今際の国のアリスはひどい?良い・悪い口コミを徹底調査

「今際の国のアリスはひどいの?」

スマホで「今際の国のアリス」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、今際の国のアリスは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

今際の国のアリスについて

基本情報
作者 麻生羽呂

今際の国のアリスは、小学館の週刊少年サンデーsから連載が始まったサスペンス・ホラー漫画です。

ネットフリックス独占配信として、ドラマが放送されており、佐藤信介監督×山﨑賢人&土屋太鳳W主演となっています。

実写化のストーリーは以下の通りです。

漫然と生きていたゲーマーが、友人2人と迷い込んだ異次元の東京。そこで次から次へと理不尽なゲームを突きつけられた彼らは、生きるか死ぬかの戦いを強いられる。

今際の国のアリスネットフリックス

今際の国のアリス「ひどい」と言われる3つの理由

今際の国のアリスがひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようです。

  • 理由1:「実写の演技がひどい」という声がある
  • 理由2:「実写の中で、途中で身の上話をしてひどい」という声がある
  • 理由3:「終わり方がひどい」という声がある

「実写の演技がひどい」という声がある

今際の国のアリスの実写版を見た方の中には、演技がひどいと感じる方もいました。

原作がある作品を実写化にすると、演技に関しての批判が出るのは少なくありません。

作品のストーリーは原作があるので面白くすることはできますが、演技に関しては難しいところでもあります。

特に本作では、デスゲームなので演技も難しいのではないでしょうか。

原作のファンが見ていることも多いので、残念に思ってしまいますよね。

更には、キャラ設定が多いので、エピソードが雑だとも感じています。

「実写の中で、途中で身の上話をしてひどい」という声がある

今際の国のアリスの実写化では、ストーリーの途中で身の上話をすることがあるようです。

いきなり、語りだすので違和感を感じる方も多いのではないでしょうか。

ストーリーを邪魔してしまうような、身の上話だと内容が入ってこないこともあります。

しかし、酷いとも感じていますが、徐々に面白いとも思っていますね。

そのため、次はいつ語りだすのかを楽しみにもなっているようです。

「終わり方がひどい」という声がある

今際の国のアリスの終わり方に関しては賛否両論な印象です。

デスゲームでもあるので、どういった結末を迎えるのかが一番の見どころでもありますよね。

実際に見た方の中には、終わり方以外が好きだと感じる方もいました。

残極な終わり方をしてしまうのか、ハッピーエンドとして最後を迎えるのか気になるところです。

しかし、中にはデスゲームとしてはスッキリとした最後だと感じる方もいました。

今際の国のアリスの良い口コミ

「ひどい」などといった声もある今際の国のアリスですが、満足している方も多いです。

実際に見る前に、少しでも良い口コミを参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

感情移入できた

実写化の今際の国のアリスを見た方は、原作を知らなければ楽しむことができると感じています。

中には、「廚二病」を感じられるような設定もありますが、ひどいなどといったこともなく感情移入することができたようです。

見ている方を引き込むような衝撃展開を序盤に盛り込まれているので、退屈することなく最後まで見ることができています。

デスゲームでは、途中で疲れて見るのを辞めてしまうことも少なくありません。

しかし、ストーリーに引き込まれがら飽きることなく見れるのは魅力的ではないでしょうか。

完成度が高い

実際に今際の国のアリスの実写版を見た方の中には、再現度が高いと感じる方もいました。

原作が漫画の作品では、再現度が低いこともあるため不満を抱える声も少なくありません。

しかし、原作をしっかりと忠実に再現されていることから原作を知っていても楽しむことができるようですね。

ドラマなので、映画の尺に脚本を圧縮することもないので、楽しめたのではないかとも考えています。

連載が長い作品を映画に実写化をすると、時間も短いので一番見たいシーンが使われていないなどといった声もありますよね。

しかし、ドラマとして実写化をされているため、40分~約1時間のストーリーを8つに収められています。

シーズン1として放送されているので、シーズン2が出る可能性も含めて再現しやすいのかもしれません。

設定が面白い

今際の国のアリスを一気に読んだ方は、頭脳戦などの設定が面白くて興奮して見ることができたようです。

キャラクターもそれぞれ個性があって、背景もしっかりと立てられています。

終わり方に関しても、デスゲーム系では珍しく綺麗に終わっているため満足に感じているようです。

中には、終わり方に不満を抱えている方もいますが、魅力を感じている方もいます。

今際の国のアリスの悪い口コミ

実写化を含めて満足している方も多い今際の国のアリスですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に見る前に少しでも魅力的な点を把握することで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

演技が酷い

今際の国のアリスの実写版を見た方の中には、途中で見るのを辞めてしまうほど演技が酷いと感じたようです。

台詞に関しても、色々とキツいと思っていますね。

海外ドラマだと、台詞に関しては違和感もないですが、日本語であるからこそ台詞選びなどに不満を抱えている方もいます。

ゲーム内容が酷い

今際の国のアリスの実写版を全て見た方は、全く魅力を感じることはなかったようです。

最後までストーリー部分を飛ばして見たようですが、内容もおかしいと感じています。

ゲーム内容自体も面白いと思わなかったようですね。

演技に関しても、全員素人かと疑うほど酷いと感じています。

心が痛い

今際の国のアリスを見た方の中には、ストーリー内容がひどいと感じたようです。

デスゲームでもあるため、残極なシーンもたくさん盛り込まれています。

そのため、心が痛むこともあるので、苦手な方には合わない作品ではないでしょうか。

まとめ

今際の国のアリスがひどいと言われている理由として、「実写の演技がひどい」「実写の中で、途中で身の上話をしてひどい」「終わり方がひどい」という声がある、などにありました。

実写化を含めて満足している方も多い作品ですが、デスゲームを題材にしているので苦手な方も少なくありません。

結末が気になる作品でもありますが、自分の予想通りではないと不満を抱える声もあります。

特に実写版でもあるドラマは、原作を見ていなくても楽しむことができるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です