ホカオネオネ「ダサい」購入前に知っておくべき意外な事実

「ホカオネオネはダサいの?」

「ホカオネオネ」とスマホでグーグル検索をすると関連キーワードに「ダサい」と表示されてます。

このワードが表示されてると、購入しようか不安になるかと思います。

購入後の失敗を避けるためにも、しっかりと調べておくことをお勧めします。

そこで、本ページでは、ホカオネオネ「ダサい」と言われる理由を口コミともに紹介していきます。

ホカオネオネについて

基本情報
価格 2,200~40,000円
年齢層 10代~

デッカーズジャパン合同会社が運営しているホカオネオネは、2009年に設立された比較的新しい会社です。

会社自体は輸入をして販売をしているため、ホカオネオネはフランスで作られたスポーツシューズブランドとなります。

創業当時は山を駆け下るシューズとして誕生し、「険しい道でも膝や足首に負担をかけずに、安全にスピードを落とさずに走れる」などいった思いでシューズを作りだします。

「推進力」「サポート」「安定性」である3つの独自のテクノロジーが、全てのシューズに搭載されています。

ホカオネオネ「ダサい」と言われる理由

ホカオネオネが「ダサい」と言われる理由は以下の3つにあります。

一部の方にはダサいと感じられているようです。

  • 理由1:名前がダサい
  • 理由2:ボテボテ感がダサい
  • 理由3:ぱっと見がダサい

名前がダサい

日本人にはあまり馴染みのない名前の「ホカオネオネ」は、「HOKA ONE ONE」と表記されます。

ニュージーランドのマオリ族の言葉が由来で、「It is time to fly」(さあ、飛ぼう!)という意味です。

シューズらしい素敵な由来であることから、知ってからかっこよく見えてきたなどといった声もあります。

ブランド名がダサいと、恥ずかしいと感じて購入しない方もいるほどです。

しかし、名前がダサいと思わなくなるような機能性の良さに絶賛している声も多くあります。

ボテボテ感がダサい

ホカオネオネで販売しているほとんどのシューズが、一般的なものに比べてゴテゴテとしています。

ランニングなどで履く際にはあまり気にならないですが、普通のファッションとして楽しみたい方にとっては嫌がるようです。

このボテボテ感である「クッションミッドソール」は、着地させた後に跳ね上がるように作られています。

坂を上る時でも下る時でも、変化に対応できるように作られているため形が少し歪になっています。

「柔軟性」「反発性」「バランス」などを重点に置いた際に、このような形になるということです。

ぱっと見がダサい

中には、「デザイナーがデザインするのを諦めている」と感じるほどダサいと思う方もいます。

ホカオネオネがダサいと言われている大きな理由として、「履くのを躊躇してしまうほど見た目がダサい」にあります。

機能性を重視しているため、デザインなどはほとんど気にしていないようにも見えますよね。

中にはかっこいいデザインなどもありますが、今では「ダサかっこいい」ともいわれるようになりました。

ダサいけど逆にそこがかっこいいということではないでしょうか。

人気を得て使う人が増えることで、ダサいなどは気にしなくなるとも考えられますよね。

ホカオネオネの良い口コミ

ダサいと定評のあるホカオネオネですが、愛用者も多く日本でも絶大な人気を得ています。

実際に使用している方などの、口コミを紹介していきます。

色が良い

ランニングシューズとしてリンコン3を購入した方は、配色が気に入っているようです。

2足目の購入で、機能性にも見た目にも満足していると感じています。

色展開は黒や白などのシンプルなもの以外にも、ピンクやオレンジなどの配色も販売されています。

ダサいとも言われていますが、女性の方でも手にとってしまうようなカワイイデザインがあるため人気も高いのではないでしょうか。

膝腰に負担が少ない

ホカオネオネのシューズは、足首や膝などに負担が軽減されるよう作られています。

実際に愛用している方も絶大な効果を感じているようで、厚底系のものは特に人気もあります。

特に長時間走る際は、膝などに負担がくるため良いシューズ選びが重要ではないでしょうか。

軽くて蒸れない

機能性も良いホカオネオネのシューズは、一見重たそうに見えますが実際に履いている方は軽いと感じています。

蒸れることもなく、クッションが効いているためいつでも全力で走ることができるようです。

夏場などは、特にシューズの蒸れが気になる方も多いため嬉しい素材ではないでしょうか。

ホカオネオネの悪い口コミ

ランニングをしている方などに絶大な人気を得ているホカオネオネですが、中には不満を持っている方もいます。

実際に購入をする前に、悪い口コミも是非参考にしてください。

高いのが難点

ホカオネオネのシューズは1万円~の物が多く、他ブランドに比べて高いと感じる方が多い印象です。

3つの独自のテクノロジーを採用しているため、機能性を重視すると高くなってしまうのは仕方がありません。

また、実際に走ってみなければ良さが分からないため、合うか分からないうちに高いお金を出すのに抵抗がある方もいます。

好みの形ではない

実際に試し履きをした方は、フカフカで機能性などは気に入ったようです。

しかし、デザイン性が好きな形ではなかったため購入には至りませんでした。

機能性も大切ですが、楽しく走るためにも自分が好きなデザインを購入したいものですよね。

実際に、見た目が気に入らずに購入を諦めている方は多い印象です。

レディースのサイズがない

防水性もあり冬などに履くにも適しているホカオネオネのシューズは、レディースのサイズ展開が少ないと感じている方もいます。

ベストセラーともされている「クリフトン8」を公式サイトで見てみると、2022年7月現在では23~25㎝までのサイズしかありません。

「ワイドサイズあり」と記載されているものには、22㎝から用意されているものがほとんどです。

しかし、大半の靴が25㎝までなのでメンズを購入しなければならない方もいます。

女性の方で25㎝を超える方は多いため、色が可愛くても自分の足に合うサイズがないのは残念ですよね。

まとめ

ホカオネオネがダサいと言われている理由として「名前がダサい」「ボテボテ感がダサい」「ぱっと見がダサい」などにありました。

見た目のデザイン性などがダサいと言われていますが、機能性には優れているため悪い口コミが多いわけではありません。

逆に厚底のゴテゴテ感がかっこいいと感じる方もいます。

見た目に強いこだわりがなければ、是非購入をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です