ヴァンクリーフはダサい?良い・悪い口コミを徹底調査

「ヴァンクリーフは恥ずかしいの?」

スマホで「ヴァンクリーフ」とGoogle検索をすると、「ダサい」などといった関連キーワードが出てくることがあります。

このようなワードが出てくると不安になりますよね。

実際に購入する前にヴァンクリーフのことを把握しておくことで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、ヴァンクリーフは本当にダサいのか、口コミと共に紹介していきます。

ヴァンクリーフについて

基本情報
価格 85,500~120,780,000円
年齢層 20代~50代

ヴァンクリーフは、世界5大ジュエラーの一つであり、パリ5大ジュエラーでもある唯一のブランドです。

パリのグランサンクに所属しており、高級ブランドとしてリシュモングループに属しています。

1906年に創立されたヴァンクリーフは、ジュエリーの他にも時計や香水も販売しています。

エレガントなデザインが特徴で、四つ葉のクローバーなどの自然をモチーフにしたものが多いです。

ヴァンクリーフ「ダサい」と言われる3つの理由

ヴァンクリーフがダサいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ダサいと感じるようです。

  • 理由1:値段に見合わずダサい
  • 理由2:ダサい人がつけているイメージ
  • 理由3:金持ちのおばさんが付けているイメージ

値段に見合わずダサい

ヴァンクリーフの商品は一番安いものでも、8万円を超えるので手の出しにくいアイテムばかりです。

その中で、値段に見合わずダサいと感じている方もいました。

数十万円のするものばかりですが、お花などをモチーフにしているため少し安っぽいと感じる方もいます。

知っている方には、すぐに一目でハイブランドのアクセサリーだと分かりますが、一部の方ではダサいと感じてしまうようです。

ダサい人が付けているイメージ

ヴァンクリーフのアクセサリーは、ダサい人が身に付けているイメージを持たれている方もいます。

自分の周りによって様々ですが、ブランドに頼ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ハイブランド=オシャレではないので、さり気なく身に付けることが大切ですよね。

特に何十万もするアイテムは、コーディネートに合わせるのが少し難しいため、人にとってはダサく魅せてしまうのかもしれません。

金持ちのおばさんが付けているイメージ

高価なブランドでもあるヴァンクリーフは、お金持ちが身に付けているブランドだと思っている方も多いです。

中々いくつも購入できるものではないので、年配の方のイメージを持たれている方もいます。

そのため、年配の方が身に付けている=ダサいと感じるようですね。

実際にお金をある程度自由に使えるのは、年齢を重ねてからの方の方が多いので、そのような印象を抱いてしまうのではないでしょうか。

ヴァンクリーフの良い口コミ

ダサいなどといった口コミもある中で、良い口コミも多いようです。

どのような点に魅力を感じているのかを把握することで、より良い買い物ができるのではないでしょうか。

一周回って可愛い

実際にヴァンクリーフは、昔は値段が高いのにダサいと思っていたようです。

しかし、最近は1周回って可愛く見えてきたと思っています。

自然をモチーフにしているので、若い子向けだと考えている方もいますが、年齢を重ねたおばあちゃんなどが身に付けていると可愛いと思う方もいるようです。

若い子向けのデザインであっても、値段が高いので、実際に身に付けている方はご年配の方の方が多いのかもしれません。

中学生からの憧れ

中には、ヴァンクリーフしかいらないと思っている方もいます。

キラキラとして可愛らしいデザインは、多くの方が憧れるブランドでもありますよね。

中学生から憧れる方もいて、値段が高い分、目標として仕事なども頑張れるのではないでしょうか。

見た目も可愛らしい中に、上品な印象があるので、子どもの時から強い憧れを持っている方は多い印象です。

上品

自分のご褒美にブランド品を購入しようとしたときに、ヴァンクリーフを身に付けた上品な女性を見かけたようです。

高価なブランド品を、キレイな方が持っていると物凄く魅力的に見えますよね。

実際にスウィートアルハンブラに一目惚れをしているようで、購入を考えています。

色々な素材があるので、自分好みのデザインを探すことができるのも魅力の一つです。

ヴァンクリーフの悪い口コミ

購入に憧れを持っている方の多いヴァンクリーフですが、不満を持つ声も多数あります。

どのような悪い口コミがあるのかを把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

家を購入できるレベル

実際にヴァンクリーフが可愛く思っていた方は、値段を見て後悔したようです。

何百万円単位なので、車や家を購入できるほど高価なブランドです。

中には、何千万円のアイテムもあるため、普通は手を出せる金額ではないですよね。

そのため、憧れのまま購入しない方も多いのではないでしょうか。

簡単に購入できる金額ではないからこそ、慎重に選ぶ必要もありますよね。

広告が安っぽい

Twitterでヴァンクリーフの広告が頻繁に流れている方が多い印象です。

興味がない方にとったら、不快に感じる方も多く、あまり良い宣伝方法ではないと考えている方もいます。

実際にSNSを使って宣伝をすることで、安っぽくてブランドイメージを下げていると思う方もいるようです。

多くの人気を得たいブランドがTwitterを使って宣伝をするイメージを持たれている方も多いので、世界5大ジュエリーが広告を頻繁に見せるのは良くないようですね。

中には、本当に公式Twitterがやっている広告なのかを疑う声もあるほどです。

若い子が持つといらないと感じる

実際に、ヴァンクリーフを見て可愛いと魅力を感じて結構な頻度で見ていても、若い子が持つイメージが定着してしまい購入には至っていません。

自分よりも年代の低い方が身に付けていると、流行に乗っかっているのかと思われるのも嫌だと感じる方もいます。

しかし、ヴァンクリーフは高額なアイテムばかりなので、簡単に被ることもあまりありません。

SNSで話題を集めている「ヴィンテージ アルハンブラ ブレスレット、5モチーフ」は、身に付けている方が多いものの、金額が528,000円なので簡単に手を出すことはできません。

芸能人なども身に付けていることから話題になりましたが、一般の方で被ることはあまりないのではないでしょうか。

まとめ

ヴァンクリーフがダサいと言われている理由として、「値段に見合わずダサい」「身に付けている人がダサい」「お金持ちのダサいおばさんが身に付けているイメージ」などにありました。

実際にヴァンクリーフのデザイン自体をダサいと感じている方は少ない印象で、多くの方が憧れるブランドでもあります。

中には、宣伝方法などに不満を持つ方もいますが、商品自体を悪く思う方はほとんどいないのではないでしょうか。

世界5大ジュエラーの一つなので、間違いのないブランドだと思っても良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です