終末のワルキューレはひどい?忖度なしの評判を大公開

「終末のワルキューレはひどいの?」

スマホで「終末のワルキューレ」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になると思います。

そこで、本ページでは、終末のワルキューレは本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

終末のワルキューレについて

基本情報
原作者 梅村真也

終末のワルキューレとは、原作が梅村真也先生で、構成がフクイタクミ先生、アジチカ先生作画の日本の漫画です。

コアミックスの月刊誌である「月刊コミックゼノン」により2018年1月号より連載中で、アニメ化もれされています。

ストーリーは、以下の通りです。

2021年アニメ化決定!1000年に一度開催される神々による人類存亡会議。地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を採択したかに見えたが…。

その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?

終末のワルキューレ公式サイト

終末のワルキューレ「ひどい」と言われる3つの理由

終末のワルキューレがひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようです。

  • 理由1:「アニメのテンポが悪い」という声がある
  • 理由2:終末のワルキューレ1話がひどい
  • 理由3:「ストーリーの進行が強引」という声がある

アニメのテンポがひどい

終末のワルキューレでは、アニメに関して悪い口コミが多い印象です。

実際にアニメを見た方は、紙芝居のようでテンポが悪いと感じています。

表現も昭和のような雰囲気で、モブの声優の演技もひどいようですね。

アニメ化にあたって「原作を忠実に再現していない」などといった声はありますが、本作ではアニメ自体がひどいようです。

終末のワルキューレ1話がひどい

ネットフリックスで終末のワルキューレのアニメが放送されているようですが、ひどいと思う方もいます。

1話に関しては、全部いらないと思っておりなんのアクションもなかったようです。

ゲームのようなテンポの遅さに加えて、絵がアニメとして面白くなかったと感じています。

全体的にアニメ制作にお金がかけられていないと思っていますね。

「ストーリーの進行が強引」という声がある

実際に終末のワルキューレをアプリで見た方は、最初の戦いまでもっていくのが強引で違和感を感じたようです。

アプリで見たとのことなので、漫画だと思いますが、漫画に関して不満を抱える方もいるようですね。

途中からは進撃の巨人のパクリのような雰囲気もあると、感じる方もいます。

漫画は多くの方に人気のある作品ですが、中には好みに合わない方もいるようですね。

終末のワルキューレの良い口コミ

「ひどい」などといった声もある終末のワルキューレですが、魅力を感じている方もいます。

実際に見る前に、少しでも良い口コミを把握することでより楽しめるのではないでしょうか。

アニメが面白い

終末のワルキューレのアニメを見た方の中には、面白いと感じる方もいました。

Googleの関連キーワードには「ひどい」と出てきますが、5話まで作画なども悪くないようですね。

テンポに関しても、バキが似たような感じなので、あまり気にしないようです。

アニメに関して悪い口コミも目立ちますが、人によっては面白いと感じるようです。

テレビ放送でやってほしいほど面白い

終末のワルキューレの1期アニメを見た方も面白いと感じています。

どの戦いも熱くて、心に染みるものがあったようですね。

続篇に関してはネットフリックス独占で配信されているようですが、テレビ放送でもやってほしいと思っています。

原作を読んでいないと特に、アニメは面白いと感じるのかもしれません。

漫画が面白い

最初は、神と人間の戦いに関して不信感を抱きながら見ていたようです。

しかし、ページをめくる手が止まらなかったようですね。

世界観に関してはありえないですが、勝敗が気になってそれぞれのキャラクターにもドラマがあって考えさせられる作品なようです。

最初はあまり興味がない方でも、続きがどんどん気になるようなストーリーなようですね。

終末のワルキューレの悪い口コミ

魅力的な声も多い終末のワルキューレですが、中には悪い口コミもあります。

実際に見る前に、少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

アニメがつまらない

終末のワルキューレのアニメを見た方は、ここまでひどいアニメを見たのは久しぶりだと感じています。

ネットフリックスが資本しているとは思えないほど、お金がかけられていないと思っているようですね。

迫力を感じることもなく、テラフォーマーズのパクリだとも感じています。

キャラクター解説と回想シーンは、テンポが悪いためつまらないようです。

原作は好評な声も多いので、漫画の方が良いのかもしれません。

お父さんにおすすめしたけどハマらなかった

ファンタジーのバトルものが好きなお父様に終末のワルキューレを勧めましたが、あまり好みではなかったようです。

人間が神様に勝てるわけもなく、人間なのにありえない技をだしたりする点において見るのをやめてしまいました。

異世界転生の作品は、現実にはありえないような設定が見どころですが、中には好みではない方もいるようです。

アニメがつまらない

終末のワルキューレのアニメを見た方は、刹那と回想ばかりでつまらないと感じています。

LINEマンガで漫画の方を読んでひどい作品だと思ったようですね。

途中で読むのをやめてしまったほど合わなかったようで、人気な理由もわからないようです。

まとめ

終末のワルキューレがひどいと言われている理由として、:「アニメのテンポが悪さ」「1話がひどい」などにありました。

原作でもある漫画は人気なようですが、アニメに関して悪い口コミが多い印象です。

設定も神と人間なので、原作の方も好みが分かれるのではないでしょうか。

無理な設定でも違和感なく見ることができる方には、おすすめの作品となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です