アイボン「やめた方がいい?」その真相を口コミから徹底検証

「アイボンはやめた方がいいの?」

スマホで「アイボン」とGoogle検索をすると「やめた方がいい」などといった関連キーワードが表示されています。

なぜ?やめた方がいいのか、気になると思います。

そこで、本ページでは、アイボン「やめた方がいい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

アイボンについて

基本情報
メーカー 小林製薬株式会社

アイボンは、まるごと洗いでコンタクトの瞳を守るものです。

コンタクトレンズを使用することで生じる様々な眼のトラブルから、瞳を守ります。

眼には見えない雑菌からトラブルまで、身体を守るための生活習慣を瞳にもすることができるものです。

アイボンは、コンタクトレンズの瞳の健康と快適な毎日を考え続けています。

アイボン「やめた方がいい」と言われる3つの理由

アイボンがやめた方がいいなどと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、「やめた方がいい」と感じるようですね。

  • 理由1:「容器を清潔に保てない」という声がある
  • 理由2:眼科の先生に「やめた方がいい」と言われた
  • 理由3:「眼の膜を剝がしてしまう」という声がある

「容器を清潔に保てない」という声がある

アイボンは小さなコップのようなものを使用して目を洗浄します。

しかし、中にはコップのようなものを人の手では清潔に保つことはできないため、やめた方がいいと思う方もいました。

不衛生なコップで目を洗浄していると思うと怖いですよね。

ものもらいの原因にもなるようで、眼科の先生に念を押されたようです。

実際に、早めにやめて良かったと感じていますね。

眼科の先生に「やめた方がいい」と言われた

アイボンをやめた方がいいと言われている理由として、「眼科の先生に言われた」にありました。

多くの方が言われているようで、専門医から見ても良くないものだと考えているようです。

市販しているので、そこまで悪いものだと考えない方も多いのではないでしょうか。

しかし、目に悪いため先生にやめた方がいいと言われている方もいます。

健康な眼に対しては、たいして影響がないのかもしれませんが、元々悪い目に利用するのは良くないのかもしれません。

「眼の膜を剝がしてしまう」という声がある

中には、アイボンは目の膜を剥がしてしまうと感じる方もいました。

実際に使用すると、目もスッキリもするので継続して使用する方も多いのではないでしょうか。

しかし、目に異常を感じたら、アイボンではなく眼科に行った方が良いですよね。

長年使用することで、目に必要な膜まで剥がれてしまうと考えている方もいます。

アイボンの良い口コミ

「やめた方がいい」などといった声もあるアイボンですが、魅力を感じている方も多いです。

購入をする前に少しでも良い口コミを参考にすることで、後押しになるのではないでしょうか。

汚れがとれた

実際にアイボンを使用した方は、目の汚れがとれたようです。

眼がゴロゴロするのを感じたため、洗うとスッキリしています。

使用頻度が多いと、あまり目に良くないのかもしれませんが、たまにやった方が良いと考える方もいますね。

しかし、ゴロゴロとするのに違和感がある方はすぐに病院を受診するようにすることが大切です。

場合によっては良い

アイボンが目にあまり良くないといった意見を把握したうえで使用している方もいました。

マスカラなどが目に入った際に、手でこするのではなくアイボンなどを使用したほうが良いと考える方もいます。

目薬を使用してもとれなかったものがアイボンでは取れているので、場合によっては良いのかもしれません。

楽になる

眼が痒い際には、アイボンを使用している方もいました。

使用することで物凄い楽になるようで、頻繁に使用している方も少なくありません。

絶対に目に悪いと言い切ることはできませんが、実際に使用している方の中には魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

あまりにも痒い際や、異物を感じた際はアイボンを使用するのではなく、病院を受診することが大切です。

アイボンの悪い口コミ

魅力的な声も多いアイボンですが、中には不満を抱く声もあります。

購入をする前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

眼が痛くなった

実際に目がゴロゴロした方は、アイボンを使用したことで目が痛くなってしまったようです。

そのため、アイボンを使用する前に目に異常を感じたら病院に行った方が良いですね。

使用している方は、そこまで頻繁に使用していないようですが、目の状態によっては悪化してしまうこともあるようです。

CMにも放送されており、実際に販売もされているので安心感もありますが、必ず目の異常が治るわけではありません。

説明書をよく読み、注意して使用する必要もありますね。

眼科の先生に「やめた方がいい」と言われた

実際にアイボンを使用して、目の異常が治らなかった方は、眼科に行くと先生に良くないと言われている方も多いです。

頻繁にアイボンを使用していた方は、目が腫れたり痛みを伴ったり乾燥などもしていたようですね。

しかし、先生には「目に必要なものまで落として衛生的にも最悪」のようなことを言われています。

専門医の先生に言われると不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

そのため、使用を辞めている方も多い印象です。

眼科の先生からすると、市販されているものではなく、目の異常に適したものを使用するべきだと考えるのではないでしょうか。

異常を感じたら、市販のものではなく、しっかりと受診したほうが良いということですね。

即刻やめた方がいい

眼科に勤めていた方も、アイボンはすぐにやめた方がいいと感じています。

癖のある様々な先生もいましたが、アイボンの使用を勧めている眼科医はいなかったようです。

アイボンがやめた方がいいと言われている理由として、専門医の先生である発言なのかもしれません。

多くの先生が口を揃えておすすめはしないと言われているようです。

実際に目がスッキリすると感じる方もいますが、目の異常に合わせた正しい処方箋が大切ですよね。

そのため、「目がゴロゴロする」「乾燥しやすい」「目に違和感がある」などといった場合は、すぐに病院を受診しなければなりません。

実際にアイボンを使用する際は、頻度を守って正しく使用する必要がありますね。

まとめ

アイボンがやめた方がいいと言われている理由として、「容器を清潔に保てない」という声がある、眼科の先生に「やめた方がいい」と言われた、「眼の膜を剝がしてしまう」という声がある、などにありました。

実際に専門医でもある先生にアイボンはあまり使用しない方がいいと言われている方は多い印象です。

使用している方の中には、頻度を守りながら使用しているため、異常を感じない方もいます。

しかし、目に異常を感じたらすぐに病院を受診することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です