クロエの財布「使いにくい」良い・悪い口コミを徹底調査

「クロエの財布って使いにくいの?」

スマホなどで、「クロエ 財布」とグーグル検索をすると「使いにくい」などと関連キーワードが出てきます。

このようなワードがでてくると、不安になりますよね。

購入をする前に、クロエの財布について把握することで失敗を避けることができます。

そこで、本ページでは、クロエの財布は本当に使いにくいのか口コミと共に紹介していきます。

クロエの財布について

基本情報
価格 42,900~86,900円
年齢層 20代~40代

クロエは、ギャビーアギョンによって1952年に創設されたフランスの名門ファッションブランドです。

当時はオーダーメイドが主流で質の悪い洋服しか入手できないこともあったため、ギャビーアギョンは堅苦しさに疑問を感じ高級で上質な生地を使用した既製服を販売するようになります。

創設当時は知名度も低かったですが、1963年にシャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルトがクリエイティブディレクターに就任することで、デザイン力のおかげもあってか一躍の有名ブランドになりました。

クロエの名前の由来は、バレエ作品の「ダフ二スとクロエ」が由来で、クロエが躍る美しい踊りに感銘を受けたようです。

クロエの財布 「使いにくい」と言われる3つの理由

クロエの財布が「使いにくい」と言われる理由として以下の3つにあります。

一部の方では、使いにくいと感じているようです。

  • 理由1:お金の出し入れが不便で使いにくい
  • 理由2:容量が少なくて使いにくい
  • 理由3:重たくて使いにくい

お金の出し入れが不便で使いにくい

クロエの財布を実際に愛用していた方は、お札や小銭などのお金が出し入れしにくいと感じたようです。

近年はキャッシュレス化も進んでいるため、現金を持ち歩かない方も増えてきました。

そのため、現金を多くは入れないようなデザインにされているのでしょうか。

今でも現金派の方は多いので、実際にお金の出し入れがしにくいと使用する気にもなれないのではないでしょうか。

容量が少なくて使いにくい

購入したばかりの方は、カードや現金などを入れる容量が少ないと感じています。

財布は見た目のデザイン性も大切ですが、機能性も重視しなければなりません。

ほとんど毎日使用するものなので、容量が少ないともう一つ財布が必要になることもありますよね。

何個も財布を持ってしまうと、高いお金を出してブランドのものを購入して意味もないのではないでしょうか。

購入する前は、デザイン性以外にもどれほど入るのかの容量を確認しなければなりません。

重たくて使いにくい

クロエの財布は、幅が広くて持ちにくく、重たいと感じていたようです。

お金やカードを出す際に、幅が広いと片手では持ちにくいですよね。

更に、質感などにもよると思いますが、重たいため購入する前に軽さなどのチェックも欠かせません。

財布が重たいと、持ち歩きにも不便なので避けたいものです。

クロエの財布の良い口コミ

クロエの財布が使いにくいと感じている方もいる中で、愛用している方も多く良い口コミもあります。

見た目のデザイン性などは勿論のこと、どのような点にメリットがあるのか見ていきましょう。

人と被らない

クロエの財布は、定番のデザインの他にも、様々なアイテムの展開があります。

そのため、人と被らない点に魅力を感じている方もいるようです。

知名度の高いブランドは、人と被ることが嫌がる方も多いのではないでしょうか。

しかし、デザインの種類が多いと、自分のお気に入りも探しやすくて良いですよね。

可愛いし使いやすい

実際にクロエの財布を愛用している方は、見た目の可愛さだけではなく使いやすさにも魅力を感じています。

使いにくいと感じる方もいる中で、財布を変えようと思わないほど不便さを感じていない方もいますね。

お値段も高く質感も良いので、傷がつかない点にも好評なようです。

更に、ブランドの知名度も高いので年齢を重ねても違和感なく使用でき、人前に出しても恥ずかしくありません。

ブランド嫌いでも可愛いと思える

クロエの財布が好評な理由として多いのが「ブランド品は嫌いだけど、クロエの財布には魅力がある」です。

これまでブランド品を購入しなかった方や、毛嫌いしていた方などがクロエの財布は購入しようと考えています。

それほど見た目のデザイン性に優れているということですよね。

特にクロエの財布は、ブランドを主張しないのが良いのではないでしょうか。

クロエの財布の悪い口コミ

魅力を感じている方の多いクロエの財布ですが、中には不評な声もあります。

購入をする前に、マイナスな意見も把握することで少しでも後悔しない買い物ができるのではないでしょうか。

カード類が入らない

クロエの財布を買ってもらった方が、カード類を入れるところが少ないと感じたようです。

カードはクレジットカードの他にも、ポイントカードなどがたくさんあります。

近年では、スマホなどのアプリでポイントを貯めることができる店舗も増えてきました。

しかし、それでもカード類を最小限にしてしまうと、本当に必要な時に手元にないこともあります。

別のカード専用の財布を持ち歩く方もいますが、もう少しカードを入れるところを増やしてくれると有難いですよね。

高い

クロエの財布が欲しいと思っても、高いと感じるため、なかなか購入には至らない方が多い印象です。

10万円以内で購入することはできるため、ハイブランドの中では手の届きやすい価格ですが、金額だけで見ると高いですよね。

長年使用できるという確信があれば、コストパフォーマンスは良いですが、実際に使用してみなければ分からないものです。

見た目のデザイン性に惹かれても、高いため、ボーナス時やイベント時に購入している方が多いです。

三つ折りが苦手

クロエの財布で人気のデザインは、三つ折りであるため苦手な方は購入には至らないようです。

見た目のデザイン性が気に入っても、三つ折りであるとお札が曲がってしまうのを嫌がる方もいます。

コンパクトなサイズ感でありますが、3つに折っているためその分厚みも出てしまいますよね。

中身の収納も少なく、ポケットなどに入れる際にもかさばるため、好き嫌いが分かれてしまいます。

しかし、クロエの三つ折り財布は、幅広いラインナップがあるので心惹かれる方も多いようです。

中には、使い勝手が良いと感じている方もいるので、実際に直接目で見て自分に合うのかを確認することが大切ではないでしょうか。

まとめ

クロエの財布が使いにくいと言われている理由として「お金の出し入れが不便で使いにくい」「容量が少なくて使いにくい」「重たくて使いにくい」などにありました。

近年のキャッシュレス化に伴い、ブランドの財布でも容量を少なくしてスタイリッシュなデザインも多くなりました。

しかし、現金派の方にとっては不便さを感じているので、お金の出し入れに関して使いにくさを感じています。

見た目のデザイン性は良い評価が多いですが、使いにくさに関しては賛否両論なため、自分で確かめる必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です