「ひどい?」トイストーリー4の忖度なしの評判を大公開。知っておきたい真実

「トイストーリー4はひどいの?」

スマホで「トイストーリー4」と検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、トイストーリー4は本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

トイストーリー4について

基本情報
監督 ジョシュ・クーリー

トイストーリーは、ピクサー・アニメーション・スタジオによる1995年から公開されているファンタジー映画です。

トイストーリー4のあらすじは以下の通りです。

“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは、ボニーのお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。

彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。

フォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる冒険だった。

ウッディが目にする新たな世界とは?ウッディやバズら仲間たちの新たな旅立ちと冒険を描く「トイ・ストーリー」史上最大の感動アドベンチャー。

ディズニー公式サイト

トイ ストーリー4「ひどい」と言われる3つの理由

トイストーリー4がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方ではひどいと感じるようです。

  • 理由1:ウッディの扱いがひどい
  • 理由2:終わり方がひどい
  • 理由3:約束が破られている

ウッディーの扱いがひどい

トイストーリー4で「ひどい」と言われている理由として、最も多いのがウッディの扱いです。

譲り受けた大切なおもちゃだからこそ、大切に扱ってほしいと感じる方も多いのではないでしょうか。

本作ではウッディーへの扱いがひどいことになっているシーンもいくつかあります。

中には、トラウマになるなどといった声もありますが、ウッディへの扱いについてだと考えられますね。

終わり方がひどい

トイストーリー4では、終わり方に関しても不評な声が多い印象です。

そのため、3までで終わりで良かったと感じる方も少なくありません。

昔から好きな方でウッディーに思い入れのある場合は、終わり方に関して不満を抱くのは仕方ないのかもしれません。

子供向けの作品でもあるため、ベタな終わり方で良かったと感じています。

約束が破られている

トイストーリーでは、「人間の前では動いてはいけない」などといった約束があります。

しかし、本作では直接見られている際に動いているわけではありませんが、そのようなシーンがあったようです。

これまでのシリーズを通して守られていた約束を破られたことから、ひどいと感じています。

そこまでして伝えようとしたメッセージとは何か、を考えさせられますね。

トイストーリー4の良い口コミ評判

「ひどい」などといった声もあるトイストーリー4ですが、実際に良いと感じる方も多いです。

実際に見る前に、少しでも魅力的な点を把握することでより楽しめるのではないでしょうか。

素敵だった

トイストーリー4では、悪い口コミも多いため期待をしないで見た方もいました。

しかし、感動するほど素敵な作品だと感じているようです。

本作ではボーが登場しますが、その後が気になっていた方にとったら、登場していた点においても見どころとなっていいます。

最後は、おもちゃの人生を描くようなストーリーだったため、感動してみることができたようですね。

新鮮で良かった

ずっと見たいと思っていたトイストーリー4を見た方は、新しい世界に踏み出す姿が新鮮で良かったと感じています。

これまでのシリーズとは一味違うような展開になっているので、賛否両論な印象です。

中には、こうしなければならないなどといったことがないので、自由なところに魅力を感じています。

おもちゃにも選ぶ権利があって、どうするのかは自分次第などといった点が良いようですね。

子どもの感性に驚かされる

実際に見た方の中には、物凄い良くて感動した方も少なくありません。

トイストーリー全体を通して、子どもの感性には毎回驚かされるようですね。

関わるおもちゃにも楽しかった思い出もあって、心に響くようなものがあったと感じています。

そのため、周回したくなったようで、作品元であるディズニーにも感動をしているようです。

トイストーリー4の悪い口コミ評判

良い口コミも魅力ですが、中には悪い口コミも少なくありません。

実際に見る前に、少しでもネガティブな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

扱いが本当にひどい

ウッディーは、アンディーからボニーへ「大事にしてね」と譲り受けたおもちゃでもあります。

ずっと遊んで大切にしてねと約束をしたのにも関わらず、4での扱いはひどいものでした。

大切なバッジだけをとってしまうシーンなども可哀想などといった声もあります。

途中で見て居られないほど、ひどいシーンが多かったようですね。

「トイ」ストーリーではなくなる

実際にトイストーリー4を見た方は、ネットで叩かれるほどの作品ではないと感じています。

しかし、よく考えると3の続編として見るには思うところもあったようです。

最後の終わり方にしても、主人公でもあるウッディに対して「トイ」じゃなくなってしまうとも思っています。

そのため、実際に見た方の中には4の続き次第では見方も変わると感じる方もいるようです。

見ない方が良かった

実際にトイストーリー4を見た方の中には、見ない方が良かったと思う方もいました。

おもちゃは、その子によって一番が違うのは当然で仕方ないとは感じています。

しかし、これまで自分の一番大切なおもちゃで修理もして綺麗を維持してきたウッディーが、ひどい扱いを受けていることからアンディが可愛そうだと思う方もいます。

自分が大切にしていたおもちゃを、譲ったのにも関わらず扱いがひどいと批判的な声が出ても仕方ないのかもしれません。

まとめ

トイストーリー4がひどいと言われている理由として「ウッディの扱いがひどい」「終わり方がひどい」「約束が破られている」にありました。

これまでのシリーズを通してみると、4の終わり方と譲り受けたおもちゃでもあるウッディの扱いに関して多くの批判があります。

しかし、中には「炎上するほどひどいとは思わない」と感じる方もいるので感じるものは人それぞれである印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です