ヒュンダイはやばい車?性能が悪すぎ?海外事情・実際の口コミを徹底調査

「ヒュンダイはヤバいの?」

スマホで「ヒュンダイ」とGoogle検索をすると「ヤバい」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

一体何がヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、ヒュンダイ「ヤバい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

ヒュンダイについて

ヒュンダイ自動車は、1967年12月に設立された、大韓民国で最大手の自動車メーカーです。

グループの傘下には、キア自動車という韓国2位といわれているメーカーもあります。

世界5位になるほど人気のあるメーカーで、ホンダと並ぶほどの売り上げだとも言われてるようです。

環境に優しいモビリティを実現しており、アフターサービスも充実しています。

ヒュンダイ「ヤバい」と言われるSNSの声

ヒュンダイがヤバいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ヤバいと感じるようですね。

  • 理由1:「性能が怖い」という声がある
  • 理由2:「故障しやすい」という声がある
  • 理由3:「デザインがいい意味でヤバい」という声がある

「性能が怖い」という声がある

ヒュンダイは韓国の自動車メーカーでもあるため、国内では不評な声も多いです。

京都のMKタクシーに導入された際も「ありえない」などといった声が多数ありました。

ヒュンダイの車は過去に衝突1秒ほどで爆音がして、すぐに炎上、消化に7時間かかったとしてSNSで話題になりましたね。

まだ韓国へのイメージが悪い日本では、事故をきっかけに更に印象が悪くなっています。

そのため、安全性に関しての信頼性には欠けるといった認識を持っている方が圧倒的に多いです。

しかし、MKの社長は在日韓国人であるため仕方がないと考えている方も少なくありません。

「故障しやすい」という声がある

SNSでは、ヒュンダイの車のタイヤが外れている写真が話題を呼びました。

韓国製の質への印象が更に下がってしまったのではないでしょうか。

中には「粗悪品廉価ホイール」と思う方もいるようで、在日が買わない理由であると認識しています。

国内車ではありえないような壊れ方をするので、驚かれる方も多いですね。

「デザインがいい意味でヤバい」という声がある

ヒュンダイの車の性能に関しては批判的な声も多いですが、見た目のデザイン性に関して絶賛している方もいます。

内外装が驚くようなクオリティをしているようですが、値段と見合っていないようです。

ヒュンダイの車で一番の魅力は、低価格である点だと言っても良いかもしれません。

これほどのデザイン性やクオリティが高い車は、同じ価格で買うことはできないですね。

ヒュンダイの良い口コミ

「ヤバい」などといった声もあるヒュンダイですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に購入される前に、少しでも良い口コミを把握することで車選びの参考になるのではないでしょうか。

優秀すぎる

ヒュンダイの自動運転に関して絶賛している方は多い印象です。

これまでのイメージを払拭するほどの、レベルの高さだと感じる方もいます。

手を添えるだけでハンドルが切れるほどで、技術力も高いようですね。

そのため、ロゴがトヨだったら購入を考えるほど魅力を感じているようです。

映像技術とデザイン性は優れている

中には、ヒュンダイのCMを見て、映像技術とデザイン性は優れていると考える方もいました。

物も良くて、良い意味で車よりも家電を連想させるような技術力の高さであると実感しています。

しかし、事故を起こした写真なども出回っているので購入には至らないのではないでしょうか。

見た目や性能などに魅力を感じても、必ず安全な車である保証がない限り不安に感じてしまう方も少なくありません。

ハワイでは多い

ハワイでヒュンダイの車に乗られている方は、現地では多く見かけるようです。

お値段もトヨタに比べると、かなりお買い得なようですね。

デザイン性にも優れているので、ハワイの街並みには特に映えるのではないでしょうか。

全てにおいて魅力を感じているので、ヒュンダイを攻撃している方の精神年齢が低いとも思っています。

嫉妬と隣り合わせの虐めだとも捉えられるため、恥ずかしさはないのか疑問を抱いています。

ヒュンダイの悪い口コミ

魅力的な声もあるヒュンダイですが、まだまだ批判的な声も多いです。

実際に購入に悩まれている方は、少しでもネガティブな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

「壊れやすい」という声がある

日本国内では中国や韓国の家電など、国産に比べて安い価格で販売されています。

しかし、数年で壊れてしまうようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

韓国産でもあるヒュンダイも、5年以上乗るのはあり得ないと考える方もいます。

車に関してはメンテナンスも大切なので、乗り捨てる分には良いですが、長く維持したい方には向いていないようです。

ヒュンダイの車自体、国内で見かけることは少ないですが、定期的に出てくる点においても不満に思う方は少なくありません。

ヒュンダイは危ない

ヒュンダイのタイガーが事故を起こした件で、韓国でヒュンダイの同型車がどういった扱いを受けているのか気になっている方もいました。

有名人などのスターが乗っていても、欠陥が明らかにある危ない車に乗せるのはあり得ないとも感じています。

そのため、リコールになるのが先か、値がつかなくなって売れずに廃車になって滅びるのか疑問を抱いているようです。

様々な問題がSNSで話題になっているので、国内では人気がでる可能性も少ないのかもしれません。

操作がワンテンポ遅れて反応

ヒュンダイをワシントン州シアトルで乗っていた方は、デザインに関しては3日で飽きてしまったようです。

走りに関しては、サスは酷くパワステは軽自動車並に軽いと感じています。

全ての操作はワンテンポ遅れて反応しているようです。

更には、乗っていると煽られることもあり、警察などにも止められやすかったようですね。

まとめ

ヒュンダイがヤバいと言われている理由として、「性能が怖い」「故障しやすい」「デザインがいい意味でヤバい」という声がある、などにありました。

実際に、SNSで話題になっているのもあり、批判的な声は多い印象です。

デザイン性には優れていますが、命を任せる乗り物としては不安がある方も多いのではないでしょうか。

実際に乗って満足している方もいますが、韓国自動車と聞くだけで身構えてしまう方はまだ少なくありません。

1 COMMENT

中村一

超完全全自動瞬間火葬機能標準装備(←ニュースによれば、わずか5秒で700度に達し乗員は助からなかった、更に消火には7時間掛かった。)  (←これって棺桶のコマーシャルですよね。(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です