クラーク記念国際高等学校はヤバい?噂の真相を口コミとあわせて徹底解説

「クラーク記念国際高等学校はヤバいの?」

「クラーク記念国際高等学校」とGoogle検索をすると関連キーワードに「やばい」と表示されています。

一体何がヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、クラーク記念国際高等学校「やばい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

クラーク記念国際高等学校について

基本情報
場所 北海道、宮城県、秋田県、福島県

群馬県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

福井県、長野県

岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

鳥取県、広島県、岡山県、山口県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

クラーク記念国際高等学校とは、全国で教育展開をする通信制学校です。

1992年に開校をして、ウィリアム・S・クラーク博士である、「Boys, be ambitious ~君よ、大志を抱け~」が教育理念になっています。

クラーク家から唯一認められた教育機関であり、北海道の深川本校を中心に全国各地の拠点で教育を展開をしています。

通信制ではありますが、卒業資格は全日制高校と同等で学校教育法第一条に定められた高等学校です。

クラーク記念国際高等学校「やばい」と言われる理由1『学校の愚痴を言ってはいけない』

クラークがやばいと言われている理由として、通うのが辛い点にありました。

入学当初には、学校の愚痴を言ったら退学にすると言われていたようです。

しかし、愚痴をこぼしている方は多いようですね。

学費も高いですが、相応の価値はないと考えている方もいます。

実際にクラークに入学しようとしていた方は、マイナスなところも知っておいたほうが良いと思い、たくさん質問をしたようです。

すると、受け入れを拒否されています。

学校に対するネガティブなことを発信したくないのは当たり前ですが、生徒たちに愚痴を言うことを禁止するのは凄いですね。

しかし、ネットでは「クラーク記念国際高等学校」と検索すると掲示板もあるので、実際に通われている生徒たちの愚痴などが次々と出てきます。

お子さんがクラークに通っている方は、入学後に親子揃って後悔をしているようでした。

学校のパンフレットには大学受験について記載されていたようですが、実際に聞いてみると「大学の一般入試には対応していないので一般入試を考えている人は塾に行って下さい」と言われたようです。

また、入学前にはお子さんの体調に合わせて大丈夫などと優しい言葉をかけてもらったようですが、実際に入学してみると学校のルールが一番でお子さんの体調似合わせるなどといったことはなかったようですね。

「頑張ることができない生徒はいらない」と言われている方もいました。

そのため、入学前には良いことばかり言われますが、実際に通うと全く良い対応はされないようです。

愚痴がたくさん出てきてしまう点において「やばい」と言われるようになりました。

クラーク記念国際高等学校「やばい」と言われる理由2『一部生徒によるイジメがある』

クラーク記念国際高等学校がやばいと言われている理由として、イジメ問題にありました。

学校側はイジメはないと宣言していますが、実際に通われている方の声でいじめ問題について言及している方もいます。

本当のところは当人にしかわかりませんが、イジメについて悩んでいる方もいるということですね。

実際にイジメをしている現場に遭遇している方もいます。

通信制の学校でもあるため、もともと不登校の方がクラークの学校に転入している方も少なくありません。

そのため、普通の学校で馴染めずにクラークに行く方もいるということです。

人との付き合い方が分からない方なども多いようですが、イジメ問題に関しては親御さんも気になるところではないでしょうか。

しかし、中には人数の少ない学校では先生も親身になってくれるところもあるようです。

入学してから態度が一変する先生もいるので、本当のところがどうなるのか難しいところでもあります。

クラスの人数が多ければ多いほど、先生も把握することが難しくなるのではないでしょうか。

また、心理カウンセラーの資格を持っている先生もいるようですが、全く期待はできないと感じている方は多いです。

そのため、クラークの入学を考えている方は学校によって状況は全く異なるようなので、学校ごとの口コミを把握したほうが良いかもしれません。

クラーク記念国際高等学校「やばい」と言われる理由3『真面目に授業が受けられない』

クラーク記念国際高等学校がやばいと言われている理由として、クラスの雰囲気などが動物園のようにうるさい点にありました。

通信制もありますが、自分で登校日数を選ぶことができるのもクラークの特徴の一つです。

実際にクラークに通っていた方の中には、楽しい思い出はありますが、勉強面として成長することはできなかったと感じています。

そのため、真面目に授業を受けるなどといった雰囲気ではないようです。

特に、「高校卒業」の資格さえ取得すれば良いと思っている方もいるので、勉強をしっかりとしたい方は向いていないのかもしれません。

本気で進学などを真面目に考えている方は、勉強に関して熱心にしている学校などが良いと考える方もいます。

クラーク記念国際高等学校に通っている生徒さんの中には、中学校の勉強自体分からないという方も多いようです。

普通の学校であれば、ランクなどもあるので入試をして不合格などを決められます。

しかし、クラーク記念国際高等学校では基本的に合格することが多いので、全員のレベルもバラバラではないでしょうか。

そのため、一人ひとりに授業内容を合わせるような塾形式を採用しているわけではないので、全体のレベルを下げて授業を行っているようです。

勉強に対して熱心になっている方も少ないため、結果的に賑やかな状態になってしまうのかもしれません。

クラーク記念国際高等学校の良い口コミ

「やばい」などとも言われているクラーク記念国際高等学校ですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に通うのに悩まれている方は、少しでも良い口コミを把握することで参考になるのではないでしょうか。

自分に合うところを探したほうが良い

通信高校にも様々なものがありますが、場所の近さだけではなく、自分の合うところを探したほうが良いと考えている方もいます。

月に1回県外スクーリングをした方は、楽で楽しかったようですね。

クラークに通っていたようですが、場合によっては自分に合うと感じるようです。

成長した

実際にクラークに通っていた方は1年しかいなかったようですが、自分が成長したと感じたようです。

学校自体にも感謝をしているようで、学校に対して魅力などを感じるのは初めてなようですね。

クラーク記念国際高等学校の悪い口コミ

魅力などもあるクラーク記念国際高等学校ですが、不満を抱えている方も少なくありません。

実際に通うことを考えている方は、少しでもマイナスな点を把握することで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

上辺だけの設備しかない

奈良県にあるクラーク記念国際高等学校は、上辺だけの設備しかないと感じる方もいました。

文化芸術学院なようですが、下手な方は切り捨てられてしまうようです。

上手な方はチヤホヤされることに関しても、不満を抱いています。

実際に通っていたようで、校長に関しても良くないと思っていますね。

学費が高い

クラーク記念国際高等学校は、学費が高いと感じる方は多い印象です。

他の公立高校に比べると、高いようなので、余計に不満を抱いてしまうのかもしれません。

中には、バイトなどを掛け持ちして自分で学費を払っている生徒さんもいるようです。

まとめ

クラーク記念国際高等学校がやばいと言われている理由として、「通うのは辛い」「一部生徒によるイジメがある」「真面目に授業を受けられない」などにありました。

実際に通っている方の中には、一生の友人を作っている方もいます。

しかし、中には先生の質が悪いなどといった不満を抱くこともあるので、学校によって口コミを把握したほうが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です