【危険】ストロングゼロがやばい理由3選|脳が溶ける?その真相を徹底調査

「ストロングゼロはヤバいの?」

スマホで「ストロングゼロ」とGoogle検索をすると「ヤバい」などといった関連キーワードが出てきます。

このようなワードが出てくると不安になりますよね。

購入する前に、ストロングゼロのことを把握することで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、ストロングゼロは本当にヤバいのか口コミと共に紹介していきます。

ストロングゼロについて

基本情報
価格 350ml  141円
年齢層 20歳~

ストロングゼロは、サントリーが販売をしているお酒になります。

アルコール9パーセントの強い飲みごたえと、甘くない爽快な切れ味が特徴です。

甘さのある缶チューハイは、食事に合わないと思われていますが、これまでの常識を覆すような「食事に合うチューハイ」として人気を得ています。

期間限定の味から、レモンなどの定番の味まで幅広いラインナップがあるのも特徴です。

ストロングゼロの危険性

ストロングゼロは、アルコール度数が9パーセントなので、他のチューハイに比べて度数も高く危険性について広まるようにもなりました。

味はチューハイなので、ジュース感覚でアルコール度数の高いお酒を飲めてしまう点において危険だと言われています。

アルコールやカロリーの高いお酒を手軽に口にすることができる点には以下のような危険性があります。

  • アルコール度数が高いため、摂取量によっては危険
  • フルーティーな味わいから、飲みやすくて過剰摂取してしまう
  • ロング缶も販売されているため、飲みすぎてしまう
  • 人工甘味料などが含まれているので、過剰摂取により身体に悪影響を及ぼすこともある
  • アルコールの摂りすぎは、血液中の中性脂肪が増えるため太る原因になる
  • ジュース感覚で一気に飲んでしまうとアルコール濃度が急速に上がるため危険
  • 手っ取り早く酔うために手にする方も多いので、アルコール中毒になることもある

ストロングゼロ「ヤバい」と言われる3つの理由

ストロングゼロがヤバいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ヤバいと感じるようです。

  • 理由1:味覚障害でも飲めるのでヤバい
  • 理由2:不味いので飲んでいる人はヤバい
  • 理由3:流行するのがヤバい

味覚障害でも飲めるからヤバい

新型コロナウイルスでは、味覚障害を伴う方も増えています。

後遺症として悩まれている方も多いですが、ストロングゼロの味だけは感じてしまう方もいるようです。

何を食べても味を感じることができないことから、様々なものを試している方も多いのではないでしょうか。

その中でも、お酒であるストロングゼロだけ味覚を感じてしまうことで喜びを覚え過剰摂取してしまう可能性も高まります。

一部の方だけなので、全員がストロングゼロの味を感じるわけではありません。

中には、毎晩飲んでいるストロングゼロの味がしないため、コロナを疑う人もいるようです。

不味いので飲んでいる人はヤバい

ストロングゼロは、アルコール度数が高いのにも関わらずジュース感覚で飲めてしまう点で人気を得ています。

一方で、お酒の味が強すぎて不味いと感じる方もいます。

不味いお酒を飲める人は、お酒の強さに関係なくヤバいと思う方もいるようです。

お酒は美味しいから飲んでいる方が大半ですが、不味いのにも関わらず酔う目的で飲んでいるのかと考えるのではないでしょうか。

中には、一口飲んだだけでヤバい酒だと感じる方も多い印象です。

流行するのがヤバい

ストロングゼロの特徴として「早く酔えるお酒を低価格で購入できる」などにあります。

お金に余裕があれば、良いお酒を購入することができるため、現代の人の財布事情も伺えますよね。

お酒がなければ発散できないほどのストレスなどを抱えていなければ、摂取することもありません。

「ヤバい」と言われているストロングゼロが、流行ってしまう今の日本の現状のほうがヤバいと思う方もいます。

ストロングゼロを手にする方のほとんどが「安くて美味しくてすぐに酔えるお酒」などを目的にしているのではないでしょうか。

ストレスも抱えておらず、お金に余裕もあればストロングゼロに手を出すこともないということですよね。

ストロングゼロの良い口コミ

「ヤバい」などといった声が多いストロングゼロですが、規制をしながら飲むことで、魅力のあるお酒です。

どのような点に魅力があるのかを把握することで、ストロングゼロを楽しむことができるのではないでしょうか。

ガリガリ君と合わせて飲むと美味しい

ストロングゼロを様々な飲み方で楽しんでいる方もいます。

真夏の暑い日には、コップにストロングゼロを注いでアイスのガリガリ君をそのまま入れるだけで氷感覚で飲むことができます。

普通に氷を入れて飲むよりも、格段に美味しいお酒ができあがるようです。

他の方も、凍らせた果物やアイスボックスを氷代わりにして飲んでいる方もいるので、幅広い飲み方を楽しむことができます。

しかし、アイスなどと一緒に飲むことで、通常よりも更に飲みやすくなるので飲みすぎてしまう危険性もあります。

自分で量を調整できる方には、おすすめの飲み方ではないでしょうか。

コスパが良い

ストロングゼロを父親に勧められて飲んだ方は、飲みやすくて良い具合に酔えるのでコスパが良いと感じているようです。

普段はアルコール度数が5パーセントのチューハイを飲んでいる方にとったら、ほとんど同じ金額で9%の度数のお酒を飲むことができます。

通常のチューハイ350miの2本分なので、手っ取り早く酔いたい方にはコストパフォーマンスも良いですよね。

味も普通に美味しいので、節度を守れば魅力のあるお酒でもあります。

しかし、飲みやすいため普段飲まれているチューハイと同じ感覚で飲んでしまうと、身体などに様々な影響が出てしまうため注意が必要です。

ストロングゼロの悪い口コミ

様々な飲み方をして楽しんでいる方も多いストロングゼロですが、中には悪い口コミもあります。

実際にどのような点に悪いところがあるのかを把握することで、より良いお酒ライフを楽しむことができるのではないでしょうか。

検査結果で分かる

去年はストロングゼロの500ml缶を毎日4本、今年は焼酎のソーダ割りを無制限で飲んでいた方は、数値として悪い結果をもたらしてしまったようです。

厚生労働省では、「節度ある適度な飲酒」に関して1日平均純アルコール20gを推奨しています。

ビールに換算すると、アルコール度数5パーセントの中瓶(500ml)1本分となっています。

ストロングゼロの350ml缶では、純アルコール量25.2gなので1本を飲んだ時点で適正量を超えてしまうことになりますよね。

そのため、毎日ストロングゼロの350mlを1本飲んだだけでも身体に悪影響を及ぼすことが分かります。

急性アルコール中毒症状

実際にお酒の強い方で、普段はワインボトル1本を軽く空けてしまう方にとっても「ストロングゼロはヤバい」と断言できるようです。

飲みやすいので勢いよく飲みすぎてしまい、350mlを2本飲んだだけで急性アルコール中毒の症状が現れています。

体質などにもよりますが、実際に身体に影響が出ている方も少なくないので節度のある飲み方をしなければなりません。

まとめ

ストロングゼロがヤバいと言われている理由として「味覚障害でも飲めるのがヤバい」「不味いのに飲んでいるのがヤバい」「流行するのがヤバい」などにありました。

350ml1本を飲むだけで、厚生労働省が推奨している純アルコールは超えてしまいます。

実際に身体へ悪影響を及ぼしている方もいるので、休肝日を設けるなど節度のある飲み方をする必要があるのではないでしょうか。

「美味しくてアルコール度数の高いお酒を低価格で手に入れることができる」魅力のあるお酒ですが、危険性を把握したうえで楽しむことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です