「ひどい?」新解釈三国志の忖度なしの評判を大公開。知っておきたい真実

「新解釈三国志はひどいの?」

スマホで「新解釈三国志」と検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、新解釈三国志は本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

新解釈三国志について

基本情報
監督 福田雄一

新解釈三国志は、福田雄一監督が手掛ける歴史を題材とした完全オリジナル映画です。

あらすじは以下の通りです。

今から1800年前。中華統一を巡り三国【魏・蜀・呉】が群雄割拠していた時代。

民の平穏を願い、のちに英雄と呼ばれる一人の男・劉備が立ち上がった。

激動の乱世を経て、物語はやがて[魏軍80万]vs[蜀・呉 連合軍3万]という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」に突入していく!
という超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“脚本・監督:福田雄一流の新たな解釈”で描く、完全オリジナル映画でございます。

新解釈三国志の公式サイト

新解釈三国志「ひどい」と言われる3つの理由

新解釈三国志がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方ではひどいと感じるようです。

  • 理由1:歴史と明らかに異なっている
  • 理由2:三国志じゃなくてもいい
  • 理由3:「面白くない」と批評がある

歴史と明らかに異なっている

三国志を題材にしている本作は、歴史を深く知っている方にとったら全く異なるものなようです。

そのため、全てを正しいと思い込んでしまう方がでてくる可能性も含めて不信感を抱いています。

影響力のある映画が、間違いを堂々と作られている点に不満な声が多い印象です。

しかし、新解釈三国志は「完全オリジナル映画」となっているので、あくまで本当の三国志とは異なることを把握しておく必要はありますね。

三国志じゃなくてもいい

実際に新解釈三国志を見た方の中には、ひどい映画だと感じています。

わざわざ三国志を題材にしなくても良いと感じており、自国の歴史を題材にした方が良かったと思っています。

本作は完全なコメディ作品でもあるため、ふざけるならひと様の国の歴史は避けたほうが良いと感じる方も少なくありません。

中には、三国志に対しての敬意がないと思う方もいます。

そのため、新解釈三国志に対して不評な声のほとんどが「三国志をバカにしている」などいった印象です。

「面白くない」と批評がある

中には、新解釈三国志が面白くなくてひどいと感じる方もいました。

映像作品としてもコントとしてもひどいと思うようです。

多くの方が携わっている映画なのにも関わらず、止める人がいなかったのか疑問に感じています。

そのため、新解釈三国志の中では面白くないシーンもあると思う方もいるようですね。

新解釈三国志の良い口コミ評判

「ひどい」などといった声ある新解釈三国志ですが、良かったと思う方も多いです。

実際に見る前に魅力的な点を把握することで、より楽しめるのではないでしょうか。

歴史が苦手でも楽しめた

三国志に全く興味もなく歴史が苦手な方でも、新解釈三国志は面白いと感じています。

その中でも、三国志の人と国との関係が分かったと思っていますね。

本作では全て歴史について忠実に再現しているわけではありませんが、大まかな箇所は分かりやすく作られています。

実際に三国志を知っているご主人でも、ひどいけど間違ってはいないと思っているようです。

三国志について知ることができた

歴史や三国志について全く知らない方も多いのではないでしょうか。

苦手な方にとったら、勉強をしても面白くもなく歴史に関してはどうでも良いと感じますよね。

しかし、新解釈三国志では歴史のくだらない部分を取ったものだと思う方もいます。

本当に三国志に魅力を感じることがなかった方でも、歴史を知る入り口にもなるのではないでしょうか。

名前を知らなくても、苦手意識を持っている方でも気軽に見ることができます。

面白かった

Amazonプライムで新解釈三国志を見た方の中には、物凄い面白いと感じています。

特に、大泉洋とムロツヨシの組み合わせに魅力を感じている方は多いです。

キャストの無駄使い感にも良いようで、見どころ満載の作品ではないでしょうか。

気軽な気持ちで見られる映画も少ないので、ライトな気分で見ることができるのも良いですよね。

新解釈三国志の悪い口コミ評判

良い口コミも多い新解釈三国志ですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に見る前に、少しでもネガティブな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

差別的な発言がひどい

新解釈三国志では、容姿をネタにしたような笑いもあります。

そのため、差別的発言やイジメだと解釈する方も少なくありません。

年齢制限のない本作では、学校でも同じようないじめが発生するのではないかと思っています。

面白ければ良いのではなく、影響力を考えて責任をもって作品作りをしてほしいと感じているようです。

コメディ映画として合ってなかった

実際に新解釈三国志を見た方の中には、歴史を題材としているのでコメディ映画として合ってなかったと思ったようです。

脚本も面白いと感じることもなく、台詞が長いせいで軽く笑う部分はあったようです。

最もひどいと思ったのは、アクションシーンでわざとカメラを揺らしているところだと感じています。

躍動感が出るように揺らしているのは分かりますが、映像としての疑問を抱いているようです。

映画館に行かなくて良かった

Amazonプライムで新解釈三国志を見た方は、つまらなかったため映画館に行かなくて良かったと思っています。

豪華なキャストを集めてまでつまらなくしている点に疑問を抱いているようです。

そのため、役者のアドリブに頼っている部分もあったと感じています。

まとめ

新解釈三国志がひどいと言われている理由として、「明らかに異なっている」「三国志じゃなくてもいい」にありました。

歴史や三国志が好きな方が真剣な一つの作品として見ると、批評な声になってしまう印象です。

全てが忠実に再現されているわけではなく、「完全なオリジナル映画」として見ることが重要となっています。

そのため、観る方にとったら好評な声も多い印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です