ティソの腕時計は恥ずかしい?理由・年齢層を徹底調査

「ティソの腕時計って恥ずかしいの?」

海外での認知度も高く、日本でも注目を集めているティソの腕時計。

中には「恥ずかしい」などといった声もありますが、実際に着用する前に本当のところの評判が気になるところです。

そこで今回は、ティソの腕時計が恥ずかしいなどと言われている理由と年齢層について徹底調査してみました。

ティソの腕時計について

概要
会社名 スウォッチ グループ ジャパン株式会社
URL https://www.tissotwatches.com/ja-jp/
代表 ティソ事業本部長 福原 美知代
住所 東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター

ティソは、シャルル・ティソ父子により創設され1985年によりスウォッチ・グループの傘下に入りました。

トラディショナルスウォッチの中では世界1位の生産量を誇り、スイス国旗を自社のロゴマークに取り入れることを許された数少ないブランドの一つでもあります。

ティソが制作した広告映画では1940年代に映画館で放映され、数か国語で展開もされていました。

1920代ごろには、電気は生活の一部になっていましたが磁気を生み時計の精度に影響を及ぼしていたようです。

しかしティソは問題を解決するために世界初の耐磁性腕時計を制作することに成功します。

さらにティソはスポーツとの関りも深く、詳細は以下の通りです。

  • 2015年以来NBAのオフィシャルタイムキーパーを務めている
  • 国際バスケットボール連盟であるFIBAとパートナーシップを結んでいる
  • A.S.Oとと力を合わせて世界中の自電車競技イベントを開催
  • 自電車レース業界において、一流自電車レースの国際パートナーにはじめて時計ブランドが選ばれる
  • 1995年に国際自電車競技連合と協力して関与を深め、様々な公式タイムキーパーを勤めている
  • モータースポーツの祭典であるMotoGPのオフィシャルタイムキーパーとして2001年から協賛を行っている
  • Top14リーグのオフィシャルタイミングパートナーを務めている
  • 10年以上MotoGPのオフィシャルタイムキーパーを務めてきた
  • 国際アイスホッケー連盟とパートナーシップを組む
  • 様々なアイスリンクなどのスポンサーを務めている

など、他にも様々な関りがあるティソは深い歴史のもと多くの方に愛されるブランドです。

ティソの腕時計の年齢層

ティソには様々な種類があるため、年齢層の幅も広いです。

しかし時計の中では比較的お手頃なお値段なため、若者向けのブランドとも言われています。

30代のビジネスマンが着用していても恥ずかしくはありませんが、若者向けというイメージを持たれている方もいるため40代が着用していると「もう少し高い方が良いのでは?」などという声もあるようです。

中には30万ほどの時計もあり、手が届く方も限られるため種類によるのではないでしょうか。

スポーツとの関りが深いティソの時計は、防水性のある商品もあるため運動などをしている方におすすめです。

お値段的にもほとんとが10万円に近いため、お祝いやボーナス時に購入している方が多い印象となっています。

スーツに合う時計も多く販売されているため、入社する際に着用している方も多いのではないでしょうか。

決して安い買い物ではないため、年齢に関わらず愛されている時計ブランドです。

ティソの腕時計「恥ずかしい」と言われる理由

ティソの腕時計「恥ずかしい」と言われる理由は一つだけあり、やはり金額が安いことにあります。

  • 理由1:金額が安い

説教をされた

ティソの時計は他のブランドに比べて、比較的安価で購入することができるため人によっては「恥ずかしい」などと思われることもあります。

実際に購入した方は、同僚に「いい年なんだからそれなりの時計をつけろ」と言われたようです。

しかし、時計などの身に付けるものは値段ではなく自分が気に入ったものを着けることで仕事へのモチベーションにも関わってくるのではないでしょうか。

特にティソの時計はスイスで深い歴史があるため、好きな方にはセンスのあるものだと言われることもあります。

値段を気にしてブランドを選ぶよりも、本当に自分が好きなものを着けるほうが価値がありますよね。

ティソの腕時計の良い口コミ

実際にティソの時計に対して、良い口コミが多くあったため厳選して紹介していきます。

歴史背景が好き

ティソの始まりは、親子で小さな会社を経営していたことですが歴史の背景にも関心を持っている方がいます。

素敵な物語がある時計だからこそ、自分も触れたいと思うのではないでしょうか。

商品の背景に価値があると、自分も身に付けることで嬉しくなりますよね。

更にティソのロゴは、スイスの国旗を使用することを許されている貴重なブランドでもあります。

幅広い年代の方が手を出しやすいお値段なのも、人気の一つです。

品質が高い

ティソは数万円のものが多いので、金額だけみたら高いですが時計ブランドとしては比較的に安いです。

しかし、高いと感じる方がいるため、機能などに期待している方も少なくありません。

一部では値段の割になどといった声もありますが、高水準の時計だと感じる方もいます。

見た目もシンプルで、様々な方に人気のあるデザインではないでしょうか。

お気に入り

実際にティソの時計を愛用していた方は、古いタイプだったため防水機能が低下してしまったようです。

見た目は厚くて重いタイプだっため、お気に入りの時計と思っていました。

しかし、古いタイプは、修理ができないため気を付けなければなりません。

ティソの腕時計の悪い口コミ

ティソの評判は良いものばかりですが、中には悪いものもあるため購入前の参考にしてください。

デザインが容姿に合わない

代表的なモデルの一つである、ティソ・シュマンドトゥレルが割引されていたため購入したところ自分には合わなかったようです。

時計の大切な役割であるインデックスの部分が小さい気がしたようで、手放してしまいました。

インデックスは、時間を確認するなど重要部分でもあるためデザインが良くても好まれない印象です。

しかし見た目の金色が似合わなかっただけなので、好きな方にはおすすめの時計ですね。

修理の際は国内で直せない

ティソの電池が切れてしまった際に時計屋に持っていくと、スイスに送らなければ直すことができなかったようです。

スイスに送ると2週間かかってしまうため、普段から愛用している方にとっては不便ですね。

人気が出て日本にも進出することで、この先修理しやすくなるかもしれません。

欲しいデザインの時計が高い

時計のブランドとしては手に取りやすいお値段のティソですが、欲しいデザインのものが30万円以上であると高いと感じます。

時計にどれほどのお金を出せるのかは人によって様々ですが、高いと感じる方にとってはすぐに購入できるものではありません。

数万円で購入できるものもありますが、ほとんどが10万ほどな印象です。

ボーナス時やお祝いなどには最適な時計ブランドではないでしょうか。

まとめ

ティソの時計が恥ずかしいなどと言われる理由として、時計ブランドの中では比較的安価だからと言われています。

中には30万ほどの時計もあり、手を出しにくいと感じる方もいるため人によって様々ではないでしょうか。

デザインや機能性は勿論のこと、歴史の背景に気に入っている方もいるため本当の時計好きには人気のブランドでもあります。

この先ティソの購入を考えている方は、電池が切れた際は国内で交換できない可能性も把握しておくことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です