【映画】糸「ひどい」と言われる理由3選。口コミから徹底解説

「映画の糸はひどいの?」

スマホで「糸 映画」とGoogle検索をすると「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になると思います。

そこで、本ページでは、映画の糸は「ひどい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

【映画】糸について

基本情報
原作者 中島みゆきの「糸」
監督 瀬々敬久

映画の糸は、中島みゆきさんの名曲でもある「糸」を原案として作られた菅田将暉さんと小松菜奈さんのダブル主演作品です。

あらすじは以下の通りです。

平成元年生まれの高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)。

北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。そんなある日、葵が突然姿を消した。

養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。

しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。

その後、葵は母親に連れられて北海道から移ることになった。

漣は葵を見送ることさえできないまま、二人は遠く引き離された…。

それから8年後、地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。

北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。

もうすでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。

そして10年後、平成最後となる2019年。

運命は、もう一度だけ、二人をめぐり逢わせようとしていた…。

TBS公式サイト

【映画】糸「ひどい」と言われるSNSの声

映画の糸がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようです。

  • 理由1:仕上がりがひどい
  • 理由2:編集がひどい
  • 理由3:つまらない

仕上がりがひどい

先行で糸の映画を見た方は、ワースト3に入るほどひどい仕上がりだと感じています。

涙を誘うような演出を即席で作られた恋愛映画だと思っているようです。

恋愛映画なので、人によってはあまり好みではないのかもしれません。

出演者は一流ばかりですが、酷いと感じる方もいるようですね。

編集がひどい

映画の糸が地上波で放送されていましたが、カットシーンが多かったようです。

実際に、映画館で見た方がもう一度見ようと思っても雑な編集に不満を抱いている方も少なくありません。

ハイライトシーンだと思っていたところも、カットされていたので残念に思っているようです。

そのため、地上波で映画を見たくないとも感じていますね。

つまらない

地上波でやっていた糸の映画を見た方は、つまらないと感じたようです。

2時間にもわたる放送でしたが、無駄な時間を過ごしたとも思っています。

そのため、なぜこんな映画を作るのか疑問を抱いているようですね。

【映画】糸の良い口コミ

「ひどい」などといった声もある映画の糸ですが、魅力を感じている方もいます。

実際に見る前に少しでも魅力的な点を把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

糸の世界観に合っている

地上波でやっていた糸の映画を見た方が、中島みゆきさんの「糸」の世界観に合ったいたと感じています。

俳優さんたちの演技が特に良かったようで、不満を抱くことはなかったようです。

原作が漫画などではないので、映画を作り上げるには大変だとは思いますが、世界観にしっかりと合っているのは魅力的ではないでしょうか。

そのため、再度また見たいとも感じています。

泣ける映画

地上波で映画の糸を見た方は、泣ける映画だと感じています、

泣けるシーンがいくつかあったようで、魅力のある作品なようですね。

特に小松菜奈さんが可愛いと感じる方は多く、演技に魅了されている方は多いです。

役どころにしっかりとハマっていたため、小松菜奈さんの演技も見どころではないでしょうか。

小松菜奈の映画にハズレはない

映画館で実際に糸を見た方は、全人類に見てほしいほど良い映画だと感じています。

小松菜奈さんが物凄いキレイなようで、ファンの方には必見の作品ではないでしょうか。

他の作品でも魅力的な作品は多く、小松菜奈さんが出演している作品でハズレはないと感じているようです。

映画の糸は、出演している役者さん方に魅力を感じている方は多い印象です。

【映画】糸の悪い口コミ

泣ける映画として魅力を感じている方も多い糸ですが、不満を抱いている方もいます。

実際に見る前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

ラストがひどい

映画の糸に関して、ラストシーンが賛否両論な印象です。

小松菜奈さんも可愛くて、終わり以外は魅力のある映画だと感じているようです。

しかし、ラストまでを丁寧に描いているのにも関わらず最後はあっけなく終わってしまったようです。

それまでは面白いと感じても、ラストシーンが適当に感じると安い映画と思ってしまうのではないでしょうか。

面白くない

Amazonプライムで糸の予告編に魅力を感じて、実際に見た方は面白くないと思っています。

つまらないストーリーに糸の音楽をかけて、それっぽくしているだけだと感じたようです。

自分だけが魅力を感じないのか不思議に思ったため、検索をすると「ひどい」などといったワードが出てきています。

実際にGoogle検索をすると「ひどい」などと出てくるので、少なからず魅力を感じない方は他にもいるということですね。

2時間が辛かった

映画の糸を見た方は、2時間が辛くなるほど魅力を感じることはなかったようです。

出だしの5分で作品自体ダメだと思い、見入ることはなかったようですね。

「糸」の歌に無理矢理つなげようと、一晩で考えたようなシナリオだと感じたようです。

更には、ラストシーンも酷いと思っています。

まとめ

映画の糸がひどいと言われている理由として「仕上がりがひどい」「編集がひどい」「つまらなくてひどい」などにありました。

特に地上波で放送されていた糸が、カットシーンも多く不満を抱いている方は多い印象です。

しかし、役者さんの演技に絶賛して、魅力を感じている方も少なくありません。

恋愛映画でもあるので、賛否両論分けれる作品ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です