聲の形「ひどい」理由3選。良い・悪い評価を徹底調査

「聲の形はひどいの?」

スマホで「聲の形」とGoogle検索をすると「ひどい」という関連キーワードが表示されています。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、聲の形「ひどい」と言われる理由を良い・悪い評価と共に紹介していきます。

聲の形について

基本情報
原作者 大今良時

聲の形は、大今良時による日本の漫画で最初の作品が別冊少年マガジン2011年2月号に、リメイクされた作品が週刊少年マガジン2013年12号に掲載されました。

あらすじは以下の通りです。

 

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。

ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。

しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。

“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。

これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

聲の形公式サイト

聲の形「ひどい」と言われるSNSの評価

聲の形がひどいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようですね。

  • 理由1:「いじめシーンがひどい」という声がある
  • 理由2:「加害者と被害者が和解していくのが、少し無理」という声がある
  • 理由3:「編集がひどい」という辛口評価がある

「いじめシーンがひどい」という声がある

聲の形で「ひどい」と言われている理由として最も多いのが、いじめの内容にありました。

聴覚障害をテーマにした作品ですが、酷いイジメが描かれています。

実際に見た方は、読んでいて辛くなってしまったようです。

そのため、ハッピーエンドを期待して読み続けてみるようですね。

「加害者と被害者が和解していくのが、少し無理」という声がある

いじめの内容がひどいなどといった声も多い聲の形ですが、加害者と被害者が和解している点に違和感を感じている方もいます。

驚くほど酷いいじめをしてきたのにも関わらず、和解してしまうのは無理があると思っていますね。

しかし、最後に和解をすることで救いを感じる方もいるのかもしれません。

いじめで苦しんでいる方も多いですが、終わり方によって何かを感じる方もいるのではないでしょうか。

「編集がひどい」という辛口評価がある

聲の形が放送されていた際に、カットの仕方と編集がひどいと感じている方は多いです。

原作や映画館で見ていた方にとったら、残念に思うのかもしれません。

そのため、放送されていた聲の形を見てつまらないと思う方はもったいないと考える方もいます。

映画は漫画よりもカットされているのも関わらず、更にカットしてしまうことに不満を抱いている方もいますね。

聲の形の良い評価

「ひどい」などといった声もある聲の形ですが、面白いと感じる方もいます。

実際に見る前に少しでも良い口コミを把握するころで、より楽しめるのではないでしょうか。

編集が上手い

実際に聲の形のアニメを見た方は、上手く編集したと感じています。

アニメ化に関しては、編集の仕方などに不評な声が集まることも少なくありません。

しかし、聲の形では驚くほど普通に面白く見ることができたようです。

難しいテーマではある作品ですが、登場人物などもクズばかりのまま放送されていた点が良かったようですね。

違和感を感じることなく作品を見終えたようで、監督に絶賛している方も多いです。

感動する

聲の形を見ると物凄く泣けて、感動している方も多い印象です。

同じような気持ちだったりと、考えさせられる作品でもあります。

これまで見てきた作品の中で上位を競うほど、感動できる作品だと思っているようですね。

原作を見ていなくても感動できる作品でもあるので、泣ける映画をお探しの方にはおすすめではないでしょうか。

主題歌も良い

聲の形が何となく気になっていた方が見てみたところ、感動して涙が止まらなかったようです。

一生逃げ続ける人もいれば、ちゃんと向き合おうとする人もいることが分かりますね。

大人になって社会に出ることで、人間関係などに悩まされることも多いですが、小さな子どもはもっと難しいです。

ストーリーの内容自体、心に刺さるものが多いのではないでしょうか。

更には、主題歌がaikoの「恋をした」であった点にも良かったと感じています。

聲の形の悪い評価

聲の形を見た方の多くが、感動しているようですが、不満を抱いている声も少なくありません。

実際に見る前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

つまらないと感じる人もいる

映画の聲の形を見た方は、淡々としたストーリーで楽しめたようです。

しかし、アニメとして観れば展開も少ないのでつまらないと感じる人がいるとも考えていますね。

衝撃的な展開が多いのが好きな方には、退屈してしまうのかもしれません。

更には、登場人物の行動理念がいまいち分からないとも思っていますね。

つまらない

感動している方も多い聲の形ですが、見た方の中にはつまらないと思う方もいます。

内省的なものをアニメで描くには限界があると感じていますね。

美少女ばかりで、キャラクターの差別化も出来ていないとも思っています。

普段からアニメをあまり見る機会がない方にとったら、好みではないこともありますね。

2時間の映画にまとめるのは無理がある

原作を読まずに映画の聲の形を見た方は、つまらない問題の以前に理解ができなかったようです。

そのため、感動することもありませんでした。

原作を通して読むと、良い作品だと感じていますが、アニメで魅力を得ることはできなかったようですね。

そのため、京アニでも7巻の漫画を2時間でまとめるには無理があったと考えています。

原作も物凄いヒットをしていますが、どんなに人気の作品であっても短い時間で魅力を伝えるのは難しいかもしれません。

映画で見てつまらないと思っても、原作で面白いと感じる方もいるということですね。

まとめ

聲の形がひどいと言われている理由として、「いじめシーンがひどい」「加害者と被害者が和解していくのが、少し無理」「編集がひどい」などにありました。

観ている方のほどんどが感動をしているため、涙なしでは見ることができない作品ではないでしょうか。

「ひどい」などといった声の多くが、ストーリーでもあるいじめの内容であると考えられます。

作品自体に不満を抱える声もありますが、原作を見て魅力を感じている方も多い印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です