ペッツファーストはやばい?売れ残りはどうなる?噂の真相を口コミから徹底調査

「ペッツファーストはヤバいの?」

「ペッツファースト」とGoogle検索をすると関連キーワードに「ヤバい」と表示されています。

一体なぜ、ヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、ペッツファースト「ヤバい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

ペッツファーストについて

ペッツファースト株式会社は、子犬子猫専門ペットショップ「ペッツファースト」を運営する企業で、全国に77店舗を展開しています。

グループ会社も含め、ペット販売のみではなく、アフターサポート・動物病院、ペットサロン、老犬ホームなど、多岐に渡ってペットライフをサポートするペットの総合企業を目指しています。

ペッツファースト「やばい」と言われる理由1『相場より価格が少し高い』

ペッツファーストが「やばい」と言われる1つ目の理由は、「相場より価格が少し高い」という点です。

こちらのコメントでは、ペットの価格が「相場より高いから相場にならないか毎週通っている」ということです。

他には、「ペッツファーストは、最初に高額の値段を付けて徐々に下げていき「安くなった、お得だ!」と思わせて売る感じである」という、ネット上の口コミもありました。

ペッツファーストに限らず、このような価格設定をする店や会社は、全国に多数あります。

ただし、ペットの需要と供給の関係、特殊な血統がある等により、相場より価格が高いことがあるとは思いますが、逆に価格の安いペットがいることも十分に考えられます。

それから、ペッツファーストは、「Pets always come first」(ペット第一主義)を理念にしているだけに、「ほっとサポート」等によるペットのケアもかなり充実しています。

これらの付加サービスの充実の影響で、相場より価格が高くなってしまうことは十分に想像できます。

一方で、ペッツファーストは、「全国に店舗があるので利用しやすい」「顔立ちが魅力的なペットが多い」という口コミも一定数あり、素敵なペットと出会えた方もいるようです。

ペッツファーストとしては、ペットを最適な状態に維持するためには、利益以外にも人件費・管理費等がどうしても多くなってしまうため、価格を高めに設定してこのような販売方法をすることになってしまうのは、ある程度仕方のないことだと考えているのかもしれません。

ペッツファースト「やばい」と言われる理由2『病気を患っていることがある』

ペッツファーストが「やばい」と言われる2つ目の理由は、「病気にかかっていることがある」という点です。

こちらのコメントによると、ペッツファーストで購入したブリティッシュが、「店にいる時点で猫コロナウイルスに感染しており、その事実を隠されたまた購入してしまい、先住猫にも感染し、休みの度に動物病院に行っている」ということです。

ペッツファーストに限らず、他のペットショップでも同様の事例はあり、「飼い猫ではないので、1匹1匹そこまでケアしていない」のが実情のようです。

たとえ店内の全てのペットに徹底したケアを行っていたとしても、店には多くのお客が来て、常にお目当てのペットを見たり触ったりしているわけですから、常に感染するリスクがあることは考えられます。

種々の対策をしている人間であってもコロナウイルスに多数感染しているのですから、全てのペットを予防するのは困難であることは容易に推測できると思います。

したがって、ペットが店の飼育箱の中で小綺麗にされていても「感染症の病気にかかってしている事もあれば、持病がある事もある」と想定しておき、「購入した後にすぐに他のペットと一緒にしない」「健康チェックをする」等の対策は必要であると思われます。

当然、ペッツファーストとしても、飼育箱の中の管理等の一般的な対策はきちんと行っていると思われます。

ペッツファースト「やばい」と言われる理由3『売れ残りはブリーダーやカフェに行く』

ペッツファーストが「やばい」と言われる3つ目の理由は、「売れ残りはブリーダーやカフェに行く」という点です。

こちらのコメントによると「売れ残りはブリーダーに帰るかドッグカフェやキャットカフェに回る」ということです。

ペッツファーストに限らず、一般的なペットショップでは、自我が芽生えて買い手に順応しない個体が増え始めるため、「売れ残りとなるボーダーラインは犬猫とも生後6か月である」と言われています。

したがって、一般的なペットショップは繁殖業者からの委託販売をしているだけなので、生後6か月が経過した時点で、繁殖業者に戻すことが通例であるようです。

もちろん、繁殖業者は犬猫を戻されても困るため、生後4か月ぐらいからペットショップと繁殖業者で値下げ交渉をして、犬猫を安く売っていく流れになります。

「正規の値段で3・4割売れ、値段の引き下げで3割売れ、繁殖業者に戻されるのは3割程度である」という口コミもあります。

一方で、「繁殖用の台雌・種雄として汚いケージのなかで死ぬまで子犬・子猫を産ませ続けられる」「犬猫の譲渡会もあるが、それに倍する以上の数の犬猫が個体の”間引き”等で命を落としている」事実があると、ネット上では噂されています。

売れ残りの問題は、継続して業界全体で取り組む必要があると思われます。

ペッツファーストでもできるだけ、「ブリダーに帰るかドッグカフェやキャットカフェに回る」等の配慮をしながらペットが寿命を全うするまで、適切な居場所を用意していきたいと考えていると思われます。

ペッツファーストの良い口コミ

「やばい」と言われているペッツファーストですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に利用しようかと悩んでいる方は、少しでも良い口コミを知ることで後押しになるのではないでしょうか。

プレゼントがもらえる

こちらの口コミでは、ペッツファーストから「ペットの誕生日にプレゼントが届いた」ということです。

他にも、「ペットの節目の日にポストカード・防災セット等が送られてきてうれしかった」等の口コミは、ネット上に一定数ありました。

これはペッツファーストが、ペット販売のみではなく、多岐に渡ってペットライフをサポートする企業を目指す取り組みの一つであると思われます。

家族の一員であるペットを大切に思ってもらえることは、飼い主にとってとてもうれしいことだと想像できます。

ネットで買える

この口コミでは、「ペッツファーストのオンラインショップでペットを即決して購入した」ようです。

ペッツファーストでは、ペットショップP’s-firstを展開しており、ここからネットでペットを買うことができます。

また、「ほっとサポート」等の種々の取り組みについても詳しく知ることができます。

他には、オンラインショップGREEDYも展開しており、ここでは犬・猫用を中心に多くの商品を取り扱っています。

「定期コース」や「商品レビュー」もあるので、購入する際には検討してみてください。

他県にいるペットとの素敵な出会いは、このようなネットショップがあったからこそ実現したのだと思います。

ペッツファーストの悪い口コミ

人気もあるペッツファーストですが、不満を抱える声もあります。

実際に利用する前に少しでもマイナスな声を把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

勧め方が一部で強引

一部の店員であるとは思いますが、こちらは、ペッツファーストで「価格100万円超えの犬を無理やり抱っこさせられてすごく勧められた」という口コミです。

ペッツファーストに限らず、多くのペットショップでは、高額なペットは売れ残りやすいため、一部の店員であるとは思いますが、強引に勧めていく例があるようです。

一般人から見れば、100万円のペットは進んで買うことは少なく、「抱っこしてみて気に入ってお金を貯めて買う」ことが多くなるため、店員としてもそのことを意識していると思われます。

一方で、ペッツファーストでは、「高価ではあるが顔立ち等が魅力的なペットが多く展示されている」という口コミもあり、お金が許せばお気に入りのペットが見つかるかもしれません。

店側としては、ペットのためにも長く飼育箱で展示するわけにはいかず、お客にそのペットの良さを感じてもらい販売につなげる必要があったのだと思います。

【91】価格100万円超えの犬を無理やり抱っこさせられてすんごい勧められた。

高い値段には意味がある!この子は珍しい!とかゴリ押しされたんだけど、結局断って他のところからお迎えして、ここで買わなくてよかったって心底思った。

いくらなんでも高過ぎる。

5ちゃんねる

高額ローンでの購入を勧められた

こちらは、ペッツファーストで「若いカップルが総額100万オーバーをローンで購入するように勧められていて、周囲にいる人が心配になった」という口コミです。

ペッツファーストでは、さまざまなペットが販売されていますが、血統書がついた良質なペットでは、保険やサポートを合わせると100万円を超える契約も出てくるようです。

ペッツファーストでは、一部の店員であると思いますが、「最初からローンありきの話をしていた」「ローン購入の押しが強い」という口コミがネット上にはありました。

ローンが払えないという事態を避けるためにも、高額なペットを購入する際には、冷静な状態で判断することをおすすめします。

もちろん、ペッツファーストでは、価格が安いペットも取り扱っています。

ペッツファーストとしても、ローンを組むかどうかを決めるのは買い手であるため、高額なローンを組む際には全額支払えるのかどうかを適切に判断してから契約してほしいと考えていると思われます。

まとめ

ペッツファースト「やばい」と言われる理由は、「相場より価格が少し高い」「病気に患っていることがある」「売れ残りはブリーダーやカフェに行く」の3つです。

ペットの価格が高いのは、利益以外にもペットを最適な状態に維持するために経費等がかかるためだと思われます。

ペットの売れ残りの問題にも、継続して業界全体が取り組む必要があるようです。

 

コメントはこちらから