ロエベのハンモック「使いづらい」良い・悪い口コミを徹底調査

「ロエベのハンモックって使いづらいの?」

スマホなどで、「ロエベ」とグーグル検索をすると「使いづらい」「後悔」などと関連キーワードが出てきます。

このようなワードがでてくると、不安になりますよね。

購入をする前に、ロエベのハンモックについて把握することで失敗を避けることができます。

そこで、本ページでは、ロエベのハンモックは本当に使いづらいのか口コミと共に紹介していきます。

ロエベのハンモックについて

基本情報
価格 245,300~401,500円
年齢層 20代~40代

ロエベは、1846年にスペインで創設された高級老舗ブランドです。

1970年代には海外進出を始め、1996年にはルイヴィトンなどに代表されるLVMHグループに所属しています。

以前までは、セレブなどが愛用する気品の高いブランドイメージがありましたが、今ではデザイナーが変わりトレンドの効いたデザインなことから幅広い世代に愛されています。

革製品などを使用した品質以外にも、メンズ商品やレディースウェアも人気です。

ロエベのハンモック「使いづらい」と言われる3つの理由

ロエベが使いづらいと言われる理由は、以下の3つにあります。

一部の方は、使いづらいと感じているようです。

  • 理由1:持ち手の部分が使いづらい
  • 理由2:身長が低い人には使いづらい
  • 理由3:中が丸見えで使いづらい

持ち手の部分が使いづらい

ロエベのハンモックで使いづらいと感じている方のほとんどが、持ち手の部分にありました。

デザイン性が良いと思っていても、持ち手の使いにくさを感じていたため諦めている方も多いです。

見た目重視なデザインにしてしまうと、機能性に欠けてしまうこともありますよね。

ロエベのハンモックは、持ち手が少し狭いので腕を通す際にスムーズにいかずにイライラしてしまうこともあるようです。

恐らく、手で握って持つタイプなので幅はあまり設けなかったのではないでしょうか。

お出掛けする際など、持ち手を腕に通すこともあるため利便性に欠けてしまいます。

しかし、ロエベのハンモックはショルダーバッグとしてなど6wayなので、手に持つ以外にも使用できるアイテムです。

身長が低い人には使いづらい

使いづらいと感じている方が多い中で、身長によって異なるのではないかと考えている方もいます。

170㎝ある方が実際にロエベのハンモックを使用しているようですが、使いやすいと感じています。

鞄のサイズにもよりますが、大きさで使いづらさを感じていることもあるようです。

身長が低めの方は、一度店舗まで足を運んで試してみると良いですね。

中身が見えて使いづらい

実際にロエベのハンモックを持っている方は、中身が見えてしまうところに不便さを感じています。

中身が見えていると、財布なども丸見えになるため防犯性にも欠けますよね。

チャックなどがついていないため、電車などの混んでいる際に盗られる危険性もあります。

貴重品は奥の方に入れるなどの、使用の仕方を考えて購入する必要がありますね。

ロエベのハンモックの良い口コミ

使いづらさを感じている方も多いですが、良い口コミも多いです。

人気ブランドなので、憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

ロエベの破壊力が凄い

ロエベは上品なイメージも持つ方も多く、ブランドの雰囲気を壊さずに愛用しています。

実際にテレビでロエベのハンモックを持っていたようですが、カジュアルな服装に合わせていたようです。

着飾ることなく数十万円のバッグを自分の雰囲気に合わせることができるのは凄いですよね。

シンプルなデザインも多いため、普段着でも違和感なく持つことができる魅力のある鞄の一つです。

色々な使い方ができる

ロエベのハンモックは6通りの使い方できるため、気分によって変えることができます。

他の5つの使い方は「斜め掛け」「サイドを広げてハンドバッグとして」「サイドを閉じたハンドバッグとして」「サイドを広げてショルダーバッグとして」「サイドを閉じたショルダーバッグとして」となっています。

使いこなせるか不安な方もいますが、これほど使い方があるのは飽きる心配もなくて良いのではないでしょうか。

ジブリとのコラボ商品

ロエベは、ジブリとのコラボ商品も販売していました。

スタジオジブリとのコラボはこれまでに2回で、「となりのトトロ」に続き「千と千尋の神隠し」シリーズも物凄い好評だったようです。

コラボ商品では、ハンモックシリーズも展開されています。

作品に登場する数々のキャラクターと美しい自然背景をフィーチャーさせています。

ハンモックの他にも、スカーフやブランケット、小物など幅広い商品が展開されていました。

ロエベのハンモックの悪い口コミ

老舗高級ブランドで、良い口コミがほとんどなため、購入を考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、少ないですが不評な声もあるため、購入の失敗を避けるためにも是非参考にしてください。

ベビーカーで行く勇気がない

ロエベのハンモックが欲しいと感じている方は、小さなお子さんがいるため、ベビーカーで店内に入る勇気はないと感じています。

上品で高級ブランドであると、敷居も高く感じるため子連れで入ることはできないですよね。

ネット通販もありますが、実際に目で見ないと良さは分からないので避けたいものです。

もう少しハイブランドであっても、子連れが入りやすい雰囲気があると嬉しいのではないでしょうか。

一生ものではない

ロエベのハンモックが可愛いと思っても、一生ものではないと感じる方もいました。

お値段も数十万円なので、質などに関しては長年使用できるものではあります。

しかし、流行を取り入れたトレンドアイテムでもあるので、一生使えるかの心配はありますよね。

特にロエベのハンモックは、一時期大流行をしていたため、数年後には「古い」などと思われるのも悲しいです。

せっかく高いお金を出すならずっと使用できる、一生ものが良いのではないでしょうか。

被るのが嫌だ

これまでにあまり見られないデザインでもあったロエベのハンモックは、注目を集め多くの方が愛用するようになりました。

元々ロエベが好きでハンモックをすぐに狙っていた方などにとっては、被るのを嫌がっています。

特に、クリスマスなどのイベント後はブランド品を持つ女性も増えますよね。

自分が好きで購入した鞄が、あまり知らないミーハーの方などと被るのを嫌がる方もいるようです。

まとめ

ロエベのハンモックが使いづらいと言われている理由として「持ち手の部分が使いづらい」「身長が低い人には使いづらい」「中身が見えて使いづらい」などにありました。

実際に購入した方の中に「使いづらい」と感じている方は多いので、購入の際には利便性についても考えなければなりません。

しかし、中には使いやすいと感じている方もいるので人によって様々です。

見た目のデザイン性についての悪い口コミはあまり見かけなかったので、購入の際に是非参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です