クラシカルエルフはダサい?良い・悪い口コミを徹底調査

「クラシカルエルフは恥ずかしいの?」

スマホで「クラシカルエルフ」とGoogle検索をすると、「ダサい」「評判」などといった関連キーワードが出てくることがあります。

このようなワードが出てくると不安になりますよね。

実際に購入する前にクラシカルエルフのことを把握しておくことで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、クラシカルエルフは本当にダサいのか、口コミと共に紹介していきます。

クラシカルエルフについて

基本情報
価格 100~22,000円
年齢層 20代~30代

2006年に創業されたクラシカルエルフは、店舗だけではなく、楽天市場やヤフーショッピングなど幅広いところに出店されています。

ZOZOTOWNでも人気を集めているクラシカルエルフは、トレンドを取り入れているアイテムばかりなので、普段のコーデにも合わせやすいのではないでしょうか。

「既存のつまらないファッションへ飽きてしまった大人へ向けて提案するブランド」をコンセプトに、遊び心などを表現しているブランドです。

社会的養護が必要な若者に対する支援を行う、青少年自助自立支援機構もサポートしている社会還元も行っています。

クラシカルエルフ「ダサい」と言われる3つの理由

クラシカルエルフがダサいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ダサいと感じるようです。

  • 理由1:トレーナーがダサい
  • 理由2:当たりはずれが多くてダサい
  • 理由3:絶妙にダサい

トレーナーがダサい

インスタグラムでクラシカルエルフのトレーナーを宣伝している方が多いため、ダサいと感じる方もいます。

宣伝のために、ファッション関連を主に発信しているアカウントにばらまいていると推測しているようです。

同じような方が、同じ時期に、同じ服を着ていると不審に思いますよね。

実際に宣伝している洋服は、オシャレでもなくダサいと感じたようです。

当たりはずれが多いからダサい

クラシカルエルフで服を購入したことがある方は、当たり外れが多いと感じているようです。

特にズボンは、実際に試着しなければ自分に合うのか分からないため、ネットで購入してしまうと失敗することもあります。

良いと思えた商品があっても、届いた際に外れが多いと購入することもないのではないでしょうか。

ネットで服を購入する際は、写真とはイメージが異なることがあるため、難しいです。

絶妙にダサい

クラシカルエルフの洋服に対して、安っぽいと感じている方もいます。

少し遊び心のあるようなデザインも展開されていますが、子どもっぽいと思うようですね。

実際に価格も安く販売されているため、生地感などは値段相応なのかもしれません。

また、デザインにとっては子どもっぽものもあるため、選ばれる際には注意する必要があります。

クラシカルエルフの良い口コミ

クラシカルエルフの洋服がダサいと感じる方もいる中で、良い口コミも多数あります。

どのような点に魅力を感じているのか、一つずつ紹介していきますので是非参考にしてください。

シンプルで可愛い

クラシカルエルフの洋服は、合わせやすいカジュアルなものが多いです。

中には、他のブランドにはない個性的なものもありますが、ほとんどがシンプルなものばかりではないでしょうか。

シンプルの中にも、可愛さはあってトレンドを取り入れているので、幅広い年代の方が愛用しています。

お値段もプチプラなので、気軽に購入できるのも魅力の一つです。

着心地が良い

セールの際に、クラシカルエルフのスウェットトップスを購入した方は、着心地が良いと感じたようです。

スウェット生地は、他の洋服とも合わせやすく着やすいのが良いですよね。

暖かくて寒い冬場などにも最適なので、何枚あっても使用しやすいアイテムでもあります。

しかし、色違いで購入しようとした際には、売り切れだったようなので早めに購入したほうが良いです。

コートが大正解

クラシカルエルフのコートを購入した方は、黒色にして大正解だったようです。

生地もしっかりとしているので、安っぽく見えないのも魅力ではないでしょうか。

コートは商品によって太って見えるものもありますが、ラインも綺麗なのでスタイルも良く見えます。

全てにおいて優秀なので、違う色も欲しくなったようです。

クラシカルエルフの悪い口コミ

良い口コミが多いクラシカルエルフですが、中には不満を持つ声もあります。

実際に購入する前に、少しでもネガティブな意見を参考にすることで少しでも失敗を避けることができるのではないでしょうか。

インフルエンサーに服をばらまきすぎる

実際にクラシカルエルフの洋服が欲しいと思っていても、インスタグラムなどのインフルエンサーに服をばらまいているため、購入意欲がそがれると感じている方もいます。

SNSなどで、皆同じ服を着ていることでダサく感じてしまいますよね。

実際にTwitterやインスタグラムで「クラシカルエルフ」と検索をすると、様々な人の宣伝が見られます。

近年のブランドは、大きな宣伝をするよりも知名度のある方が宣伝をしたほうが利益になると考えている傾向があります。

時代に合わせた宣伝方法ですが、一部では逆に購入する気がなくなってしまうようです。

素材が微妙

クラシカルエルフで購入することを避けていた方は、安さに釣られて購入したようです。

しかし、素材が微妙で失敗だと感じたため、もう二度と購入することはありません。

値段に釣られても、商品の質が悪いとリピートはないですよね。

特に、ネットで購入するものは実際に手で触って質感を確かめることはできないので、口コミなどを参考にするしかありません。

そのため、購入したことがないものだと失敗するリスクもあるということです。

実際にお値段も安いので、質感などは値段相応なのではないでしょうか。

下着が酷い

ZOZOTOWNのタイムセールで、クラシカルエルフの下着を購入した方はひどい品物だと感じたようです。

肌に直接触れるものである下着は、一度も使用していなくても返品はできません。

ネットで購入すると失敗するリスクは付き物ですが、特に下着は難しいのではないでしょうか。

少しでも質感が悪いと、着用することはないので、もう二度と購入しないと思ったようです。

まとめ

クラシカルエルフがダサいと言われている理由として「トレーナーがダサい」「当たり外れが多くてダサい」「絶妙にダサい」などにありました。

他ブランドに比べて元々の価格が安いうえに、頻繁にセールもしているため気軽に購入できるブランドでもあります。

しかし、ネットで見たものとは予想と違うことや質感が悪くて失敗している方も多い印象です。

クラシカルエルフに限らずネット通販は実際に質感などを確かめることができないため、リスクが伴うものではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です