マツダのディーゼル車はやめたほうがいい?後悔する?リアルな評判を徹底調査

「マツダのディーゼルはやめたほうがいいの?」

「マツダ ディーゼル」とGoogle検索をすると関連キーワードに「やめたほうがいい」と表示されています。

なぜ、やめたほうがいいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、マツダのディーゼル「やめたほうがいい」と言われる理由を評判と共に紹介していきます。

マツダのディーゼルについて

マツダのディーゼルとは、1892年にドイツのルドルフ・ディーゼルが発明した内燃機関となっています。

圧倒的なトルクによる加速と、遠くへ足を運びたくなる優れた燃費性能が特徴です。

クリーンディーゼルは進化することが止まることはなく、これまでの常識を覆す独自の低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善しています。

ドライバーが走る喜びを知ることができる、マツダの志が詰まった世界一のエンジンです。

マツダのディーゼル「やめたほうがいい」と言われる理由1『街乗りにはあまり向かない』

デミオで走りを追及したい方が、元マツダの開発者の方に相談をされたようです。

更には、ディーゼルは街乗りをするにはやめたほうがいいとも言われています。

短距離でしか走る機会がない方や、普段車に乗る機会がない方にとったらおすすめはしません。

ディーゼル車は、普通のガソリンエンジンとは違う加速力が特徴です。

仕組みとしては、軽油を燃焼させるとススや有害なPMなどの微粒子が発生します。

しかし、この有害なものが問題視されるようになりクリーンディーゼルエンジンが開発されるようになりました。

軽油を燃焼して発生したススや微粒子を排出させないよう、再度吸気側に戻して燃やして無くすようにします。

「DPF再生」とも言いますが、高温の熱が必要になるのでエンジンを回しておく必要があるようです。

エンジンを切るとDPF再生をすることはできないので、すすなどは燃焼することができずに次第に溜まるので取り除く必要が出てきますね。

警告灯が点灯するので、すぐに走らせる必要がありますが、気づかずにそのまま使用していると故障の原因にもなります。

取り除くにはエンジンをつけて数十分走り続けなければなりませんが、頻繁に車を走ることがない方には不便です。

そのため、クリーンディーゼル車は普段長距離で走る方に適している車ということになります。

マツダのディーゼル「やめたほうがいい」と言われる理由2『微妙なアクセルワークの調整が難しい』

中には、ディーゼルを購入するよりもガソリンの方が良いと考える方もいました。

オルガン式ペダルに関してもやめたほうがいいと感じていますね。

微妙なアクセルワークの調整がしづらいようです。

マツダが採用している特徴の一つで、オルガンのペダルのように踏み込むことで作動する仕組みをしています。

マツダが製造する車両のアクセルペダルには、全車種に「オルガン式ペダル」が採用されています。

通常のペダルとは異なる構造で、一般的なペダルに比べるとコストも高くなるようです。

しかし、ペダルのコントロールがしやすい点や運転時の疲労が軽減される、踏み間違いを減らすなどのメリットがあります。

足のかかとを床に付けて踏み込む際に、足とペダルの動きが同じ方向となるので、かかとの位置が変わりにくく、操作しやすいという特徴があるようです。

メリットも多いですが、運転し慣れていない方にとったら運転しにくいこともあるようですね。

更には、使いこなすのは難しいディーゼル車に関してもおすすめできない方は多い印象です。

マツダのディーゼル「やめたほうがいい」と言われる理由3『カーボン詰まりのトラブルが起こる可能性がある』

マツダのディーゼルをおすすめしない方は多いです。

普通のエンジンとは仕組みが違うので、使いこなすには難しく、故障の原因になることも少なくありません。

オイル漏れやカーボン詰まりなどとトラブルも多いようですね。

しかし、トラブルで悩んでいる方の多くが短距離でしか走行していない方や、煤燃焼タイムで車走らせてないなどが原因だと考えられます。

ディーゼルエンジンの仕組みを把握していなければ、維持することも難しいのではないでしょうか。

トラブルが多い点に関して「やめたほうがいい」などといった声も多くなりましたが、正しく乗っている方にとったらトラブルとは無縁に感じている方もいます。

中には、「ディーゼルほんま燃費良いし乗り心地もいいから必然的に長距離移動が増えて結果的にDPFちゃんと作動してるから問題ない」と考える方もいます。

魅力的な車でもあるため、意識をしなくても頻繁に長距離を移動するということになりますね。

普段から車が好きで頻繁に車に乗っている方はトラブルの心配は軽減されますが、短距離でしか乗らない方は意識をした方が良いかもしれません。

マツダのディーゼルの良い評判

「やめたほうがいい」などといった声もあるマツダのディーゼルですが、魅力を感じている方もいます。

購入を考えている方は、少しも良い口コミを把握することで後押しになるのではないでしょうか。

力強さがある

マツダデミオディーゼルに乗っている方は、発進のスムーズさや坂道で感じる力強さに魅力を感じています。

ガソリン車にはないメリットなようですね。

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて、エンジンの回転数がが低い時から強いトルクを発生することができます。

そのため、スムーズに一定の速度で走行することができるのが特徴です。

燃費が良い

デミオのディーゼルを買おうか悩まれた方は、試乗の際に欧州製の同クラスのコンパクトカーと洗練された乗り味に驚いたようです。

更には、燃費の良さと軽油の燃料の安さに魅力を感じたようですね。

低い圧縮比とそれにともなう大幅な軽量化で、これまでにない快適な走りを実現されているのも特徴の一つです。

ロングドライブに適した走りと環境性能を持つのも、ディーゼルエンジンならではですね。

マツダのディーゼルの悪い評判

魅力的な点もあるマツダのディーゼルですが、不満を抱える声も少なくありません。

実際に購入する前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

好きな方以外メリットがない

マツダ系の整備士をしている方は、先輩に聞いた話だとディーゼルに関して10年乗らないと元をとることはできないようです。

そのため、本当に好きな方ではないとメリットがあまりないようですね。

オイル交換に関しては、通常に比べて時間が1.5倍くらいにもなってしまいます。

臭いが独特

マツダのディーゼルは、エンジンを付けると物凄い臭いなどといった声が多いです。

少しドアを開け閉めしただけで、嫌な臭いが車内に入ってくるようですね。

年式も新しいのにも関わらず異様な臭いなので、欠陥車だとも考えています。

エンジンをかけた際の匂いなので、ディーゼル特有なのかもしれません。

まとめ

マツダのディーゼルがやめたほうがいいと言われている理由として、「トラブルなどの多い」という評価にありました。

ディーゼルエンジンのことを把握し、長距離走行を普段からしている方にとったらメリットの方が多いのではないでしょうか。

そのため、実際に購入を考えている方は使用する目的などについて考えると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です