【実写】鋼の錬金術師「ひどい」と言われる理由3選。口コミから徹底解説

「実写の鋼の錬金術師はひどいの?」

スマホで「鋼の錬金術師 実写」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、実写の鋼の錬金術師「ひどい」と言われる原因を口コミと共に紹介していきます。

【実写】鋼の錬金術師について

基本情報
原作者 荒川弘
監督 曽利文彦

鋼の錬金術師は、荒川弘作の少年漫画、および、それを原作とするアニメ、小説、映画などのメディアミックス作品となっています。

実写映画完結編のストーリー内容は以下の通りです。

兄弟が歩んできた長い旅路の結末がここに。“鋼の錬金術師”が最後に出した答えとは――。

世界中から愛される大ベストセラーコミック「鋼の錬金術師」――錬金術が存在する架空の世界を舞台としたダーク・ファンタジーの人気は、連載開始後20年を経た今も留まることを知らない。

そのエドとアル兄弟の物語の最終章を、原作のままに映像化することにこだわった前・後編二部作からなる実写版――国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く、『復讐者スカー』。

そして、国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれていく『最後の錬成』。

物語の壮大なラストを描くには、どうしても二作が必要だった。

かつて幼い頃に亡くした母親を蘇らせようと行った錬金術の禁忌とされる人体錬成により、失われた身体を取り戻そうとする兄弟が最後に出した答えとは…?

原作を愛するキャスト・スタッフ陣が、『鋼の錬金術師』という唯一無二の作品世界を圧倒的スケールで描き切る、堂々の“完結編”

鋼の錬金術師の実写映画公式サイト

【実写】鋼の錬金術師「ひどい」と言われるSNSの声

鋼の錬金術師の実写がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じたようです。

  • 理由1:「改変しすぎ」という声がある
  • 理由2:「脇役の演技がひどい」という声がある
  • 理由3:「ひどい実写の条件が揃っている」という声がある

「改変しすぎ」という声がある

実写映画でよくある「改変がひどい」も、鋼の錬金術師では多くの声がありました。

「ひどい」などといった声もあることを把握したうえで見た方は、予想以上にひどいと感じていますね。

そのため、原作が好きなファンにとったら残念に思うのではないでしょうか。

続編があるのかを感じさせるようなストーリーで、全体的に不信感を抱いているようです。

「脇役の演技がひどい」という声がある

CGのクオリティに関して良い口コミも多いですが、プロットと脇役の演技がひどいと感じる方もいました。

海外舞台の漫画を全員日本人で作ったらひどくなるのは予想されていたようですが、少しは違和感を埋める努力をしてほしかったようですね。

演技が酷いと、ストーリー内容も入ってこないのではないでしょうか。

「ひどい実写の条件が揃っている」という声がある

実写の鋼の錬金術師に対して、実写の酷い条件が揃っていると感じている方も多くいました。

原作が漫画の作品は、元々のファンもいるため、作品作りが難しいところでもあります。

しかし、原作を読んでいなければ分からない展開、驚きのキャラクター改変、つまらないオリジナル展開が酷いと感じているようです。

原作を読んでいても読んでいなくても、ひどと感じてしまう作品なようですね。

【実写】鋼の錬金術師の良い口コミ

「ひどい」などといった声もある鋼の錬金術師ですが、中には魅力を感じている方も多くいます。

実際に見る前に、少しも良い口コミを把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

VFXとの画面の融合が抜群に上手い

実際に実写の鋼の錬金術師を見た方は、面白いと感じています。

前作と同様VFXとの画面の融合が抜群に上手いと感じており、邦画の中ではハリウッド感もある壮大な撮影をしていると思ったようです。

そのため、見ていても盛り上がるため楽しいのではないでしょうか。

出演者も豪華キャストでもあるため、素晴らしい演技力でキャラクターに寄り添っているため好きな作品だと感じています。

原作を見たことがあっても楽しめた

原作を読んだのはだいぶ前なので、細部は忘れていたようですが、ワクワクして観ることができた方もいました。

前作と同様俳優陣が世界に馴染んでいて、実写化はキャスティングが大切だとも改めて感じています。

原作を知っていても楽しめる方が多く、豪華キャストにも魅力がありますね。

実写で一番面白かった

鋼の錬金術師のアニメを見ていた方は、実写版でも楽しめたようです。

批判的な声も多い本作ですが、実写作品の中で一番面白いと感じる方もいます。

主演の山田涼介さんの演技にも絶賛している方も多く、他のキャストにも負けない演技力があったようですね。

【実写】鋼の錬金術師の悪い口コミ

面白いと感じている方も多い実写の鋼の錬金術師ですが、不満を抱いている方も少なくありません。

実際に見る前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

ほとんど良いところがない

ネットフリックスでも実写の鋼の錬金術師は配信されていたようですが、実際に見た方は全体的にひどいと感じています。

一部のキャストとアルのCGが想像よりも良かったようですが、ストーリーや戦闘シーンも良いところがなかったようです。

魅力的な点もありますが、それ以上にひどいと思う箇所があるため批判的な声も多い印象ですね。

原作無視のオリジナル展開ばかり

鋼の錬金術師の実写版は、ジャニーズの山田涼介さんが主演の作品でもあります。

しかし、どう考えても似合っておらずストーリー自体もひどい展開だと考えています。

そのため、自分の好きな担当である山田涼介さんが主演を務めていることに関してファンはどう受け止めているのか気になっている方もいました。

ひどい点が多い

実写の鋼の錬金術師は、展開や改変がひどいと感じている方は多い印象です。

そのため、原作の設定を借りた映画作品だと思えば見ることができるようですね。

前作では来場者特典として「0巻」などがありましたが、目的として足を運んでいる方もいるので、無理して見た方もいるようです。

まとめ

実写の鋼の錬金術師がひどいと言われている理由として、「改変しすぎ」「脇役の演技がひどい」「ひどい実写の条件が揃っている」、などにありました。

実際に見た方の中には、これまでの作品の中でも上位に入るほど面白いと感じている方も多いです。

しかし、原作とは全く違うようなので、ファンの方は不満を抱いてしまうのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です