメデスの大戦を見た方は見る必要はなかったと感じています。

人の命に対する扱いの軽さに驚いてしまったようです。

そのため、終戦記念日に見るべき作品ではないとも感じています。

消化不良感がある

実際にアルキメデスの大戦を見た方は、つまらなくも面白くもないと感じています。

面白いシーンがあったわけでもないため、長く語れるような魅力はなかったようですね。

そのため、消化不良を起こしている気分だとも感じています。

まとめ

アルキメデスの大戦がひどいと言われている理由として、「リアル感がない」「歴史考証の雑さがひどい」「役者の演技のさせ方がひどい」などにありました。

山崎監督のこれまでの作品の中では傑作だと感じる方もいますが、アレンジも加えているため不満を抱く声もあります。

そのため、作品の感想としては賛否両論な印象です。

1 COMMENT

匿名

こんなにイイねついていないTwitterの評価をマジョリティのように出されてもな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です