マツダ車に乗るのは恥ずかしい?高級車だと勘違い?リアルな口コミから徹底調査

「マツダ車は恥ずかしいの?」

スマホで「マツダ車」とGoogle検索をすると「恥ずかしい」などといった関連キーワードが出てくることもあります。

一体何が恥ずかしいのか気になると思います。

そこで、本ページでは、マツダ車「恥ずかしい」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

マツダについて

マツダとは、日本の自動車メーカーの1つで、1931年より3輪トラックの生産を開始し、1950年からは4輪トラックを販売しています。

数々の賞を取得しており、国内外問わずデザインに人気があります。

「車に命を与える、魂を与える」という視点でデザインを考えられてきたようです。

また、「人馬一体」の走りを目指しているため、走行性能が高いのもマツダ車の特徴となっています。

マツダ車「恥ずかしい」と言われるSNSの声

マツダ車が恥ずかしいと言われる理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、恥ずかしいと感じるようですね。

  • 理由1:「高級ブランドを目指すなら恥ずかしい」という声がある
  • 理由2:「マツダ車は恥ずかしいですか?という質問のほうが恥ずかしい」という声がある
  • 理由3:「一部社員のモラルが悪い」という声がある

「高級ブランドを目指すなら恥ずかしい」という声がある

マツダ車に乗っている方は、ディーラーの整備士にブレーキにエアーを入れられ、踏んでも車が止まらず突っ込みそうになったようです。

そのため、こんなメーカーが高級ブランドを目指すのは無理で恥ずかしいと感じていますね。

マツダ車の整備士やメーカーの質を疑ってしまうのかもしれません。

全てのディーラーが同じわけではありませんが、信頼性はなくなってしまうのではないでしょうか。

「マツダ車は恥ずかしいですか?という質問のほうが恥ずかしい」という声がある

ヤフー知恵袋で「マツダ車は恥ずかしい」という意見があったようです。

しかし、マツダ車が恥ずかしくないのですか?などといった質問に対して恥ずかしいと感じる方もいます。

昔のイメージがそのまま現代まできて、恥ずかしいなどといった声は少なくありません。

時代の流れと共にマツダ車も進化しているので、今の時代に「恥ずかしい」などといった声は稀だと思う方もいます。

「一部社員のモラルが悪い」という声がある

Twitterでマツダの社員と名乗る方が炎上していました。

面識もないエイト乗りの方に、失礼な発言をしたことがきっかけでトラブルになっています。

そのため、謝れば良い話を引きずっているようですね。

社員なようなので、報告はしているようですが、本当にマツダの関係者であると信頼度も下がってしまうのではないでしょうか。

マツダ車の良い口コミ

「恥ずかしい」などといった声もあるマツダ車ですが、魅力を感じている方も多いです。

購入に悩まれている方は、少しでも良い口コミを把握することで、参考になるのではないでしょうか。

マツダはオーナーもメーカーも良い

22年間マツダ一筋の方は、メーカーもオーナーも「旧型は悪、新型が善」などといったことを思わない点が良かったと感じています。

更には、マツダ車同士の仲間意識も良く、互いに道を譲り合うなどの治安の良さも魅力なようです。

駐車場には隣に並べて、決してあおらず、歴史を認めて褒め合う。

マツダの思いがオーナーに共有されているとも感じていますね。

乗りやすくてカッコいい

CX-30はかっこよくて試乗した際にも、乗りやすくて最高だったと思う方もいました。

そのため、次に乗り換えるなら30がいいと考えていますね。

マツダ車全体がどれも素敵で、目移りしてしまうほど、デザイン性に優れています。

一つに選ぶのが難しいほど、どの車にも魅力が詰まっているのかもしれません。

高齢者はマツダ車に乗ってほしい

中には、高齢者の方の事故が多発していることに対して、マツダ車に乗ってほしいと思う方もいました。

人間工学で作られたマツダの車は事故りにくく疲れにくいようです。

高齢者の方がプリウスに乗るのが危険だと考える方も多く、より安全な車を選んでほしいようですね。

マツダ車は、乗る人すべての安心と安全のために、危険な状況になる前の段階から安全について考えているため、魅力的かもしれません。

マツダ車の悪い口コミ

魅力的な声も多いですが、不満を抱える声も少なくありません。

実際に購入する前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで失敗を避けることができるのではないでしょうか。

売り方や戦略がいまいち

昔はマツダ地獄もあったようですが、当時はマツダの車の質が悪かったのではなく、広告代理店などの質が悪かったと感じている方もいます。

マーケティングや売り方、戦略がいまいちだったため、マツダ車に対するイメージが悪いと感じる方も少なくありません。

しかし、現在は商品のクオリティとブランドイメージが協働しているようですね。

燃費が悪い

マツダ車に乗って3か月が経過している方は、一つ不満が出てきたようです。

燃費が悪いようですが、ディーゼルなどという選択肢は良い話を聞くこともなかったため、なかったようですね。

しかし、見た目と質感と乗り心地が良いから相殺はできるようです。

「壊れやすい」と感じる人がいる

マツダ車に対して、壊れやすいなどといったイメージを持たれる方もいました。

古いものは壊れるのは仕方ないですが、新しい車であっても予想外の箇所が壊れることもあるようです。

ヨタやゴーンが来る前の日産社なら絶対壊れないところが、マツダ車では壊れてしまうようですね。

まとめ

マツダ車が恥ずかしいなどと言われている理由として、「高級ブランドを目指すなら恥ずかしい」「マツダ車は恥ずかしいですか?という質問のほうが恥ずかしい」「一部社員のモラルが悪い」という声がある、などにありました。

昔は、印象も悪かったため恥ずかしいなどといった意見は今でも稀にあるようです。

しかし、実際に乗っている方のほとんどがデザイン性や性能に魅力を感じているので、比較的メーカーの中でも人気があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です