【実写映画】約束のネバーランドはひどい?忖度なしの評判を大公開。

「実写映画の約束のネバーランドはひどいの?」

スマホで「約束のネバーランド 実写映画」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは実写映画の約束のネバーランドは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

【実写映画】約束のネバーランドについて

基本情報
原作者 白井カイウ
監督 平川雄一朗

約束のネバーランドは、原作が週間少年ジャンプで連載をされており、テレビアニメ化もされている作品です。

実写映画のストーリー内容は以下の通りです。

自然の中に建てられた楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」。

そこで暮らす子どもたちは、母親代わりの優しいイザベラを「ママ」と呼んで慕い、いつか里親に引き取られる日を待ちわびている。年長者のエマ、レイ、ノーマンも、外の世界で待つ幸せな暮らしを信じていた。

ある日、里親が見つかり孤児院を去ることになったコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が大切にしていた人形を忘れて行ったことに気づく。

コニーに人形を届けるため、近づくことを固く禁じられていた「門」へ向かった2人は、そこで無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿を目撃する。

彼らが楽園だと信じていた孤児院は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、ママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。全てが偽りだったと気づいたエマたちは、孤児全員を引き連れた無謀ともいえる脱獄計画に乗り出す。

映画.com

【実写映画】約束のネバーランド「ひどい」と言われる3つの理由

約束のネバーランドの実写映画がひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方ではひどいと感じるようです。

  • 理由1:展開が早すぎる
  • 理由2:「演技がひどい」と感じる人がいる
  • 理由3:ネタバレがひどい

展開が早すぎる

原作やアニメも放送されていた約束のネバーランドですが、中には展開が早いと感じる方もいました。

約束のネバーランドに限らず、長い作品を約2時間の映像で収めなければならない実写映画は必ず批判の声はあります。

そのため、「展開が早い」「ストーリー構成がおかしい」「あのシーンが見たかった」などといった声も少なくありません。

実際に、展開が早いと原作を見たことがない方にとったら振り落とされると感じていますね。

「演技がひどい」と感じる人がいる

約束のネバーランドの実写映画では、演技に関して悪い口コミが目立つ印象です。

特に子役の子に対して、演技が学芸会レベルだと思う方も少なくありません。

実写映画は原作を忠実に再現するためにも、演技よりも監督の思い描いているような容姿を優先としている可能性もあります。

後で演技は少しでも良くすることはできますが、容姿を変えることはできないですよね。

そのため、演技に対しての批判は集まるのかもしれません。

ネタバレがひどい

約束のネバーランドの実写映画の予告がネタバレだと思う方もいました。

更には公式サイトによってもネタバレなどがひどいと感じています。

そのため、完全にプロモーションの失敗だと考えている方もいるようです。

作品に興味を惹いてもらおうとしているのが分かってしまほど、ネタバレがひどいようですね。

【実写映画】約束のネバーランドの良い口コミ評判

「ひどい」などといった声もある実写映画の約束のネバーランドですが、面白かったと感じる方も多いです。

実際に魅力な点を把握することで、より楽しく見ることができるのではないでしょうか。

予想以上に面白かった

約束のネバーランドの実写映画に対して、子役の子の演技に対して批判的な声は多い印象です。

しかし、実際に実写を見た方は予想以上に面白かったため続編も期待しています。

子役であるレイ役に対しても、そこまでひどいと思わなかったようです。

逆に可愛いなどといった好感を持っていたため、中には演技が気にならない方もいるようですね。

ひどい上で見たけど、良かった

約束のネバーランドの実写映画に悪い口コミが多いため、覚悟をしたうえで見たようです。

しかし、ノーマンはノーマンのままでイザベラ役の北川景子さんに関しては原作に忠実だったと感じています。

一部不満に思う箇所もあったようですが、全体的に好きだと思っています。

本作では特に、北川景子さんの演技に好評な声が多い印象です。

クオリティが高い

想像していたよりも、再現度などのクオリティが高くて驚いた方もいました。

ノーマン役がハマっているなどといった声が多い印象で、涙する方も少なくありません。

顔だけではなく声にも魅力を感じているため、脱獄後の話も見たいと感じています。

【実写映画】約束のネバーランドの悪い口コミ評判

魅力的な声も多い約束のネバーランドの実写映画ですが、不満を抱える声も少なくありません。

実際に見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで後悔を避けることができるのではないでしょうか。

根本が違う

約束のネバーランドの実写化はさすがにひどいと感じる方もいます。

これまでの実写作品は、キャストが再現できていないことから批判的な声も多い印象です。

しかし、本作では話などの根本が違うと思っています。

原作では12歳の年齢であったからこそ、感情移入することもできましたが、実写化では16歳だったため不満を抱いていますね。

キャストの年齢層がおかしい

約束のネバーランドのファンの方にとったら実写化はやめてほしいと感じる方も少なくありません。

キャストに関しては、大人の方を抜擢しているので意味がわからないと思っていますね。

そのため、監督やプロデューサーの方が原作を呼んでいないのか不信感を抱いているようです。

元々は実写化に対して反対派ではなかったようですが、最近の作品自体がひといど感じています。

カツラがおかしい

映画が始まる前に実写の予告が流れたようですが、日本人がカツラを被って撮影される点に疑問を抱いています。

役者さんがどれほど良い演技をしても、カツラを被っている時点で笑ってしまうようです。

そのため、見た目の違和感に関して不信感を抱ている方も少なくありません。

まとめ

約束のネバーランドの実写映画がひどいと言われている理由として、「展開が早すぎる」「演技がひどいと批評がある」「ネタバレがひどい」にありました。

実際に実写映画を見ている方の中には、演技や見た目など全体に違和感なく見ることができた方も多いです。

しかし、子役の子の演技に対して悪い口コミが目立っている印象ですね。

全体的に完成度も高いため、他の実写映画に比べると特別悪い口コミが圧倒的に多いわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です