【アニメ】ジョジョ5部「ひどい?」良い・悪い評価を徹底調査

「アニメジョジョ5部はひどいの?」

スマホで「アニメジョジョ5部」とGoogle検索をすると「ひどい」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、アニメのジョジョ5部「ひどい」と言われる理由を忖度なしの評価と共に紹介していきます。

【アニメ】ジョジョ5部について

基本情報
監督 津田尚克

ジョジョの奇妙な冒険は、荒木飛呂彦による日本の漫画作品で、略称は「ジョジョ」です。

1話のあらすじは以下の通りです。

 

南イタリアの都市、ネアポリス。風光明媚な観光地だが、ギャングが支配する街でもある。

ジョースター家の宿敵・DIOの息子と思しき人物「汐華初流乃」を探すため、この街を訪れた広瀬康一は、
青年ジョルノ・ジョバァーナと出会い、荷物を盗まれてしまう。

その際、康一はジョルノこそが探していた「汐華初流乃」であり、
同時に彼がスタンド使いであることを知る。

一方、ジョルノはギャングの「涙目のルカ」から因縁をつけられてトラブルになり、
それが原因で同じくギャングのブローノ・ブチャラティから狙われることになる……。

アニメジョジョ公式サイト

【アニメ】ジョジョ5部「ひどい」と言われるSNSの評価

アニメジョジョ5部がひどいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようですね。

  • 理由1:「声優がひどい」という評価がある
  • 理由2:「マンガの『タメ』や『迫力』を見習ってほしい」という声がある
  • 理由3:「説明台詞でひどい」という辛口評価がある

「声優がひどい」という評価がある

ジョジョ5部のアニメを見た方は、トリッシュ役の声優がひどいと感じる方もいました。

入れ替わる頃から、演出やアングルなどに関しては良いと思っていますね。

どういった作品でも声優に関しては、賛否両論に分かれてしまうものです。

原作が漫画の作品は、自分の想像とは違う声である場合もあるので、批判的な声は仕方がないのではないでしょうか。

「マンガの『タメ』や『迫力』を見習ってほしい」という声がある

実際にジョジョ5部のアニメを見た方の中には、雰囲気が軽くてひどいと感じる方もいました。

「相変わらず」ということなので、5部の作品に限られた話ではないとも考えられますね。

特にギアッチョ戦は、5部の中でも覚悟が見れるバトルだと思っています。

しかし、タメや迫力などと漫画の良いところが活かしきれていないようです。

5部はジョジョアニメの中でも、一番最低な作品で残念とも思っているようですね。

「説明台詞でひどい」という辛口評価がある

ネットフリックスなどでもアニメの配信がされているようです。

実際に5部を見た方は、説明台詞がひどいと感じています。

13話まで見ているので、大半が説明のようなセリフが入っているようですね。

アニメのスムーズな描写が魅力なのにも関わらず、説明台詞が多いと内容も入ってこないのではないでしょうか。

【アニメ】の良い評価

「ひどい」などといった声もあるジョジョ5部のアニメですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に見る前に少しでも良い口コミを把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

5部で好きになった

ジョジョのアニメでは3部や4部が一番面白いなどといった声が多い印象です。

しかし、3部や4部でハマることができなかったため、途中で挫折しそうになったようですね。

実際に5部のアニメを見たことでジョジョのアニメを好きになった方もいました。

これまでのアニメを見ても魅力を感じることができなくても、5部を見ることでハマることもあるのかもしれません。

原作にはないシーンもある

ジョジョ5部のアニメでは、原作にはないシーンも追加されているようです。

オリジナルを入れると批判的な声も多くなってしまいますが、本作では好評なようですね。

スタンドの動きもかっこよかったようで、魅力的な点が多いと感じています。

原作にはない面白さもあるのが、アニメの魅力でもないでしょうか。

5部でハマった

ジョジョが面白いのは知っていたようですが、画風が苦手なため見ることはなかったようです。

しかし、旦那さんがジョジョ5部のアニメを見ているのを横で見たいたようですが、物凄い面白くてハマってしまったようですね。

5部だけをいきなり見ても、ハマることはできるようです。

画風と立ち姿と言葉の言い回しがクセになるので、何度も見たくなる方も多いですね。

【アニメ】の悪い評価

魅力的な声も多いジョジョアニメの5部ですが、不満を抱える声も少なくありません。

実際に悪い口コミを把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

ラスボス戦がつまらない

ジョジョのアニメの録画と原作を読み返した方は、5部に関してラスボス戦がつまらないと感じています。

敵味方を含めて全員が矢のパワーに振り回せているため、シンプルな「燃え」ながいようです。

脅威だったボスもシルエットが取れたのにも関わらず、あっという間にだらしなくなっています。

5部が一番面白いなどといった声もある中で、ラスボス戦がつまらないと思う方もいるようですね。

アニメでは面白くない

ジョジョ5部の部分は、原作では一番好きな方もいました。

しかし、アニメで見てみるとそこまで面白いと感じることはなかったようです。

原作にはないオリジナルなシーンもあるため、比べるとつまらなくなってしまう可能性もあります。

5部だけを見て魅力を感じる方もいますが、原作を知っている方の中では一番つまらないと考える方もいるようです。

序盤が面白くない

ジョジョ5部のアニメが始まってから2か月が経過したようですが、あまり面白いと感じることはないようです。

序盤なのでまだストーリーが進んでいるわけではありませんが、他の部では序盤から戦いのシーンもあったので良かったようですね。

しかし、5部では敵も味方も手の内を見せることはないので魅力がないようです。

アニメを見ているのに、動くシーンが少ないので紙芝居を見ているような気分にもなっています。

まとめ

ジョジョ5部のアニメがひどいと言われている理由として、「声優がひどい」「説明台詞でひどい」という評価がある、などにありました。

5部までの作品を見ていなくても充分に楽しむことができるようですが、中には「つまらない」と思う方もいます。

特別批判的な声が多いわけではありませんが、原作にはないシーンもあるので、賛否両論分かれるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です