チョコレート効果は買ってはいけない?安全性は?噂の真相を徹底調査

「チョコレート効果は買ってはいけないの?」

スマホで「チョコレート効果」とGoogle検索をすると関連キーワードに「買ってはいけない」と表示されています。

なぜ、買ってはいけないのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、チョコレート効果「買ってはいけない」と言われる理由をダイエットなどの口コミと共に紹介していきます。

チョコレート効果について

チョコレート効果とは、ポリフェノールをたくさん含んでいる「健康を考えるチョコレート」です。

高カカオチョコレート市場では、売上1位を獲得している商品で、健康志向が高まっている今話題になっています。

1998年から販売が開始されて、現在までロングセラーになっている商品です。

箱タイプ、アモーンドやマカダミアナッツタイプ、26枚入りタイプ、大容量タイプ、パウチタイプ、小袋タイプ、アイスなどがあります。

チョコレート効果「買ってはいけない」と言われる理由1『金属汚染やカビ毒を心配する声がある』

チョコレート効果などの、高カカオチョコレートはカカオの量が多く含まれているので、ポリフェノールなど体に良いとされている成分を摂取することができます。

しかし、同時にカカオの有害な重金属などの成分も含んでいる可能性もあるようです。

有害な成分として問題視されているのは「カドミウム」「ニッケル」「カビ」などとなっています。

これは、カカオ豆の農薬の残留汚染でチョコレート効果は通常のチョコレートに比べて多く入っているようです。

「カドミウム」は、猛毒の重金属とも言われ肝臓機能低下などのリスクを伴うものとなっています。

すぐに健康被害が出るわけではありませんが、一度摂取することで長い間肺や腎臓に蓄積されるようですね。

「ニッケル」もカドミウムと同様の重金像で、金属アレルギーの発症例もあるので、アレルギーのある方は注意が必要です。

一番気になる成分でもある「カビ」ですが、カビ毒の一種でもあるアフラトキシンという成分が検出されています。

実際に見つかったのは、わずか少量ではありますが、チョコレート効果などのハイカカオチョコレートは通常のチョコレートに比べて入っている量も多いようです。

厚生労働省では、こういった有毒な成分について以下のように報告しています。

近年、残留農薬やカビ毒の一種であるアフラトキシンが、チョコレートの原材
料である生鮮カカオ豆から検出され、積戻しや廃棄が行われていた報告もある3)。
以上、近年、その種類が増えている高カカオチョコレートについて、脂質の過剰摂取や
カフェイン等生理作用のある成分の問題等と併せて衛生面について調べ、消費者に情報を
提供する。

厚生労働省公式サイト

なるべく体に取り込みたくない成分も含まれていることから、「買ってはいけない」とも言われるようになりました。

しかし、近年では高カカオを扱っているチョコレート会社では重金属を少しでも減らそうと考えれれているようです。

チョコレート効果「買ってはいけない」と言われる理由2『脂質が高い』

チョコレート効果を買ってはいけないと言われるようになった理由として、脂質の高さにありました。

通常のチョコレートに比べて糖質は低いので、ダイエット目的で食べている方も多いです。

しかし、脂質は他のチョコレートに比べると1,2〜1.5倍あると言われています。

脂質の過剰摂取は農林水産省で以下のように言われています。

近年、日本人で脂質をとりすぎている人の割合が増えていることを示すデータが得られています。脂質のとりすぎは、肥満や心筋梗塞をはじめとする循環器疾患などの健康リスクを高めることが示されており、食生活において注意する必要があります。

農林水産公式サイト

そのため、脂質は質と量を考えて摂取するように言われています。

チョコレート効果では、毎日少しずつ1日3枚〜5枚を推奨していますね。

また、チョコレートの脂質には植物性油脂が使用されていることが多いです。

植物性油脂には、トランス脂肪酸を含んでいる可能性も多いのであまり良くないものとされています。

トランス脂肪酸は心疾患のリスクを高めるため問題視されているものです。

全てのチョコレートにトランス脂肪酸が使用されているわけではありませんが、脂質の高いチョコレートに使用されていることが多いとされています。

ココアバターを使用されている商品には、トランス脂肪酸が入っていない場合が大半ですが、ココアバターは高価です。

しかし、チョコレート効果にはトランス脂肪酸ではなくココアバターを使用されているので安心して食べることができます。

他の高カカオチョコレートには、カカオバターではなくトランス脂肪酸が使用されていることもあるので注意が必要です。

原材料を見ることで、どちらか確認することができますね。

チョコレート効果の良い口コミ

「買ってはいけない」とも言われている理由があるチョコレート効果ですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に購入する前に少しでも魅力的な点を把握することで、より良く摂取することができるのではないでしょうか。

ダイエットにも良い

チョコレート効果は、ダイエット目的で購入している方も多いです。

実際に間食として、コーヒーと72%のハイカカオチョコ+アーモンドを食べている方は、20キロ痩せたようですね。

カカオポリフェノールを摂取することで、血液中のコレステロール値が正常に近づき基礎代謝のアップに期待できます。

基礎代謝があがると、エネルギーの消費がしやすくなるのでダイエットには最適です。

美容に効果がある

カカオポリフェノールには、基礎代謝をあげるだけではなく、肌トラブルの原因にもなる活性酸素を除去するとも言われています。

抗酸化作用があるので、様々な肌トラブルにアプローチしてくれるようですね。

そのため、ダイエットだけではなく美容や健康に興味がある方にも人気があります。

体調管理のために

チョコレート効果の86%を食べている方は、体調管理を目的としている方もいます。

カカオポリフェノールには、動脈硬化の予防や認知機能の活性化などにも役立つようです。

ダイエットや美容に加えて、体内の動きにも働きかけてくれます。

肌荒れがしなくなった

チョコレートを食べることで、ニキビや肌荒れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、チョコレート効果に変えただけで肌荒れがしなくなった方もいます。

ニキビのことを考えて甘いものを控えている方は、チョコレート効果に変えてみると良いかもしれません。

チョコレート効果の悪い口コミ

魅力的な声も多いチョコレート効果ですが、不満を抱いている方もいます。

実際に購入する前に少しでもマイナスな声を把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

ニキビができた

チョコレート効果のマカデミアにハマった方は、ニキビができた方もいました。

マカデミアナッツもニキビができる原因にもなるので、多量に摂取するのは避けたほうが良いかもしれません。

チョコは合わない

他にも、チョコレート効果86%を食べた方の中にニキビができている方がいました。

食前に食べていたようですが、中には美容などの効果が出ない方もいるようです。

そのため、絶対に肌荒れしないチョコレートというわけではないようですね。

まとめ

チョコレート効果が買ってはいけないと言われている理由として、重金属などの有害な成分が含まれる可能性や脂質の高さにありました。

実際にアレルギー反応を起こす方もいるので、金属アレルギーの方は注意して食べなければなりません。

しかし、美容や健康として食べ続けている方もいるので、魅力のあるチョコレートではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です