【実写映画】東京リベンジャーズはひどい?忖度なしの評判を大公開。

「実写映画の東京リベンジャーズはひどいの?」

スマホで「東京リベンジャーズ 実写映画」とGoogle検索をすると、「ひどい」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何がひどいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、東京リベンジャーズの実写映画は本当にひどいのか口コミと共に紹介していきます。

【実写映画】東京リベンジャーズについて

基本情報
原作者 和久井健
監督 英勉

東京リベンジャーズの原作は、和久井健先生の作品で講談社の週刊少年マガジンで2017年13号から連載されています。

実写映画としては、2021年7月9日に公開され、2023年には続編映画の製作が決定されました。

主演は、北村匠海さんですが、続編のキャストは2022年8月現在発表されていません。

2021年に公開された作品では、山田裕貴さんや杉野遥亮さんも出演されていました。

【実写映画】東京リベンジャーズ「ひどい」と言われる理由

実写映画の東京リベンジャーズがひどいと言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ひどいと感じるようですね。

  • 理由1:「つまらない」と感じる人がいる
  • 理由2:キャスティングがおかしい
  • 理由3:原作が単話になっていない

「つまらない」と感じる人がいる

東京リベンジャーズは乱闘シーンも多いため、アクションも多い作品です。

しかし、実際に見た方の中にはアクションシーンが今どきの世界標準ではないと感じたようです。

握手をしたらタイムスリップするシーンにも不信感を抱いています。

中には、驚くほどつまらなくてひどいと感じる方もいるということですね。

キャスティングがおかしい

実際に東京リベンジャーズの実写映画を見た方の中には、キャストがひどいと感じる方もいました。

特に漫画が好きな方は、自分のイメージと異なっていたらひどいと思いますよね。

漫画では、マイキーとドラケンの人気が高いですが、実写化の方はひどいようですね。

キャストが当てはまっていると感じる方もいますが、中には合わないと思う方もいます。

原作が単話になっていない

実際に見たことがない方の中には、原作が単話になっていない作品の実写映画はひどくなる傾向があると感じています。

全ての作品に批判があるわけではないですが、ストーリーが続いている作品は実写にするのが難しい点もあるようです。

単話作品であると、2時間弱の中で納めやすいですが、何巻も続いている作品は納めずらいのではないでしょうか。

そのため、実際に見て居なくてもひどいと感じる方もいます。

【実写映画】東京リベンジャーズの良い口コミ

「ひどい」などといった声もある東京リベンジャーズですが、魅力を感じている方も多いです。

実際にどのような点に魅力があるのかを把握することで、見る後押しになるのではないでしょうか。

アニメよりも良い

実際に東京リベンジャーズの実写映画を見た方の中には、アニメよりテンポが良いため見やすいと感じています。

巻数もある漫画を短い時間に収めなければならないため、テンポよくストーリーを進めるのも難しいですが、完成度が高いようですね。

キャラクターの再現率も高いようで、中にはコスプレのような雰囲気が出ていないため魅力を感じている方もいました。

特にマイキーはイケメン重視で選ばれなくて良かったと思っています。

話が改良されていて良かった

東京リベンジャーズの実写映画を見た方の中には、アニメよりも良かったと感じる方は多いようです。

話は改良されていて、喧嘩場面も迫力がある点に魅力を感じています。

短時間でキレイにまとめられていて、楽しめたようです。

漫画の作品を綺麗にまとめるのは難しいとされているため、好評な声も多い印象となっています。

戦闘シーンの完成度が高い

実写版を始めて見た方は、戦闘シーンの完成度が高いと感じています。

俳優陣の演技も素晴らしくて、全体的に好印象を抱いているようです。

特に、間宮祥太朗さんが演じる稀咲鉄太の悪者感が良くて存在感が際立っています。

主演以外の方の中には、出演シーンが少ないこともありますが、しっかりと印象を残しているのは凄いですね。

【実写映画】東京リベンジャーズの悪い口コミ

アニメより良いと感じている方も多い東京リベンジャーズの実写映画ですが、中には不満を抱える声もあります。

実際にどのような点に不満を感じているのかを把握することで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

設定も髪色も違う

中には、東京リベンジャーズの実写映画の続編が無理だと感じる方もいます。

漫画の中の登場人物がいないため、続編できるのかと不満に感じていますね。

そのため、漫画やアニメとは別物にする気であるのかとも思っています。

設定もおかしくなっていて、髪色も違うと感じているようです。

出演者のキャラが合っていない

漫画やアニメの実写をすると、必ず「出演者のキャラが合っていない」などといった声は必ず出てきます。

東京リベンジャーズも同様で、合わなさすぎてバカにしているのかとも感じています。

そのため、実写版はやるべきものではないと思う方も少なくありません。

皆が「かっこいい」と言うのは、キャラクター自体ではなく出演者だとも思っています。

ストーリーの重要部分が変わってた

実際に東京リベンジャーズの実写映画を見た方の中には、配役に関しては良かったと感じています。

しかし、アニメから見た方にとったらストーリーの重要部分が変わっていたと思ったようです。

続編に関しても、ストーリーやキャストをどう入れ込んでいくのか疑問なようですね。

そのため、原作などを全部なしにして実写版を見ることで面白く感じるようです。

まとめ

東京リベンジャーズの実写映画がひどいと言われる理由として、「キャスティングがひどい」「原作が単話になっていない」などにありました。

実際に見られている方の大半が満足をしているようで、中にはアニメよりも良いと感じる方もいます。

実写映画は漫画を忠実に再現をしていないと、批判が出ることも少なくありません。

そのため、東京リベンジャーズの実写映画も不満な声が出るのは避けれないとも考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です