宮古島の観光「つまらない」と感じる人の特徴|忖度なしの口コミ

「宮古島ってつまらないの?」

スマホで「宮古島」とGoogle検索をすると、「つまらない」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

このようなワードが出てくると不安になりますよね。

実際に足を運ぶ前に、宮古島のことを把握することで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、宮古島は本当につまらないのか口コミと共に紹介していきます。

宮古島について

基本情報
場所 沖縄県平良市字大神 宮古島市平良字大神
おすすめスポット 竜宮城展望台/東平安名崎/伊良部大橋/宮古島海中公園/パイナガマビーチ/新城海岸/吉野海岸/与那覇前浜/下地島池間島/

沖縄県宮古島市に属する宮古列島の島が、宮古島となっています。

年間平均気温は23度で、平均湿度は80%となっており、年間を通して真冬と真夏の温度差が比較的少ないです。

最低気温が10度を下回ることがないので、快適に過ごすことができるとも言われています。

高温多湿の気温であっても、海風があるので真夏でも蒸し暑さを感じませんが、台風の被害は凄まじいです。

宮古島の観光「つまらない」と言われる理由

宮古島の観光が「つまらない」と言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、つまらないと感じるようです。

  • 理由1:幼児にはつまらない
  • 理由2:アミューズメントが少ない
  • 理由3:走るにはつまらない

幼児にはつまらない

旅行先を考えていた方の中には、宮古島は幼児にはつまらないと感じる方もいます。

海で過ごす分には十分に楽しめますが、飲食店などはお子様向けではないこともあるので、大変なようです。

そのため、お子様のいる家庭では違うところを検討しているようですね。

また、広いので歩く時間も多くて大変な思いをすることもあるようです。

1日中海にいるわけにはいかないので、乳幼児を連れての宮古島はあまりおすすめできないかもしれません。

アミューズメントが少ない

実際に、ウェブで「宮古島」と検索をすると「つまらない」と出てきます。

その要因として、アミューズメントが少ないと考えている方もいました。

観光地でもある宮古島ですが、お店が少ないので楽しめないと感じる方もいるようです。

那覇などに比べて観光地も少ないので、足を運ぶ場所も限られるようですね。

そのため、新たなサービスを考えている方もいます。

走るにはつまらない

宮古島の気候は良いけど、走るにはつまらないと感じる方もいます。

ランニングなどの走る際には、何を求めているのかは人によって様々ですが、景色などがつまらないと感じるのかもしれません。

絶景として人気な島ではありますが、長時間ずっと走る分には同じ景色が続くこともあります。

ランニングなどは、景色を楽しみながら走る方もいるので、宮古島はつまらないと感じる方もいるようです。

そのため、景色に変化が欲しい方などには走る分に向いていないこともありますね。

宮古島の観光の良い口コミ

「つまらない」などとも言われている宮古島ですが、良いところも多くあります。

実際に足を運ぶ前に、魅力な点を把握することで更に楽しむことができるのではないでしょうか。

何もないからこそ良い島

宮古島は、「つまらない」「何もない」などとも言われています。

那覇や石垣島などに比べると、観光スポットや飲食店も少ないようです。

しかし、何もないからこそ自然が豊かで海が綺麗だと感じる方もいます。

開発されていない土地も多く、宮古島でしか見れない、楽しめないこともあるのではないでしょうか。

お魚と泳ぐことができる

宮古島では、シュノーケリングなどと泳んで楽しむ方が多いです。

水中カメラでみると、水が綺麗なのが分かりますよね。

宮古島でしか見れないようなお魚などと一緒に泳げるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

以前よりも、キレイさが減っていると感じる方もいますが、それでも魅力のある海です。

幻の浜

宮古島で大潮にあたったら、おすすめなのが池間大橋手前に出現する幻の浜なようです。

景色などが魅力な宮古島ですが、日や時間などによって違う楽しみがあるのも素敵ですよね。

天国の海の散歩経験ができるようで、是非足を運んでみたい場所です。

大潮にあたった際には、是非おすすめできる場所となっています。

宮古島の観光の悪い口コミ

魅力な点が圧倒的に多い宮古島ですが、中には不満を抱える声もあります。

実際に足を運ぶ前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

台風が来ると楽しめない

当たり前ですが、宮古島では台風などの天候に恵まれない場合は楽しむことはできません。

しかし、台風がくるときでも観光客は来るようですね。

ホテルの中で過ごすよりも、飛行機が飛ぶうちに帰った方が良いと考える方もいます。

宮古島では台風が凄まじいので、旅行と重なってしまうとホテルから出ることはできなくなるようですね。

虫よけスプレーは必要

宮古島に行って後悔した点として、虫よけスプレーを持っていかなかったことと思う方もいました。

高温多湿な地域でもあるので、虫に刺される危険性もあります。

楽しい旅行にするためにも、虫に刺されるのは避けたいものではないでしょうか。

そのため、必ず虫よけスプレーは必需品ということですね。

不便

実際に宮古島に行った方の中には、不便で二度と行かないと感じる方もいました。

レンタカーやタクシーもないうえに、宿の立地が悪いので最低だと思ったようですね。

全く、タクシーがいないわけではないので運良ければ捕まえることができますが、レンタカーやタクシーが使用でいない場合もあります。

数年前までは、空車のタクシーも多かったようですが、時期などによっては全く乗れないこともあるようです。

そのため、宿への場所も配慮する必要がありますね。

まとめ

宮古島がつまらないなどと言われている理由として「幼児にはつまらない」「アミューズメントが少ない」「走るにはつまらない」などがありました。

実際に、那覇などに比べて飲食店や観光地が少ないので、人によってはつまらないと感じるかもしれません。

天候などに恵まれないと、ずっとホテルで過ごすこともあるようですね。

しかし、足を運んでいる方の多くが海や景色を満喫しているので、十分に良い島ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です