【実写映画】ザ・ファブルはひどい?忖度なしの評判を大公開。

「実写映画のザ・ファブルはひどいの?」

スマホで「約束のネバーランド ザ・ファブル」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは実写映画のザ・ファブルは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

【実写映画】ザ・ファブルについて

基本情報
原作者 南勝久
監督 江口カン

ザ・ファブルは、週間ヤングマガジンで連載されている漫画が原作です。

実写映画のイントロダクションは以下の通りです。

どんな相手も6秒以内に仕留める――  伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)。

ある日、ボス(佐藤浩市)から「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で、相棒・ヨウコ(木村文乃)と共に一般人のフリして暮らし始める。猫舌で変わり者のアキラは、今日もバイト先の社長(佐藤二朗)と同僚のミサキ(山本美月)と関わりながら<プロの普通>を極めるため奮闘中。

一方この街では、表向きは子供を守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆(堤真一)が暗躍。

凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃えていた。

同じ頃アキラは、4年前のある事件で自分が救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然再会し、これが後に大騒動へと発展する ――!

ザ・ファブル公式サイト

【実写映画】ザ・ファブル「ひどい」と言われる3つの理由

ザ・ファブルの実写映画がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方ではひどいと感じるようです。

  • 理由1:改変がひどい
  • 理由2:演出や演技がひどい
  • 理由3:アクションシーンにガッカリ

改変がひどい

実際にザ・ファブルを見た方は、面白い原作から生まれた普通のアクション映画だと感じています。

そのため、原作を見ていなければ面白いようです。

原作を知っている方にとったら、スマートさも感じれずに改変もひどいと思っています。

ザ・ファブルは特に原作である漫画の巻数も多いため、短くまとめるのは難しかったのかもしれません。

演出や演技がひどい

ネットフリックスでザ・ファブルを見た方は、演出や演技がひどかったため見る気がなくなってしまったようです。

特に邦画は、演出などがひどいと感じる方も少なくありません。

そのため、洋画を好まれる方も多いですよね。

演出家や監督の腕にも左右されますが、本作では魅力を感じなかったようです。

アクションシーンにガッカリ

ザ・ファブルでは、アクションシーンに関して賛否両論な印象です。

様々な作品を総なめしている岡田准一さんが主演の作品なため期待をしていたようですが、アクションシーンにガッカリしています。

原作のような迫力がなかったようで、チンピラが騒いでいるようにしか見えなかったようです。

そのため、シーンによっては恥ずかしくて見てられなかったと思っています。

【実写映画】ザ・ファブルの良い口コミ評判

ザ・ファブルに対して「ひどい」などといった声もありますが、中には面白かったと思う方も多いです。

実際に魅力的な点を把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

面白かった

映画のザ・ファブルを見た方は、アクションの殺陣もかっこよくてギャグも面白かったようです。

元々邦画を見ない方なようですが、邦画自体に面白さを感じています。

アクションシーンに関して、原作を知っている方にとったら不満を抱く声もありますが、魅力を感じている方も多いです。

そのため、面白くて満足しているようですね。

完成度が高かった

普段はアニメを見ている方でも、実写版のザ・ファブルには魅力を感じたようです。

原作の完成度も高く、良質な実写化で良かったと思っています。

アクションシーンに関しても、構図の見せ方が上手くて1本の映画として楽しめたようです。

原作を知っている方でも、本作は十分に楽しめる作品なようですね。

見やすい作品だった

ザ・ファブルの実写映画では、佐藤二郎さんも出演されていますが、コメディ要素もあって楽しめたようです。

「ゆるい殺し屋コメディ」として見る分には、十分に魅力を感じる作品なようです。

特に、ズレているファブルがシリアスな笑いを呼んでいるところが良かったようですね。

全体の構成も良くて見やすい作品だったため、続編作品も見たいと感じています。

【実写映画】ザ・ファブルの悪い口コミ評判

良い口コミも多いザ・ファブルの実写映画ですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に見る前に、少しでもネガティブな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

乱闘シーンが狙っている感じがした

実際にザ・ファブルの映画を見た方は、ひどいと感じたようです。

特に後半の乱闘シーン以降は、狙っていると思ったため観てられないと思ったようですね。

主演である岡田くんも悪くないですし、ジャンル自体に不満を抱いているわけではありません。

しかし、本作を見た後には特に残るようなものはなかったようです。

平手友梨奈を中心に展開されているのがおかしい

平手友梨奈さんが演じる佐羽ヒナコさんを中心にストーリーが展開されている点に不満を抱いている方もいました。

原作では、全く違う仕様だったようですが、実写では平手友梨奈さんを全面に出されていました。

演技も上手く様々な作品に引っ張りだこなので、魅せたいのも分かりますが、ファンの方にとったら良い気はしないようですね。

そのため、実写映画系全てに信用ができないと思っています。

原作の緊迫感がない

作品を見た方の中には、原作の緊迫感がないため最悪だと感じています。

原作に関しては、人間群像も完成されていたようですが、映画版に関してはただのアクション映画なようです。

そのため、観ていて時間の無駄だと思い原作者もOK出したのか疑問を抱いています。

まとめ

ザ・ファブルの実写映画がひどいと言われている理由として、「改変がひどい」「演出や演技がひどい」「アクションシーンにガッカリ」などにありました。

実際に見た方のほとんどが、一つの映画として満足している印象です。

しかし、原作を知っている方にとったら再現度が低くて不満に感じている方もいるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です