アニメ86(エイティシックス)はひどい?良い・悪い口コミを徹底調査

「アニメ86はひどいの?」

スマホで「アニメ 86」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、アニメ86「ひどい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

アニメ86(エイティシックス)について

基本情報
原作者 安里アサト
監督 石井俊匡

「86-エイティシックス-」とは、安里アサト先生による日本のライトノベルです。

イントロダクションは以下の通りです。

東部戦線第一戦区第一防衛戦隊、通称スピアヘッド戦隊。

サンマグノリア共和国から“排除”された〈エイティシックス〉の少年少女たちで構成された彼らは、ギア-デ帝国が投入した無人兵器〈レギオン〉との過酷な戦いに身を投じていた。

そして次々と数を減らしていくスピアヘッド戦隊に課せられた、成功率0%、任務期間無制限の「特別偵察任務」。それは母国からの実質上の死刑宣告であったが、 リーダーのシンエイ・ノウゼン、ライデン・シュガ、セオト・リッカ、アンジュ・エマ、クレナ・ククミラの5人は、それでも前に進み続けること、戦い続けることを選択する。

希望や未来を追い求めようとしたわけではない。“戦場(ここ)”が、彼らにとって唯一の居場所となっていたのだから。

そしてその願いは皮肉にも、知らぬ間に足を踏み入れた新天地で叶うことになるのだった。

アニメ86の公式サイト

アニメ86(エイティシックス)「ひどい」と言われるSNSの声

アニメ86がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようです。

  • 理由1:「7話がひどい」という声がある
  • 理由2:初見だとひどいアニメだと感じる
  • 理由3:「アニメのスケジュール調整がひどい」という声がある

7話がひどい

86のアニメを見た方の中には、7話に関してひどいと感じる方もいました。

花火のカットを挟むところが酷いと感じていますね。

原作から好きな描写があったようですが、ダメージを受けるほどひどいと思っています。

しかし、作品自体に「ひどい」と感じているのではなくストーリーに感情移入して「ひどい」と感じる方もいるようです。

初見だとひどいアニメだと感じる

86のアニメを最初に見た際は、ここまで酷いアニメを見る価値はないと感じている方もいました。

しかし、見続けた結果「生きる」にフォーカスし続けた2期が素晴らしかったようです。

作品自体、戦争を題材にしているので心が痛む酷い内容と感じる方は多い印象です。

「アニメのスケジュール調整がひどい」という声がある

アニメ86のスケジュールがひどいと感じる方もいます。

最終回をクール内に収めることができずに、次の枠を探さなければいけないようです。

「アニメは戦闘シーンしょっぱいのに酷い」と感じています。

作画もクオリティが高くて大変なのは承知ですが、余裕もって作ってほしかったようですね。

アニメ86(エイティシックス)の良い口コミ

「ひどい」などといった声もある86のアニメですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に見る前に、少しでも良い口コミを参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

原作を読みたくなるようなアニメ

86のアニメを最初から全部見た方は、面白いと感じています。

ストーリー内容は酷い話となっていますが、原作を読みたくなるようなアニメなようです。

アニメが魅力的だと、原作はどういった話の構成になっているのか気になりますよね。

特に86は原作が小説なので、より味わい深い表現がされていると思う方もいます。

絵が良い

86のアニメを含める作品自体素晴らしいものだと思う方もいました。

絵もストーリーも良いようで、酷いストーリーだけど良作となっています。

内容も戦争なので、心が痛むような話ではありますが、是非一度読んでほしいと思う方も少なくありません。

噂通り面白い

86のアニメを見た方は、皆が思っている通り面白いと感じています。

中には、原作を超える面白さがアニメにはあるようで、評価も高い印象です。

差別的な表現は、原作よりもソフトに表現されているようですが、原作にはない良さがアニメにもあるのかもしれません。

アニメ化をすることで批判的な声も多くなりますが、86に関しては逆に印象が良くなっている方もいます。

アニメ86(エイティシックス)の悪い口コミ

面白いと絶賛している方も多い86のアニメですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

アニメだけではよくわからない

86のアニメを1~3話まで見た方の中には、原作などを知らずに見ると内容などがよくわからなかったようです。

見た後にWikipediaで原作の知識を得ることで、少しは内容を知ることができたようですね。

ストーリーの内容もすこし複雑なため、予め内容を把握しておいた方が良いのかもしれません。

原作は小説なので全てを見るのは難しいですが、漫画などで見るか、登場人物を調べてみるだけで違うのではないでしょうか。

戦略的な面白さがない

86のアニメを見た方の中には、戦略的な面白さがないと感じる方もいました。

「私たちは辛いです」などといったエピソードばかりだったようですね。

戦争を題材にしているので、戦うシーンがなければもどかしく感じるのかもしれません。

特に、最初は「酷い」などといった声は多い印象です。

面白いのかよくわからない

86のアニメを見た方の中には、何が面白いのかよくわからなかったようです。

最後まで見たようですが、魅力を感じることはなかったようですね。

実際に内容も把握せずに終わっている方もいるので、予備知識などは必要なのかもしれません。

まとめ

86のアニメがひどいと言われている理由として、「7話がひどい」「初見だと酷いアニメだと感じる」「アニメのスケジュール調整がひどい」などにありました。

実際に「ひどい」などといった声は、アニメ化されている作品ではなく、残極なストーリーに対しての声である印象です。

登場人物に同情をして「ひどい」などと感じる方が多くいました。

そのため、86のアニメに対して不評な声は他のアニメ化に比べて少ないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です