犬鳴村は怖くない?ひどい?良い・悪い評価を徹底調査

「犬鳴村はひどいの?」

スマホで「犬鳴村」とGoogle検索をすると「ひどい」「怖くない」などといった関連キーワードが表示されています。

そこで、本ページでは、その真相である犬鳴村「怖くない」「ひどい」と言われる理由を忖度なしの評価と共に紹介していきます。

犬鳴村について

基本情報
脚本家 保坂大輔
監督 清水崇

犬鳴村とは、日本最凶の心霊スポットといわれている福岡県の旧犬鳴トンネルと、近年の都市伝説で人気となった「犬鳴村伝説」の二つを織り交ぜたホラー映画となっています。

ストーリーは以下の通りです。

 

それらの共通点は心霊スポット【犬鳴トンネル】だった。

「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た…」突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?全ての謎を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルに向かう。しかしその先には、決して踏み込んではいけない、驚愕の真相があった…!

臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。

「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」奇妙なわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される不可解な変死…。

犬鳴村の公式サイト

犬鳴村「ひどい」と言われるSNSの評価

犬鳴村がひどいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようですね。

  • 理由1:「恐怖回避バージョンがひどい」という評価がある
  • 理由2:「ストーリーが意味不明」という評価がある
  • 理由3:「ゾンビ要素がいらない」という辛口評価がある

「恐怖回避バージョンがひどい」という評価がある

犬鳴村では、恐怖回避バージョンも配信されています。

怖いのが苦手な方のなために、音楽などによって怖さを回避しているものです。

実際に本編後に恐怖回避バージョンを見た方は、良い意味でひどいと感じています。

全く怖くないので、編集をしたスタッフの才能が有りすぎると思っていますね。

「ストーリーが意味不明」という評価がある

犬鳴村を見た方は、怖くもなく、グロくもなかったようです。

ストーリー内容も意味が分からず、困惑するだけだったと感じています。

そのため、三部作完結編の「牛首村」もひどい映画になりそうだと考えていますね。

ホラー映画として話題を集めた作品ですが、怖くないと感じる方は多い印象です。

「ゾンビ要素がいらない」という辛口評価がある

犬鳴村を一言でいうと、ユーチューバーが起こした悲劇だと感じる方もいました。

ストーリー自体は悪くなかったが、ゾンビのような要素が不要だと考えていますね。

そのため、久し振りにひどい映画を見たと思っています。

実際に犬鳴村を見た方の中には、所々ひどい要素があると思っている方は多いです。

「怖い」犬鳴村の良い評価

「ひどい」などといった声もある犬鳴村ですが、魅力を感じている方は多いです。

実際に見る前に少しでも良い口コミを把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

恐怖回避バージョンが面白かった

犬鳴村の恐怖回避バージョンを見た方は、BGMやイラストなどによる恐怖回避方法が面白かったと感じています。

物語や悲しさや辛さがあるとも感じていますね。

更には、みしろちゃんの実況により更に楽しく視聴することができたようです。

恐怖回避バージョンは、面白く編集されているので、身構えなくても見れる点では魅力的ではないでしょうか。

ホラーシーンが多かった

犬鳴村を見た方は、ホラーシーンが多くて良かったと感じています。

弟が絡んでくるシーンは特に怖かったと思っていますね。

「この先日本国憲法通用せず」と言われていますが、意味合いが思っていたものとは真逆で面白かったようです。

ホラー要素がないとも言われている本作ですが、怖いと感じている方も多いですね。

演技が凄い

犬鳴村の別バージョンでもある恐怖回避バージョンを見た方は、2回目の方が構造がしっかりと理解することができたようです。

最初はストーリー内容を理解できない方も多いですが、2回見ることで面白さが分かっている方もいます。

特に明菜役の大谷凛香さんの演技が物凄い良かったと思っていますね。

ホラー映画などでは特に役者さんの演技に関して不評な声は多い印象ですが、犬鳴村では役者さんに関する悪い口コミは見かけません。

「怖くない」犬鳴村の悪い評価

魅力的な声も多い犬鳴村ですが、不満を抱える声もあります。

実際に見る前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

説明不足

ホラーが苦手な家族と犬鳴村の恐怖回避バージョンを見た方は、映画館で上映した事実に驚愕したようです。

手を変え品を変え恐怖シーンを回避するアイデアに関しては面白いと思っていますね。

しかし、映画自体は説明不足なのでわからないと感じる方も多いです。

犬と交わると子どもだけではなく、大人も犬になる理由が分からないと思う方もいます。

寝てしまう

犬鳴村を見ていると眠くなってしまう方もいます。

つまらない話が長々と続いて、ホラーシーンは少ししかなかったようですね。

ホラー映画は淡々と話しが進むことが多いので、ホラー要素が少ないと寝てしまう方もいます。

実際に犬鳴村を見た方の中には、途中で寝てしまうほど面白くないと感じる方は多い印象です。

そのため、悪い口コミも多くなってしまったのではないでしょうか。

つまらない

犬鳴村が話題にあがっているため、見た方は、つまらないと感じたようです。

怖いシーンが多いわけでもないので、ドキドキすることもなかったようですね。

最後に伏線回収したようなエンドを迎えているようですが、伏線という伏線自体がなかったと思っています。

関係性も分かりにくいため、日本のホラー映画自体に不満を抱えている方もいますね。

海外のホラー映画はレベルも高いので、犬鳴村を見ても怖いと感じる方も少ないのかもしれません。

まとめ

犬鳴村がひどいと言われている理由として、:「恐怖回避バージョンがひどい」「ストーリーが意味不明」「ゾンビ要素がいらない」などにありました。

ホラー映画が苦手な方でも見れるほど、ホラー要素は少ない印象です。

そのため、ホラー映画が好きで楽しみにしていた方にとったらつまらなく感じてしまうのではないでしょうか。

恐怖回避バージョンを含めて面白いと感じる方もいるので、怖さへの捉え方によって賛否両論な印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です