リーガルの靴「恥ずかしい」良い・悪い口コミを徹底調査

「リーガルの靴は恥ずかしいの?」

スマホなどで、「リーガル 靴」とグーグル検索をすると「恥ずかしい」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

このようなワードが出てくると、不安になりますよね。

購入をする前に、リーガルの靴について把握しておくことで失敗を避けることができます。

そこで、本ページでは、リーガルの靴が本当に恥ずかしいのか口コミと共に紹介していきます。

リーガルの靴について

基本情報
価格 13,200~46,200円
年齢層 40代~50代

リーガルは、明治初期に初めて革靴製造を行った「伊勢勝造靴場」が起源とされています。

その後の、1962年にアメリカのブラウン社との技術連携によって「リーガル」が誕生したそうです。

50年以上変わらないモノづくりへのこだわりと共に、幅広いラインナップを揃えています。

時代を超えて愛されている定番から、現代に合わせたカジュアルなものまでお気に入りの1足を見つけることができるでしょう。

リーガルの靴「恥ずかしい」と言われる3つの理由

リーガルの靴がダサいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部では、ダサいと感じているようです。

  • 理由1:音が鳴って恥ずかしい
  • 理由2:ダサくて恥ずかしい
  • 理由3:被るので恥ずかしい

音が鳴って恥ずかしい

リーガルの靴を愛用している方で、変な音が鳴るという方が多数いました。

その音が良いと感じる方もいますが、中にはビーチサンダルのような音が鳴るようです。

アウトソールが高いものは、「コツコツ」と良い音が鳴りますが、その音に魅力を感じている方もいます。

靴の音が良いものであると心地良いですが、安物の靴のような音は避けたいですよね。

種類によっては、変な音がなるため恥ずかしいと感じる方もいます。

更に、近場のリーガルショップに行くと対応が悪いとも感じたようです。

ダサくて恥ずかしい

歴史もあるリーガルですが、中にはダサいと感じる方もいます。

デザインや機能性に気に入っている方もいますが、見た目が好まない方もいるようです。

昔ながらの定番アイテムもあるリーガルは、昔のようなデザインの靴があるため「おばさん・おじさん向け」と感じる方もいます。

「オシャレは足元から」と言うように、デザイン性にこだわりを持っている方には不向きのブランドかもしれません。

被るので恥ずかしい

人気のあるリーガルだからこそ、人と被ることで恥ずかしいと感じる方もいます。

特に定番の形だと、多くの方が履いているのではないでしょうか。

高いお金を出して良い靴を購入しても、周りと被って恥ずかしい思いをするのも嫌ですよね。

そのため、靴はオーダーが一番良いと思っている方もいます。

リーガルの靴の良い口コミ

「恥ずかしい」などといった声もありますが、愛用している方も多いため、人気のあるブランドです。

実際に、どのような点に魅力を感じているのか紹介していきます。

履き心地が良い

リーガルの靴は、老舗でもあるためお高いイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に購入した方は思ったよりも高くなかったようです。

何十万もするブランドと比べると、比較的手の届きやすい価格で良いものが購入できるのは嬉しいですよね。

履き心地にも満足がいっているようなので、機能性にも問題はありません。

10年以上持つ

靴としては少し高いですが、ブランド靴としては比較的に安いです。

しかし、クオリティは高く10年以上は持つのでコストパフォーマンスも良いのではないでしょうか。

安いものを何足も購入するよりも、一つのものを長年履いた方がお財布に優しいです。

更に、安い靴を何度も変えてしまうと、足にフィットするころにはボロボロになってしまうこともあります。

足に合う靴を長年履くことで、痛める心配も軽減されますよね。

修理ができるのが良い

靴としては少し高いリーガルの靴ですが、一つ購入することで長年愛用することができます。

少し傷む箇所が出てきても、修理することができるので安心して履くことができますよね。

実際にリーガルの靴を愛用している方は、何度も修理に出して大事に使用しています。

定員さんの対応も良いと感じている方も多いので、気分良く買い物することもできます。

靴を購入する際は、自分に合うものを探してもらうため定員さんとの時間も長くなるのではないでしょうか。

そのため、対応が良いと何度も足を運びたくなりますよね。

リーガルの靴の悪い口コミ

リーガルの靴を実際に購入している方は、良い口コミばかりな印象です。

一方で不評な声もあるため、是非参考にしてください。

セールをしてても買う気になれなかった

リーガルが閉店セールをやっている際に、足を運んでみた方は、良いものに巡り合えなかったようです。

セールをしているため、価格が魅力的だと思ってもデザインなどに惹かれなければ購入には至りません。

どこか変なポイントがあったり、定番すぎるデザインであったり、癖があるものであったりしたようです。

リーガルの靴は、人によってはダサいと感じる方もいるため好みが分かれてしまうブランドでもあります。

特に女性の靴は、昔ながらの雰囲気も残しつつトレンドを取り入れるのは難しいのではないでしょうか。

自分のお気に入りの一足に出逢うのが難しいとされている靴だからこそ、高い値段だと躊躇してしまいますよね。

下請法違反

毎日新聞では以下のようなことを述べていました。

公正取引委員会は、靴製造・販売の「リーガルコーポレーション」(千葉県浦安市)が、下請け業者からの納入品を品質検査しなかったのに後に不良品として返品したなどとして、下請け法違反で再発防止を勧告しました。検品せずに返品したことによる違反認定は初めて。

Twitter

納入時に返品をしていないにも関わらず、お客さんからクレームがきた場合のみ、一部を不良品として返品していたようです。

リーガル側では「不適切だったことを受け止め、再犯防止に努める」とのことです。

違反額の合計は1147万円で、検品をせずに返品したことによる違反認定は初めてとなります。

老舗ブランドで信頼はあったため、愛用している方にとっては嫌なニュースではないでしょうか。

骨が当たるようになって地獄だった

世界一快適だと思ったリーガルで、パンプスを購入したようですが、骨が当たるようになって地獄だったようです。

履きやすさもあるため、好評な声が多いリーガルではありますが、人によっては合わないこともあります。

高いお金を出して良い靴を購入しても、足が痛くなるのは避けたいですよね。

靴は足にフィットするまで時間がかかると言いますが、骨などに当たるのはこの先合うこともないのでしょうか。

靴は念入りに履き試しをした方が良いということですね。

まとめ

リーガルの靴が恥ずかしいと言われる理由として「音が鳴って恥ずかしい」「ダサくて恥ずかしい」「被るので恥ずかしい」などにありました。

特別恥ずかしいと感じる方は少ないため、定番なブランドではないでしょうか。

実際に愛用している方も満足している声が多いため、外さないアイテムばかりな印象です。

老舗ブランドで、値段も高いので一つ購入しておくことで長年履くことができるのも魅力となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です