無印のリュックはダサい?口コミからわかる意外な結果

「無印のリュックはダサいの?」

実用的なものから食品まで幅広い商品を展開している無印良品は、幅広い年齢層に愛されているブランドです。

質の良いものをシンプルで良心的な値段で提供していることから、一度は足を運んだことがある方も多いのではないでしょうか。

評判の良い無印からでているリュックは、多くの方が愛用している一方で「ダサい」などといった声もあります。

そこで今回は無印良品のリュックについて、リアルな口コミから徹底検証していきます。

無印のリュックについて

基本情報
価格 2,990円~(税込)
年齢層 10代~40代

無印良品は、株式会社良品計画が運営している1989年に設立された会社です。

国内には497店舗、海外には中国や香港など幅広い国で571店舗展開している人気の高いブランドとなっています。

日本国内に限らず世界でも愛されているため、愛用している方は多いのではないでしょうか。

生活雑貨ではテーブルやソファーなども販売されており、お菓子や化粧品でも人気を集めています。

ベビー服・お菓子・文房具なども販売されているため、ファミリー層にも気軽に購入しているブランドです。

更には生活雑貨も揃えているので、店内には幅広い年代の方が賑わっている印象がある方も多いのではないでしょうか。

その中でもリュックは、2990円の驚きの値段で実用的だと口コミでも一気に広がりました。

見た目は無印良品らしいシンプルなデザインで、驚きの軽さなことから通学にも使用している方が多いです。

何も背負っていないかのような軽さなので、肩にかかる負担も全く違います。

無印のリュック「ダサい」と言われる3つの理由

無印のリュック「ダサい」と言われる理由は以下の3つあります。

  • 理由1:デザインがダサい
  • 理由2:持っている人が多い
  • 理由3:安っぽい

デザインがダサい

無印良品は奇抜なものが少なくシンプルであることを売りにしていますが、リュックもワンポイントが何もありません。

機能的であっても実際に背負うのには抵抗があると感じている方が多い印象です。

デザイナーを雇うなどの、デザインに着目することでお値段が高くなっても人気が出るのではないでしょうか。

ワンポイントあって千円高くなっても買う人が増えると感じている方もいます。

無印のリュックを愛用している方のほとんどは、バッジや刺繍などをつけて自己流にアレンジをしているようです。

世界に一つだけの鞄にカスタマイズできる点では、魅力があると言えます。

持っている人が多い

バリエーションも少ないことから、すぐに無印のリュックだと気づかれる場合が大半です。

友人内でも被ることが多いため、ダサいと感じる方もいます。

あまりにも多くの方が持っていると、恥ずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか。

形やカラーの種類を増やすことで、購入しやすくなるとも考えられますよね。

安っぽい

実際に2,990円で購入できるため、安っぽさは否めなせん。

使いやすさには好評ですが、質感や見た目などが気になって購入には至らない方もいます。

特許をとっている機能的なリュックであっても、見た目が安っぽいと背負うにも恥ずかしいのではないでしょうか。

なるべく手ごろなお値段で多くの方に利用していただきたかったと思いますが、ファッションの一部であるリュックは見た目を重視している方も多くダサいと背負わなくなってしまう方少なくありません。

無印のリュックの良い口コミ

ダサいと言われている無印のリュックですが、良い口コミもたくさんあるため紹介していきます。

重さを感じない

出勤に無印のリュックを使用している方は、使い勝手が良く重さを感じられないと思ったようです。

リュックによって、気持ちの問題であるプラセボ効果によって出勤の辛さが軽減されました。

学生や社会人の皆さんは、荷物が多くて重たいとやる気も下がってしまうのではないでしょうか。

新しいものが増えると気持ちが高まる部分もありますが、出勤時の重たい荷物が軽く感じるだけで辛さも軽減されるのではないでしょうか。

かわいい

無印のリュックをしばらくの間使用している方は、軽く感じるのを実感しているようです。

大きさもちょうどよく、大容量タイプなので1泊などの旅行にも最適となっています。

見た目に関してはダサいなどといった声もありますが、シンプルなデザインで可愛いと感じる方もいるようです。

好みは人それぞれですが、シンプルなものが好きな方にとっては魅力のあるデザインではないでしょうか。

肩が疲れない

リュックは両手も開いて使い勝手も良いため、通勤・通学・サイクリング・旅行など幅広いシーンで活躍します。

しかし肩への負担が大きいため、肩こりなどに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

無印のリュックは肩の負担を減らしてくれるものですが、実際に旅行でたくさん歩いても疲れなかったようです。

更に当初は黒色などのバリエーションでしたが、その後グレーも販売されて好評でした。

無印のリュックの悪い口コミ

軽くて肩が疲れない魅力のあるリュックですが、中には悪い口コミもあります。

購入前にはマイナスな意見も参考することで失敗を避けることにも繋がりますので、是非参考にしてください。

肩が痛くなる

肩の負担が軽減される人気のリュックですが、中には背負いづらいと感じる方もいます。

痛くならないと言われているものであっても、逆に肩が痛くなってしまったようです。

体系によって違うのかは定かではありませんが、一部では合わないと感じる方もいます。

特許を取得している優れているものでも、合わないこともあるため期待をしすぎないことも大切ではないでしょうか。

背中が痛くなる

無印のリュックを使用している方で、肩への負担は減らせたものの腰や背中に痛みが出てきている方が多い印象です。

背負っているものなので、必ずどこかに重心はいくはずですが肩への負担がないため腰などにきてしまったのではないでしょうか。

腰痛持ちの方は特に気をつけて使用しなければなりません。

また軽いと思い多くの荷物を入れすぎてしまうと、腰の部分に荷物があたって痛くなることもあります。

色がダサい

見た目に関してダサいと感じる方が多い印象ですが、その中でも色のバリエーションがないことに不満を抱えています。

実用的であっても、オシャレをしている際には背負いたくないと感じる方もいるため見た目をもう少し良くしてほしいですよね。

この先人気も高まったら、バリエーションも豊かになるのではないでしょうか。

まとめ

無印のリュックがダサいと言われている理由として「デザイン」「持っている人が多い」「安っぽい」などにありました。

見た目に関してはダサいと感じている方が多いですが、機能に関しては絶賛の声が多い印象です。

シンプルなデザインであることから、自分なりにカスタマイズをして楽しんでいる方も多いため見た目に関しては自分で変えることができるということですね。

無印のリュックはお値段も安いことから、失敗する際のダメージが少ないのも魅力ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です