閃光のハサウェイ「ひどい」理由3選。良い・悪い評価を徹底調査

「閃光のハサウェイはひどいの?」

スマホで「閃光のハサウェイ」とGoogle検索をすると「ひどい」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、閃光のハサウェイ「ひどい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

閃光のハサウェイについて

基本情報
原作者 富野由悠季 矢立 肇

機動戦士ガンダムの閃光のハサウェイは、アニメ作品群ガンダムシリーズの1つで、富野由悠季の小説作品です。

ストーリー内容は以下の通りです。

 

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。

U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。

そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。

リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。

その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。

アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

閃光のハサウェイの公式サイト

閃光のハサウェイ「ひどい」と言われる理由3選

閃光のハサウェイがひどいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようですね。

  • 理由1:「フィギュアのクオリティがひどい」という低い評価がある
  • 理由2:「主題歌がひどい」という辛口評価がある
  • 理由3:「暗い場面が多すぎてひどい」という評価がある

「フィギュアのクオリティひどい」という低い評価がある

閃光のハサウェイがひどいと言われている理由として、フィギュアに関しての声が多い印象です。

ギギ・アンダルシアのプライズフィギュアが、想像以上に出来が酷いようですね。

低コスト量産品でもあるので、クオリティは確実に落ちると考えている方もいます。

予算がありそうな一番くじでもクオリティが微妙な際もあるので、期待できないのかもしれません。

「主題歌がひどい」という辛口評価がある

閃光のハサウェイの主題歌のアレキサンドロスが下手だという声もありました。

楽曲自体は素晴らしいようですが、音の止め・タメが楽曲に合っていないようです。

活舌も悪いようで、楽曲殺しで酷いと感じている方もいます。

エンディングの曲については、酷いなどといった声は多い印象です。

「暗い場面が多すぎてひどい」という評価がある

Amazonプライムで閃光のハサウェイを見た方は、暗すぎな場面が多すぎて酷いと感じています。

ガンダム頼りな部分もあるようで、出来が悪いようですね。

面白いなどと感じる方もいますが、中にはストーリー内容などに不満を抱く方も少なくありません。

閃光のハサウェイの良い評価

「ひどい」などといった声もある閃光のハサウェイですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に見る前に少しでも良い口コミを参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

100点満点

閃光のハサウェイを見た方は、100点満点なほど面白いと感じています。

ハサウェイの心理描写が丁寧に描かれているようで、良かったようです。

自分で計画した射撃作戦を「本当にひどい」と言ったりなど、ストーリー内容にも満足しています。

興奮する部分もあり、満足している方も多いです。

何回でも見れる

閃光のハサウェイをじっくり見た方は、改めて面白さに魅力を感じています。

4回ほど見たようですが、ストーリー内容も理解できたようです。

見る端末によっては、不満を抱くこともあるようですが、何回見ても魅力を感じれる作品なようですね。

好きな作品

閃光のハサウェイの公開当時は、夜間戦闘も多くて画面が暗いなどと言われていたようです。

実際に、「暗い場面が多すぎてひどい」などといった声もありますが、クライマックスなどは興奮してしまうようですね。

Ξガンダムに乗り込んでの戦闘からのEDの閃光がかかるまでの流れも上がってしまうようです。

ハサウェイの理屈は狂人の発想だと考えていますが、好きな作品なため、2部の公開日も楽しみにしていますね。

閃光のハサウェイの悪い評価

魅力的な声も多いですが、不満を抱える方も少なくありません。

実際に見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

本当にひどい

逆襲のシャアまで見ている方は、閃光のハサウェイが本当にひどいと感じています。

本作までの作品を見ていることや知っていること、小説での補足が必要なことを前提にして作られているようです。

そのため、これまでの作品を見ていない方がいきなり閃光のハサウェイを見ると意味が分からないのかもしれません。

感情移入ができない

閃光のハサウェイの評論では、意味が分からない、何がしたいのかが分からない、主人公の感情移入ができないなどといった声が多くあったようです。

実際にガンダムファンが思っている意見であると考えていますね。

しかし、閃光のハサウェイはまだ良い方で、小説版同期戦士ガンダムが知られていないことも酷いと感じています。

終始イライラする

閃光のハサウェイを見た方は、ガンダムで初めて見たため意味不明なのは仕方がないですが、さすがに酷いと感じています。

ミステリアスなヒロインが我儘すぎて、終始イライラして見ていたようですね。

戦闘シーンも一瞬で終わり、物理法則もご都合主義だと感じています。

主人公に対しても共感できなかったため、全体的に魅力を感じることはできなかったようですね。

まとめ

閃光のハサウェイがひどいと言われている理由として、「フィギュアのクオリティがひどい」「主題歌がひどい」「暗い場面が多すぎてひどい」などにありました。

実際に内容を理解することが難しく、不満を抱いている方は少なくありません。

しかし、何度も見るほど魅力を感じている方も多く、特別酷い作品ではない印象です。

見る方によって、理解できない点もあるため悪い声もあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です