シュタイナー学園はヤバい?噂の真相を出身芸能人とあわせて徹底解説

「シュタイナー学園はヤバいの?」

「シュタイナー学園」とGoogle検索をすると関連キーワードに「ヤバい」と表示されています。

一体なぜ、「ヤバい」のか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、シュタイナー学園「ヤバい」と言われる理由を出身の芸能人とあわせて徹底解説していきます。

シュタイナー学園について

シュタイナー学園は、日本初の全日制シュタイナー学校であり、ルドルフ・シュタイナーの提唱したシュタイナー教育を実践する小中高一貫校です。

「教育そのものが芸術行為であることが大切」と考えたルドルフ・シュタイナーの教育観、人間観に基づく12年一貫のカリキュラムを実践し、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」教育を目指しています。

シュタイナー学園出身の芸能人一覧

シュタイナー学園出身の芸能人は以下の方になります。

斎藤工(俳優)

斎藤 工(さいとう たくみ、1981年8月22日 – )は、日本の俳優、映画評論家、クリエイター、YouTuber。本名の齊藤 工(読み同じ)名義で映画監督としても活動。

ブルーベアハウス所属。東京都港区出身。日本学園高等学校卒業

小学校ではオーストリア出身の教育者・哲学者ルドルフ・シュタイナーの教育理念を実践する東京シュタイナーシューレ(現・シュタイナー学園初等部・中等部・高等部)に通っていたが、同級生も7人しかおらず変わった学校で、地元のサッカークラブに入っていたこともあり6年生の時にサッカーの強い公立中学へ進学するために地元の公立小学校に転校した。

斎藤工 – Wikipedia

村上虹郎(俳優)

村上 虹郎(むらかみ にじろう、1997年3月17日 – )は、日本の俳優。父は俳優の村上淳、母は歌手のUA[2]。所属事務所はディケイド。

2006年(当時9歳)の両親の離婚後は、母・UAのもとで育つ[3]。シュタイナー学園の初等部・中等部に通い[4]、中学生の頃に母UAとともに沖縄に移住後、高校はカナダのモントリオールに留学していた。

村上虹郎 – Wikipedia

シュタイナー教育を受けた芸能人一覧

また、シュタイナー教育を理念としたトモエ学園には卒業生として黒柳徹子さんがいます。

黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使)

黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年〈昭和8年〉8月9日[1] – )は、日本の女優、タレント、司会者、エッセイストである。

日本史上最初のテレビ出演者のひとり[2][3][注 1]で、ニュースショーのキャスターや、トーク番組の司会を女性では初めて務めた[4]。愛称はトットちゃん、チャック。所属事務所は有限会社 吉田名保美事務所。

幼少期は「問題児」とされたため、尋常小学校(現:公立小学校)を1年生の時に退学させられ、トモエ学園1年生に転校する[13]。

第二次世界大戦末期の1945年3月の東京大空襲をきっかけに、以前に北海道の母の実家から帰る汽車で青森の農家と隣り合わせた縁で青森県三戸郡(現・南部町)の諏訪ノ平に疎開する[12][14]。

1945年8月の終戦後に東京に戻り、トモエ学園、香蘭女学校、東洋音楽学校(現:東京音楽大学)声楽科卒業。

黒柳徹子 – Wikipedia

シュタイナー教育を受けた海外の方では、以下の3名がいます。

  • ミヒャエル・エンデ(児童文学作家)
  • サンドラ・ブロック(女優・映画プロデューサー)
  • ジェニファー・アニストン(女優)

シュタイナー学園「ヤバい」と言われる理由1『出身芸能人の個性が強すぎる』

シュタイナー学園が「ヤバい」と言われる1つ目の理由は、「出身芸能人の個性が強すぎる」という点です。

先ほども紹介しましたが、卒業生の芸能人には個性派俳優の斎藤工さんや村上虹郎さんがいます。

また、シュタイナー学園ではありませんが、シュタイナー教育を教育方針としたトモエ学園の卒業生には黒柳徹子さんがいます。

シュタイナー学園は個性を尊重する教育方針であり、固定観念にとらわれない自由な発想力を築けるのかもしれません。

シュタイナー学園の授業について

日々の具体的な授業としては、毎朝1時間45分を国語、算数(数学)、理科、社会、フォルメン線描等の科目のうち一つの学習に充てる「エポック授業」が行われています。

エポック授業では、3週間ほど特定科目を継続して学習し、しばらく期間を置いて以前学習した部分の続きを学習するようになっています。

他に、オイリュトミー、手の仕事(手芸)、工芸、水彩画、フォルメン、音楽等、芸術系の科目に重点をおいた教育や、設立当初より、1年生から外国語(英語)の授業が行われています。

6・3・3制の学校ですが、教育上の分類を1年生から8年生までと、9年生から12年生までの高等部に分類しています。

8年生までは原則的に一人の担任が持ち上がります。

高等部では各教科の専門教員による授業が行われますが、社会に出ていく準備のための様々な実習(農業、工業、測量、航海、福祉など)や芸術活動、その発表が学びに盛り込まれているようです。

なお、シュタイナー学園以外にシュタイナー教育を行っている学校は複数あり、「取り組みの規定はあっても各校による違いはいくらか見られる」という、ネット上の口コミもありました。

金融スペシャリストの広瀬隆雄氏も推奨している

じっちゃまの愛称で知られる広瀬隆雄さんは、現UBS証券会社や現J.P.モルガン証券会社勤務の経歴を持ち、日本における米国株投資ブームの火付け役として知られています。

金融エリートの広瀬隆雄さんは、「シュタイナー教育を行う学校は、イジメが少ない学校であり、特定の問題意識を持っている人にはオススメできる」とおっしゃっていました。

シュタイナー学園「ヤバい」と言われる理由2『公立校より学費が高い』

シュタイナー学園が「ヤバい」と言われる2つ目の理由は、「公立校より学費が高い」という点です。

コメント主によると、「シュタイナー教育には、すごく興味はあるものの、学費が高い」ということです。

シュタイナー学園によると、入学初年度には、入学金等の45万円と年間授業料等の54万円を合わせた99万円の費用がかかる、とのことです。

公立の小学校・中学校では、教材費と給食費程度の費用しかかからないため、年間15万円以下であることが多いと思われます。

そこで、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」ことを目指すシュタイナー学園の教育方針には共感が得られても、高額な費用が必要となることで、入学をためらう人も多くいるようです。

また、自宅の近くにシュタイナー教育の学校がなく、遠隔地の寮等で生活する場合も出てくるため、家族と離れ離れになったり、家族全体が学校の近くに引っ越すことになったりして、心身や費用の負担がさらに生じる可能性もあります。

シュタイナー学園としては、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」ためには、充実した教育環境を整える必要があり、そのために多くの費用がかかることから、入学者の家庭に相応の負担を求めるしかないことが考えられます。

シュタイナー学園の良い口コミ

シュタイナー学園「ヤバい」と言われる理由をお伝えしましたが、魅力を感じている方も多いようです。

実際に入学しようかと悩んでいる家族の方は、少しでも良い口コミを知ることで後押しになるのではないでしょうか。

すくすく育ちそう

コメント主によると、「シュタイナー教育にとても興味があり、この教育を受けていたら、 音楽と絵と自然と勉強を通してすくすく育ちそうである」ということです。

日本の一般の多くの学校では、各学校独自の取り組みを行う等の一定の特色はあるものの、最終的には高校・大学受験に合わせた知識を習得していくカリキュラムになっています。

したがって、日本の一般の多くの学校では、カリキュラムの中で知識習得に占める割合がどうしても多くなってしまうようです。

一方、シュタイナー学校では、知識偏重ではなく「真に「自由な人間」を育てる」ことを目指しています。

ネット上でも、「魅力ある社会人になれそうだ」とシュタイナー学校に期待をもち、このようなコメントをされる方が一定数おられるようです。

シュタイナー学校としても、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」ことの良さををもっと世間で理解してもらい、ぜひ本校で学んでほしいと考えていると思います。

シュタイナー教育の学校に通い、成長した

コメント主によると、「シュタイナー教育の学校に、すごく落ち着きのない友人の息子が通っていて、久しぶりに会ったら別人のようにしっかりしていて驚いた」ということです。

友人の息子が成長した理由の全てがシュタイナー教育によるものではないとしても、成長の重要な部分を担っていたのは事実です。

他のネット上のコメントでは、シュタイナー学園による教育は、「「心」というか、子どもの奥底にある力や可能性を大切にしており、頭でっかちな教育にない部分がある」というものもあり、シュタイナー教育は、魅力ある教育の1つであると思われます。

シュタイナー学園としても、このようなコメントが共有されることで、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」という全人教育を実践する励みになっていくと思われます。

シュタイナー学園の悪い口コミ

魅力もあるシュタイナー学園ですが、デメリットを主張する声もあります。

実際に入学する前に少しでもマイナスな声を把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

知識の積み重ねがしにくい

コメント主によると、「シュタイナー教育は伸び伸び自分の興味を追究できるが、デメリットがあり、知識の積み重ねがしにくい」ということです。

始めに紹介したように、シュタイナー学園出身の芸能人は、日本や外国で多数おられます。

その中の1人である俳優の斎藤工さんは、小学校でシュタイナー教育を受けておられるようです。

その斎藤工さんが俳優や映画評論家として活躍されているのは、「シュタイナー教育で培った優れた思考力や感性のおかげである」という趣旨のコメントが、ネット上に多くありました。

一方で、シュタイナー教育は知識偏重を否定していることから、漢字の読み書き等の知識の積み重ねによる学習がしにくいようです。

シュタイナー学園としては、斎藤工さんをはじめ、世間ですばらしい評価を受けている方々が多数出ていることから、「知性・感情・意志の調和した」学びが重要であることに、一層自信をもって取り組まれていることが想像できます。

教育は家庭の力が大きい

コメント主によると、「日本のシュタイナー教育は特殊というか変に厳格であるところもあると思うが、結局の所、子育ては家庭の力が大きいと思う」ということです。

現在、シュタイナー学園は、日本や外国に多くの学校を設立しています。

日本に関しては、日本シュタイナー学校協会によると、現在、正会員校は7校になっています。

シュタイナー教育では、一般の多くの学校で行われる知識の積み重ねによる学習に偏らないように、様々な取り組みの規定があるのは事実です。

したがってその部分が、知識の積み重ねによる学習になじんできた方から見ると、特殊とか変に厳格とか感じてしまうようです。

一方で、シュタイナー教育では、その規定によって「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」ことが実現されるのです。

コメント主によると、「結局の所、子育ては家庭の力が大きいと思う」ということですが、これはどの教育スタイルであっても子育てには家庭が関わっているため、影響は大きいのは当然です。

ちなみに、日本シュタイナー学校協会は、全国の全日制シュタイナー学校が主たる会員となり、シュタイナー教育の振興に向けた教育的・社会的な取り組み、学校運営の質を高めるための様々な取り組み、教員養成への取り組みなどをともにしている組織のようです。

まとめ

シュタイナー学園が「ヤバい」と言われる理由は、「出身芸能人の個性が強すぎる」「公立校より学費が高い」の2つとなります。

シュタイナー学園では、「知性・感情・意志の調和した、真に「自由な人間」を育てる」教育が行われ、卒業後、芸能人で活躍している方も複数いらっしゃいます。

個性を尊重したい教育方針の親御さんにはオススメできる学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です