ひまわりは植えてはいけない?繫殖力・経験者の声を徹底調査

「ひまわりは庭に植えてはいけないの?」

スマホで「ひまわり」とGoogle検索をすると関連キーワードに「庭に植えてはいけない」と表示されています。

なぜ、植えてはいけないのか気になることと思います。

そこで、本ページでは、ひまわり「庭に植えてはいけない」理由を解説していきます。

ひまわりについて

基本情報
栽培時期 7月~9月

ひまわりは、キク科の一年草の植物で花は黄色で、種は食用にすることもできます。

原産地は北アメリカで高さ3mくらいまで成長し、夏から秋にかなり大きな黄色の花を咲かせますね。

古くは南アメリカのインカ文明のときから、太陽神のシンボルとして人々から崇められてきました。

日本では、初夏から秋にかけて大きな花を咲かせます。

ひまわり「庭に植えてはいけない」と言われる理由1『火事を連想させる』

ひまわりを庭に植えてはいけない理由として、火事を連想させてしまう点にありました。

ひまわり=火回りとなるため、迷信の一つとして言い伝えられたようですね。

秋田県を中心に「庭に植えると火が回る」「家計が火の車になる」とも言われています。

他にも、開花が終わってしおれた姿が内首を連想させるなどとあるようです。

花言葉は「あなただけを見つめる」「憧れ」と素敵でもあることから、プレゼントとしても人気があります。

しかし、大輪のひまわりは「偽りの愛」「にせお金持ち」などといった言葉もあるものです。

そのため、縁起が悪いため植えてはいけないと言われるようになりました。

一見明るい気持ちにもなる素敵なお花でもありますが、今だに避けている地域や家庭もあるようです。

ひまりには、ネガティブな連想をさせるものが多いことから庭に植えてはいけないと言われるようになりました。

しかし、あくまで迷信なので必ず植えてはいけないということではありません。

根拠は何もないので、安心して植えることができるのではないでしょうか。

ひまわり「庭に植えてはいけない」と言われる理由2『枯れた後の掃除が大変』

庭にひまわりを植えてはいけないと言われている理由として、枯れた後の処理にありました。

大きさも結構大きいので、どういった処分をしたら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

切る作業などもあるので、女性一人では難しいですよね。

ひまわりの種を熟成させるには時間がかかるので、種をとる場合は秋まで待つ必要があります。

花柄の箇所をハサミで切り取り、収穫していかなければなりません。

そして、摂取した種はカビが生えないよう陰干しする必要があります。

種は食用にもなりますが、鳥などに食べられてしまう可能性があるので注意が必要です。

食用ひまわりではない場合は、種をとるためだけに1本だけを残して残りは処分をしても良いですね。

咲き終えたひまわりは、肥料にするか可燃ごみとして出すことができます。

咲いている時期は綺麗なひまわりでもありますが、咲き終えたひまわりの処分は大変でもありますね。

そのため、植えない方が良いとも言われているようです。

ひまわり「庭に植えてはいけない」と言われる理由3『繫殖力が強い』

ひまわりは、小さいサイズのミニを選び育てている方も多いです。

通常の大きいサイズのものであると、繫殖力が凄いので圧迫感も出てしまいますね。

庭が広いご家庭やひまわりだけを植える際は良いですが、他の植物と一緒に育てる場合は邪魔にもなります。

存在感が大きいと他の植物の日差しを妨害する可能性もあるのではないでしょうか。

そのため、小さいサイズのものを選び育てる方も増えてきたということです。

更には、強風による倒伏を防ぐために、早めに支柱を設置して茎を誘引しておく必要もありますね。

通常のサイズであると、育てるにも苦労が必要になる場合が大半です。

普段から植物を育て慣れている方にとったら良いですが、初心者がいきなりひまわりを育てるには大変になることも少なくありません。

土づくりや肥料など様々な知識も欠かせませんよね。

中には、ひまわりを育てていて中々花を咲かすことができない方もいます。

太陽の光が届かないと生育不良になる場合や、街灯の光を浴びているせいで開花しないケースもあるようです。

庭にひまわりがあると雰囲気も明るくなり素敵ですが、育てるのが難しい場合が多いですね。

そのため、初めて植物を育てる方は小さいサイズの「ミニひまわり」から始めてみると良いかもしれません。

ひまわりを植えた人による良い声

「庭に植えない方がいい」とも言われているひまわりですが、魅力を感じている方も多いです。

育てるのに悩まれている方は、良い口コミを把握することで後押しになるのではないでしょうか。

植えて良かった

ひまわりは見た目も可愛らしくて、お庭にあるだけで華やかになりますよね。

そのため、植えて良かったと感じる方も多いです。

来年は更に自宅をひまわり畑にしたいと考えるほど、魅力を感じています。

存在感もあるので、ひまわり一つ育てるだけで庭の雰囲気も一気に変わるのではないでしょうか。

元気をもらえる

ひまわりを育てている方の中には、見ているだけで元気をもらえる方もいました。

ひあわりをモチーフとしたアクセサリーや小物などが多く出回っているほど、人気のお花でもあります。

色も黄色なので、明るい気分にもさせれくれます。

黄色い花びらは受粉を助けてくれる虫達へのアピールの為、綺麗な色をしていると言われているようです。

お庭で育てて、家の中で飾ることでお部屋の雰囲気も明るくなるのではないでしょうか。

それほどひまわりは鑑賞用としても楽しむことができます。

ひまわりを植えた人による悪い声

見ているだけで元気を貰えるひまわりですが、少し悪い口コミもあります。

実際に育てる前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

育てるのが難しい

実際にひまわりを育てている方は、雑草に負けてしまい咲くことはなかったようです。

そのため、育てるのは難しいと感じていますね。

雑草が多く生えているところでは、ひまわりは育てにくいのかもしれません。

せっかく育てるなら、キレイに咲くところを見たいと思う方も多いのではないでしょうか。

魅力的なお花でもありますが、実際に育てるとなると難しいようですね。

邪魔になるほど育つ

ひまわりは雑草並みに成長すると思う方も少なくありません。

通常のサイズであると、庭に広がるほどのひまわりが育つので邪魔に思う方もいます。

そのため、土の量などが重要だと認識したようですね。

育てるのが難しいひまわりでもありますが、育つと存在感も大きく繫殖力が高いため、注意が必要です。

特に隣の家との境界線が難しい場合などは、トラブルの原因にもなるので植える場所に気を付けたほうが良いですね。

庭いっぱいにひまわりを咲かせたい方にとったらメリットは大きいですが、大きいのもを避けたい場合はミニサイズの方が良いかもしれません。

まとめ

ひまわりを庭で育てない方が良いと言われている理由として、「火周りを連想させる」「育てるのが難しい」などにありました。

昔からの言い伝えの迷信として、ひまわりを庭に植えるのはあまり良くないようですね。

しかし、根拠のようなものは何もないので気にならない方は安心して植えることができます。

育てるのが難しいひまわりでもあるので、育て方に関してしっかりと勉強したうえで育てると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です