【アニメ】ワールドトリガーはひどい?良い・悪い口コミを徹底調査

「ワールドトリガーのアニメはひどいの?」

スマホで「ワールドトリガー アニメ」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になると思います。

そこで、本ページでは、ワールドトリガーのアニメは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

【アニメ】ワールドトリガーについて

基本情報
原作者 葦原大介
監督 海谷 敏久

ワールドトリガーは、週刊少年ジャンプで2013年11号から2018年52号まで連載された後に、ジャンプスクエアに移籍して2019年1号から連載中です。

アニメ3rdシーズン1話のあらすじは以下の通りです。

三雲隊はヒュースを新たにメンバーに加え新生・玉狛第2として始動する。

そんな中、ランク戦を前に玉狛支部の古参メンバーであるミカエル・クローニンと林藤ゆりが帰還。

林藤ゆりの口から語られる玉狛支部の過去とは!?

ワールドトリガーのアニメのあらすじ

【アニメ】ワールドトリガー「ひどい」と言われる3つの理由

ワールドトリガーのアニメがひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようです。

  • 理由1:「時間稼ぎがひどい」という声がある
  • 理由2:「作画がひどい」と批評がある
  • 理由3:「演出や間の取り方がダサい」と批評がある

時間稼ぎがひどい

実際にワールドトリガーのアニメを見た方の中には、時間稼ぎがひどいと感じる方もいました。

尺稼ぎのような間延びがひどいようで、話数が多いようです。

作画崩壊が結構な頻度で起こっており、オープニングもダサいようですね。

全体的な声のイメージも異なるようで、全ての難点を除けば良作だと思っています。

「作画がひどい」と批評がある

漫画が原作のアニメ化は、作画崩壊について不満を抱える方も多い印象です。

ワールドトリガーも同様なようで、東映のレベルを疑っています。

原作が好きなファンにとったら、悲しむ方も多いのではないでしょうか。

アニメが好きな方も多いですが、作画に関して気になる方もいるようですね。

「演出や間の取り方がダサい」と批評がある

実際にワールドトリガーのアニメを見た方は、全体的の出来がひどいと感じる方もいました。

作画は壊滅的で、演出や間の取り方もダサいようですね。

改変されている台詞のセンスも悪いと思っており、東映が無能だと感じています。

そのため、予算やスケジュールなどの都合が合わなかった可能性も考えられるのではないでしょうか。

【アニメ】ワールドトリガーの良い口コミ

「ひどい」などといった声もあるワールドトリガーのアニメですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に見る前に良い口コミを把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

最終回を含めて良かった

実際にワールドトリガーのアニメ3rdシーズンの最終回まで見た方は、良かったと思っています。

興奮を冷ますためにも、原作を読み直したいとも思っているようです。

アニメを見る前に原作を見ていた方でも、アニメに魅力を感じている方もいます。

そのため、制作スタッフの方にも素敵なアニメを作ってくれたことに感謝をしているようです。

出会えて良かった

ワールドトリガーのアニメに出会えて良かったと感じる方は少なくありません。

実際に見た方も、最高に良かったと感じており、4期にも期待をしていますね。

現在では3rdまで放送されていましたが、この先放送される可能性がないわけではありません。

原作のストックが不足していない期間になるまで、時間も要するのではないでしょうか。

面白いところをアニメ化にしてくれた

ワールドトリガーのアニメの良かったポイントはたくさんあると感じている方もいました。

特に、原作で一番面白いところをアニメ化にしてくれた点が特に良かったようです。

原作が漫画のアニメ化は、重要なシーンをカットすることもあるので、魅力的なポイントではないでしょうか。

【アニメ】ワールドトリガーの悪い口コミ

ワールドトリガーのアニメを絶賛している方も多いですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

説明が入りすぎる

ワールドトリガーのアニメを見た方の中には、説明が入りすぎると感じる方もいました。

話が進んでも、何度も同じ説明をするため憂鬱になるのではないでしょうか。

途中から見始める方の配慮だとも捉えることもできますが、最初から見ている方にとったら邪魔ですよね。

作画もひどくて話もグダグダなので、イライラするためもう見れないと思う方もいました。

区切られている

ワールドトリガーのアニメを見た方の中には、ありえないところで区切られていると感じる方もいました。

空閑と加古さんのやり取りを途中で切られてしまったようですね。

自分の好きなシーンが切られるとショックを受けるファンも多いのではないでしょうか。

一つのシーンがあることで話がかみ合うこともありますが、変なところで区切られると違和感が出てしまうことも少なくありません。

そのため、実際にありえないと不満を感じていますね。

アクションの切れが悪い

実際にワールドトリガーのアニメを見た方の中には、アクションの切れが悪いと感じる方もいました。

1ステップのシーンも、多いステップであったり、久我のワイヤーアクションの目で追えないほどの早さだと思っています。

全体的のシーンやカットに関してひどいと感じているようです。

原作を把握していなくても、一つのアニメ作品としてあまり良いとは思えなかったようですね。

まとめ

ワールドトリガーのアニメがひどいと言われている理由として、演出や作画などにありました。

実際にアニメに絶賛している方も多く、4期が放送されるのを待ち望んでいる方ばかりです。

しかし、原作を知っている方にとったら、作画崩壊などがひどいと感じるのかもしれません。

そのため、ワールドトリガー自体をまだ見ていない方は、アニメから見てみると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です