ダコタの財布「ダサい」購入前に知っておくべき意外な事実

「ダコタの財布はダサいの?」

「ダコタの財布」とスマホなどでグーグル検索をすると関連キーワードに「ダサい」と表示されてます。

このようなワードが表示されてると、購入しようか不安になるのではないでしょうか。

購入後の失敗や後悔を避けるためにも、しっかりと調べておくことをお勧めします。

そこで、本ページでは、ダコタの財布「ダサい」と言われる理由を口コミともに紹介していきます。

ダコタの財布について

基本情報
価格 7,700~30,000円
年齢層 20代~50代

1969年にヤングカジュアルブランドとして立ち上げたダコタは、50年の歴史の深い老舗ブランドです。

価格もお手頃で、デザインもシンプルであることから幅広い年代の方に愛されています。

創業当時は若い女性を中心に人気を得ていましたが、現在ではどういった年代でも使用しやすいナチュラルなデザインが多いです。

レザーやコットンなど、天然素材の持つ自然な風合いと感触が特徴のブランドとなっています。

ダコタの財布「ダサい」と言われる3つの理由

ダコタの財布が「ダサい」と言われる理由は以下の3つにあります。

一部の方にはダサいと感じられているようです。

  • 理由1:好みのものがない
  • 理由2:分厚いのがダサい
  • 理由3:色合いやデザインがダサい

好みのものがない

ダコタの財布は購入している方も多いですが、質感が気に入ってもデザインが好みではないと感じる方が多いです。

種類は豊富ですが、他のハイブランドの財布に比べるとデザインがダサく感じる方もいます。

見た目も気に入って愛用している方もいますが、シンプルすぎるデザインは賛否両論ということではないでしょうか。

しかし、ダコタ自体は気に入っているためブランドは変えていないようです。

分厚いのがダサい

ダコタの財布は、分厚いのが特徴で鞄などに入れる際に場所をとってしまうと思う方もいます。

見た目のデザイン性も、分厚いと購入を控える方も多いのではないでしょうか。

収納が多いのは嬉しいですが、カードケースとは別にしている方も多いのであまり実用性がないと感じている方もいます。

更に、質感によって爪でひっかいてしまうと傷がついてしまうようです。

色合いとデザインがダサい

様々なカラー展開があるダコタの財布ですが、赤やオレンジの色が目立つ印象です。

年代によっては少し大人っぽいと感じる方もいて、好みのカラーはありませんでした。

セールの際にダコタの財布を購入しようとしたが、デザインと色でやめたようです。

色合いが気に入って可愛いと感じる方と、色合いが気に入らないという方がいるので賛否両論ですね。

ダコタの財布の良い口コミ

「ダサい」などといった声もある中で、購入した方のほとんどが魅力を感じています。

実際に愛用している方などの良い口コミを紹介していきますので是非参考にしてください。

シンプルだけどさりげない個性がある

ダコタの財布はシンプルなデザインが多いため、幅広い年代の方に愛用されているブランドです。

しかし、シンプルながらもダコタの個性がしっかりあるので見た目にも気に入っている方が多いのではないでしょうか。

色使いも革ならではの風合いで、他にはない財布の魅力があります。

財布などの商品としては高いですが、ブランドの中では比較的手の取りやすい価格帯です。

温かみのある優しいデザインであるダコタは、集めたくなりますよね。

革が柔らかい

本物の革を使用しているため、質感が柔らかいのが特徴です。

使えば使うほど愛着のわくダコタの財布は、本物の皮だからこそ経年変化での色合いを楽しむことができます。

そのため長年使用している方が多く、物持ちが良いのが魅力です。

中には10年以上使用している方もいるため、コストパフォーマンスも良いのではないでしょうか。

使えば使うほど良くなる

革製品は、使えば使いこむほど色合いが変わったり柔らかくなったりと独自の変化を楽しむことができます。

そのため、飽きることなく財布を長年使用することができるような魅力がありますよね。

デザイン性も可愛く、小銭入れなども販売されているため分厚い質感が苦手な方でも購入しやすいです。

使えば使うほど良くなる財布は、ダコタなどの革製品ならではの特徴ではないでしょうか。

ダコタの財布の悪い口コミ

愛用している方も多く、魅力のあるダコタの財布ですが中には不評な声もあります。

実際に購入を考える前に、少しでも不安を取り除けると安心です。

デザインに魅力のあるものがない

5年ダコタの財布を愛用していた方は、どこも壊れていなないようで軽くて最高だったようです。

年数も経っていることから、買い替えを考えていましたがデザインが気に入るものがなかったのが残念だと思いました。

長年使用できる財布だからこそ、見た目も気に入ったものを購入したいですよね。

ダコタの財布を購入する際は、物持ちが良いことを前提に飽きないデザインを選ぶことも大切です。

値段が高い

見た目が可愛いダコタの財布を見つけた際は、値段が高くて購入には至らなかったようです。

ハイブランドの財布に比べると安いですが、高くて3万円するので人によっては高く感じます。

高価な財布を購入してしまうと、入れるお金がなくなってしまうと感じてしまいますよね。

安いものでは、1万円ほどで購入できるためデザイン形などによっても異なります。

厚みがありすぎる

ダコタの財布が気に入らない方の大半が、厚みにありました。

収納が多いのが不満に思っている方も多く、購入には至らなかったようです。

最近では、小銭・お札・カード類を分けて使用している方も多いため厚い財布はあまり流行らない気もします。

全て一つにまとめたい方には魅力的ですが、分けている方にとっては不憫ではないでしょうか。

また、厚い財布だと鞄に入れる際にも邪魔になるのでデザインが可愛くても買うのをやめてしまいます。

まとめ

ダコタの財布がダサいと言われている理由として、「好みのデザインがない」「分厚いのがダサい」「色合いやデザインがダサい」などにありました。

本当にダサいと思っている方は、ほとんどいない印象なため愛用者も多いです。

天然素材だからこそ、経年変化を楽しむことができるので10年と長年使用している方もいます。

また商品によっては、分厚いデザインのものがあるため好き嫌いが分かれる点でもありますよね。

この先購入を考えている方は、実際に目で見てからの購入をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です