ニフレルのひどいは本当?「かわいそう」と批評も!良い・悪い口コミを徹底調査

「ニフレルはひどいの?」

「ニフレル」とGoogle検索をすると関連キーワードに「ひどい」と表示されています。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、ニフレル「ひどい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

ニフレルについて

基本情報
場所 大阪府

ニフレルとは、日本の大阪府吹田市千里万博公園内 に所在する博物館のことです。

水族館を主体として動物園や美術館を融合させた博物館とも言えます。

テーマごとに分かれた美術館のような展示スペースがあり、「生きているミュージアム」とも言われているようです。

生きものの美しさや不思議さを直感的に楽しむ今までにない施設となっています。

ニフレル「ひどい」と言われる理由1

ニフレルに実際に行った方は、ワオキツネザルに傷があったようです。

ハゼも顔周りの皮がひどかったようで、見ているだけで痛々しかったようですね。

観ている側にとったら楽しいですが、「ニフレル ひどい」とGoogleの関連キーワードにも出てくるので、動物のストレスを心配されている方は多い印象です。

人間も刑務所や監禁されている状態であると、ストレスで体に異変が現れることも珍しくありません。

動物も同様に、監禁されている環境であると精神的や身体的に異常が現れることもあります。

水族館や動物園では、監禁されている状態なので、精神的異常や行動に現れるものです。

英語では「ズーコシス」とも言います。

動物がストレスを抱えると、自分自身を傷つけたり食べたりと、自分の身体へ危害を加えることもあるようです。

他の動物に対しても危害を加えることがあるため、動物園では一匹ずつ飼育されていることも多いですね。

そのため、動物園などに足を運ぶと自分自身で危害を加えたような傷を見つけることもあります。

ニフレルは、そういった傷がひどいため、悪い口コミも目立つようになりました。

ニフレル「ひどい」と言われる理由2

ニフレルは、人間にとって綺麗にみえるかもしれませんが、動物にとってはひどい環境だと考える方は多いです。

自然のものが何もない水槽や人間のための展示は、動物たちにとって相応しくないのかもしれません。

特に、動物にとっての本来の場所は海や森でもあるので、ニフレルは程遠い環境とも言えますね。

水槽に関してもそうですが、綺麗に見せそうとして、自然のものが何もない状態だとストレスを抱えてしまいます。

魚たちにとっても、良い環境とは言えません。

動物も同様に、狭い空間に閉じこまれてカメラを向けられると恐怖になってしまうのではないでしょうか。

中には、部屋の隅で怯えている動物もいたようです。

人間たちにとったら、キレイで可愛くて癒されるのかもしれませんが、動物たちにとって居心地の良い場所とは言えないということですね。

特に動物の事が好きな方にとったら、心を痛めるので足を運びたくないと考える方も多いです。

それほど、環境が良くないということですね。

そのため、ニフレルは「ひどい」と言われるようになりました。

ニフレルの良い口コミ

「ひどい」などといった声もあるニフレルですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に足を運ぶのに悩まれている方は、少しでも良い口コミを把握することでより楽しめるのではないでしょうか。

珍しい生き物もいる

ニフレルに足を運んだ方は、結構面白かったと感じています。

スペースに関しては狭いと感じていますが、展示されている生き物の数は多かったようです。

珍しい生き物もたくさんいたため、楽しかったようですね。

至近距離で楽しめた

ニフレルに行った方は、至近距離で見ることができるので楽しかったようです。

他の動物園や水族館よりも、距離が近い点に魅力があります。

2019年には「かくれるにふれる」が誕生し、年を重ねる度に様々なゾーンが増えているようです。

そのため、何度足を運んでも楽しめる施設でもありますね。

魅せる演出が凄い

初めてニフレルに行った方は、物凄い綺麗で魅せる演出が凄かったようです。

事前知識がない状態で行ったようですが、立体のでかいたまが特に凄かったようですね。

「でかいたま」とは恐らく、ワンダーモーメンツのことだと思いますが、アーティスト・松尾高弘によるものです。

宇宙から星を眺めるような神秘的な空間アート体験をすることができます。

ニフレルの悪い口コミ

魅力的な点もあるニフレルですが、不満を抱えている方は多いです。

実際に行く前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

屋内にホワイトタイガーがいるのがありえない

テレビのニュースでホワイトタイガーのことについて放送されていたようです。

しかし、屋内に展示されることにおいて不信感を抱いています。

日差しも風も感じることができない環境に展示されてしまう点において、ひどいと感じる方は少なくありません。

カフェがありえない

ニフレルでは、生きものと一緒の空間でピクニック気分を味わえるカフェも展開しています。

しかし、人の声・子どもの叫び声・食べ物の匂いなどが入り混じった空間に動物がいることに衝撃を受けているようです。

外の空気に触れることができないような環境に動物が展示されている点において、不信感を抱いています。

高い

ニフレルは、大人2000円で入場することができます。

しかし、施設内は狭くて1時間ほどしか楽しめないので行きたくないと感じている方もいるようです。

気になる人でなければ、楽しめないのではないでしょうか。

まとめ

ニフレルがひどいと言われている理由として、動物たちにとっての環境が悪いことにありました。

どういった動物園や水族館であっても、展示されていることに関しては変わりないですが、ニフレルでは特にひどいようです。

動物が本来あるべき環境に少しでも似せて運営側は、配慮しなければなりません。

しかし、綺麗に魅せることに囚われてしまい、動物にとってストレスを抱える環境になっていると感じる方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です