家賃3万円物件がやばい原因3選|治安・民度など噂の真相を徹底調査

「家賃3万円物件はヤバいの?」

スマホで「家賃3万円物件」と検索をすると、「ヤバい」などといった関連キーワードが出てきます。

このようなワードが出てくると不安になりますよね。

実際に契約をする前に、家賃3万円物件のことを把握することで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、家賃3万円物件は本当にヤバいのか口コミと共に紹介していきます。

家賃3万円物件「ヤバい」と言われる3つの理由

家賃3万円物件がヤバいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ヤバいと言われているようです。

  • 理由1:治安がヤバい
  • 理由2:汚くてヤバい
  • 理由3:稀に事故物件があってヤバい

治安がヤバい

家賃3万円の物件は、保証人も不要である場合が多いので、訳ありな方が入居することも少なくありません。

地方の方だと3万円ほどの物件は珍しくありませんが、都内の方であると珍しいですよね。

皆さんも物件3万円の賃貸に住む=給料が安い=滞納者も多いと考える方もいます。

借金を重ねている方の中には良い方もいますが、マナーを守れない方もいるようですね。

全ての方が、治安が悪いというわけではありせんが、中には家賃3万円の家にはマナーが悪い方もいるということです。

汚くてヤバい

家賃3万円の物件の中には、住めないほど汚いこともあるようです。

修繕費にも多額に費用が発生するため、ボロボロのまま貸して更に値段を安くして貸していくこともあります。

築年数が古い場合や、簡易トイレで有る場合もあるようです。

家賃が低い分、古い場合や汚い場合があるということですね。

稀に事故物件があってヤバい

家賃3万円台の物件は破格の値段でもあることから、事故物件である可能性もあります。

そのため、中には自殺した方の部屋をその後3万円の価格にして貸していることもあるようですね。

割と綺麗で3万円の場合は、事故物件であるのか伺ってみると良いです。

中には、事故物件でも気にしない方もいますが、気にする方には大きなデメリットになってしまいます。

家賃3万円物件の良い口コミ

「ヤバい」などといった声もある中で、良い口コミも多数あります。

実際に住まれる前に、少しでも魅力的な点を把握することで後押しになるのではないでしょうか。

住居は最低限で良い

住居に求める条件は人それぞれありますが、中には屋根と地面とWi-Fiさえあれば良いと考える方もいます。

寝るところさえあれば困らない方も多く、家賃を浮かせている分他のことに使用することもできますよね。

実際に住居に対する価値観を捨てて、都内にある風呂なしアパートの家賃3万円の物件に住んでいる方もいます。

結果、生活サイクルも良いと感じているようですね。

あまり生活や住居に対してこだわりがない方にとったら、家賃3万円の物件はメリットしかないかもしれません。

魅力的

実際に家賃3万円の物件に5年住まれている方の中には、当時は即決をして魅力を感じています。

創作活動ものんびりできて、一人暮らしにはもったいないほどの広さなようです。

物件によっても様々ですが、物件3万円でも魅力的なところはたくさんあります。

築年数などを気にしない方にとったら、家賃3万円でも充分ではないでしょうか。

DIYができる

家賃3万円の物件の中には、自分で好きなようにDIYすることが可能なところもあります。

中には、釘打などが不可なところもあるので、事前に確認しておく必要があるようです。

近年では、カーペットや壁紙など自分で好きなようにDIYする方も増えてきました。

そのため、築年数が古くてボロボロのところを自分で好きなようにカスタマイズするのが楽しい方も多いです。

DIY好きの方には、家賃3万円の物件は魅力的ですよね。

家賃3万円物件の悪い口コミ

魅力な点も多い家賃3万円の物件ですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に契約をする前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

怪しい

築年数も浅い保証金なしの3DKの借家が3万円で貸し出されているようです。

物凄い魅力的な物件ですが、何かあるのではないかと思ってしまいますよね。

事故物件や築年数が古いところもあるので、安い価格である理由を把握しておくと安心です。

物件に限らず、相場よりも価格が低いと怪しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

そのため、どんなに魅力的なものでもすぐに契約する方も少ないですよね。

実際に、興味はあるけど怪しくてヤバいと感じています。

最悪だった

実際に一人暮らしの際に、家賃3万円のワンルームに住んでいた方は最悪だと感じています。

家自体もボロくて、虫も出て、バストイレも一緒だったようです。

特に、お風呂とトイレが一緒で嫌な方もいるので事前に把握しておく必要がありますね。

家賃がどんなに安くても、住むのにストレスを感じるほど汚いと継続して住むのは難しいですよね。

地域によって「家賃3万円」のレベルは異なりますが、都内になればなるほど不満も多くなる印象です。

家賃をケチると後悔する

実際に家賃3万円の4階の部屋に住んでいる方は、外の音が聞こえるため、日中は録音や撮影などはできないようです。

築年数が深いと、その分壁が薄いので生活音が聞こえてくることも少なくありません。

外の音や、隣の音が気になる方にはあまりおすすめできないですね。

特に、撮影や録音などをしている方は雑音が入ってしまう可能性もあります。

家の状態などにもよりますが、家賃3万円であると家自体が古いこともあるので注意が必要です。

まとめ

家賃3万円物件がヤバいと言われる理由として、「治安がヤバい」「汚くてヤバい」「稀に事故物件があってヤバい」などにありました。

相場よりも低い価格で借りることができるのは、デメリットも少なからずあるということですね。

そのため、家賃が低い理由を不動産の担当者などに伺ってみるのも一つの手ではないでしょうか。

中には、満足して住んでいる方もいますが、デメリットの方が大きくて不満を抱えている方もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です