【アニメ】東京グールはひどい?忖度なしの評判を大公開。

「東京グールのアニメはひどいの?」

スマホで「東京グール アニメ」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になると思います。

そこで、本ページでは、東京グールのアニメは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

【アニメ】東京グールについて

基本情報
原作者 石田スイ
監督 森田修平

東京グールとは、ヤングジャンプで連載されていたファンタジーコミックです。

イントロダクションは以下の通りです。

 悲、2周目。」

人間の死肉を喰らう怪人“喰種”が潜む街――東京。
大学生のカネキは、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となる。

人を喰らわば生きていけない、だが喰べたくはない。
人間と“喰種”の狭間で、もがき苦しむカネキ。
どちらの世界にも「居場所」が無い、
そんな彼を受け入れたのは“喰種”芳村が経営する喫茶店「あんていく」だった。
そしてカネキは自らが“喰種”と人間、
ふたつの世界に「居場所」を持てる唯一人の存在であると知る。
互いが歪めた世界を正すため、
カネキは“喰種”と人間の想いが交錯する迷宮へと立ち入るが…。

――僕は“喰種”だ――

全てを守れる「強さ」を欲したカネキが取った究極の選択は、
自らの人間的な部分を葬り“喰種”として生きることだった。
走り出してしまった決意。暴走する優しさ。
強さ」の果てに、カネキが見たものとは…?

原作者・石田スイが紡ぎ出す、もうひとつの「東京喰種」が幕を開ける。

【アニメ】東京グール「ひどい」と言われる3つの理由

アニメの東京グールがひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方ではひどいと感じるようです。

  • 理由1:修正があってリアリティがない
  • 理由2:ストーリー構成を端折りすぎている
  • 理由3:最終回の終わりがひどい

修正があってリアリティがない

東京グールは血などが出てくるので、グロイ描写も多い作品です。

しかし、ネットフリックスで配信されていたアニメは修正がひどかったようですね。

中には画面半分が真っ黒になるところもあるため、ここまで修正かける意味が分からないと感じる方もいます。

テレビで放送される分には分かりますが、大げさに修正をかけてしまうとストーリーも分からなくなるのではないでしょうか。

ストーリー構成を端折りすぎている

原作が漫画の作品は、ストーリー構成を端折っているアニメも多い印象です。

東京グールも同様で、総編集を観ている気分になった方もいました。

更には、戦闘シーンに迫力がない点に不満を感じています。

漫画の方が面白いのは、稀にあることですが、あまりにも内容を短縮していると始めて見た方には理解するのが難しいのではないでしょうか。

最終回の終わりがひどい

実際に東京グールのアニメを見た方は、これまでのアニメ作品の中で一番見ていて疲れると感じています。

主人公が覚醒するまでの時間が長く、最終回の終わり方もひどかったようです。

原作ファンにとったら、終わり方が重要だと思う方も少なくありません。

そのため、観ていてイライラするアニメだとも思っていますね。

【アニメ】東京グールの良い口コミ評判

「ひどい」などといった声もある東京グールのアニメですが、中には良かったと思う方も多いです。

実際に見る前に、少しでも魅力的な点を把握することでより楽しめるのではないでしょうか。

物凄い面白かった

実際に東京グールのアニメを見た方の中には、戦闘アニメのお手本のように面白かったと感じています。

原作を見ていない方ではありますが、内容だけではなく歌も良かったようですね。

戦闘シーンにも魅力を感じており、おすすめの作品だと思っています。

キャラクターが多すぎて理解するのに難しいと感じていますが、一つのアニメとして満足しているようですね。

最後まで見て良かった

東京グールのアニメを最終話まで見た方は、最後まで見て良かったと感じています。

内容や描写の中にはグロイシーンもあるので、途中で見るのを挫折しそうではありましたが、結果的に面白かったようです。

アニメは1度見ると止まらず、引き込まれるのが魅力な点でもありますよね。

考えさせられる作品

旦那さんとアニメの東京グールを見ていた方は、面白いと感じています。

最後まで全て見たようですが、内容も深く考えさせられることが多かったようです。

原作だけではなく、アニメも面白いと好評な声は多い印象ですね。

【アニメ】東京グールの悪い口コミ評判

実際に東京グールのアニメを見た方の中には、不満を抱ている方も少なくありません。

見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

迫力がない

初めて東京グールのアニメを見た方の中には、迫力がないと感じる方もいました。

そのため、原作でもある漫画を見たほうが良いと思っています。

アニメは、漫画では表現できない部分を表すこともできるのが魅力な点でもあります。

迫力のあるシーンも音を加えることで、更に盛り上がりますが東京グールのアニメには見られなかったようですね。

2期はカットされていた

東京グールはアニメではなく、漫画で見たほうが良いと感じる方は少なくありません。

1期に関しては良かったようですが、2期は熱いバトルをカットされていたようです。

初めて見た方には違和感ないのかもしれませんが、原作を知っている方にとったら残念に思うのではないでしょうか。

内容が酷かった

東京グールのアニメのオープニングは良かったようですが、内容がひどいと感じる方もいました。

原作を読んでいて内容などを把握している方には良いとは思っていますね。

しかし、キャラクターなどの登場人物が分かりにくいため初めて見る分には苦労するようです。

初めて東京グールのアニメを見る方は、キャラクターなどをある程度把握しておいた方が良いのかもしれません。

まとめ

東京グールのアニメがひどいと言われている理由として、「修正があってリアリティがない」「ストーリー構成を端折りすぎている」「最終回の終わりがひどい」などにありました。

他のアニメ化作品に比べると、圧倒的に悪い口コミが多いわけではありません。

しかし、原作の大事なシーンがカットされていたり、忠実に再現できていない部分もあるので不満を抱える方もいます。

アニメで満足している方も多いですが、ファンにとったら期待していた分残念に思うようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です