プジョー2008「最悪?」良い・悪い口コミを徹底調査

「プジョー2008は最悪なの?」

スマホで「プジョー2008」とGoogle検索をすると「最悪」などといった関連キーワードが出てきます。

一体何が最悪なのか気になることでしょう。

そこで、本ページでは、プジョー2008「最悪」と言われる理由を口コミと共に紹介していきます。

プジョー2008について

基本情報
メーカー プジョー

プジョー2008とは、フランスの自動車メーカーのプジョーが製造・販売する小型SUVです。

全長4.3mと日本でも扱いやすいサイズの、ちょっとユニークなスタイリングのSUVとなっています。

十分なロードクリアランスを保ちつつも、低く構えるようなフォルムが特徴です。

優れた居住性を確保しながら、クーペのようなルックスを実現されています。

プジョー2008「最悪」と言われるSNSの声

プジョー2008が最悪と言われている理由として、以下の3つにあります。

一部の方では、ダサいと感じるようですね。

  • 理由1:「アクティブクルーズコントロールが怖い」という声がある
  • 理由2:「電気自動車のトラブルが多い」という声がある
  • 理由3:「修理代が高い」という声がある

「アクティブクルーズコントロールが怖い」という声がある

プジョー2008では、ロングドライブでは気になる点がある方もいました。

アクティブクルーズコントロールでは、前の車が停車している場合、物凄いスピードで突っ込むので怖いと感じています。

一般道で走る際は、前に車がいない際にスタートから設定速度までの加速が乱暴なようです。

前の車が減速して信号停止している場合は、スムーズに停車する点において良いと思っています。

「電気自動車のトラブルが多い」という声がある

プジョーの電気自動車に乗っている方は、頻繁に止まってしまうことがあるようです。

3度も突然止まることがあるようで、交差点で信号待ちの最中にも起きたようですね。

何度もトラブルが発生してしまうと、安心して乗ることもできないのではないでしょうか。

そのため、心配の方は電気自動車ではないタイプを選ぶと安心です。

「修理代が高い」という声がある

プジョー2008のエアコンの調子が悪いため、ディーラーで見てもらうと治すのに数十万円発生してしまうようです。

来週は車検を通す車もあるようですが、ヤバいと思っています。

中には、外車でもあるため修理代に大きな費用がかかると感じる方もいるようです。

そのため、購入費用だけではなく維持費も高いのかもしれません。

プジョー2008の良い口コミ

最悪などと感じる方もいるプジョー2008ですが、魅力を感じている方も多いです。

実際に悩まれてい方は、良い口コミを把握することで、車選びの参考になるのではないでしょうか。

故障知らず

故障に関して悩んでいる方もいるプジョー2008ですが、故障知らずな印象を受けている方もいます。

5台所有していたようですが、丈夫な車であるようですね。

2008では、エアコンが故障して修理代として6万円発生したようですが、他のメーカーでも起こる故障だと 考えています。

トラブルが多い方もいますが、中には故障せずに乗り続けている方もいるようです。

内装もオシャレ

外国車自体には、興味もなく詳しくはない方でも、プジョーの内装がオシャレだと感じる方もいました。

どの車もオシャレで魅力があるようですが、2008が最も気に入ったようです。

上級サルーンのような静粛性も2008の室内空間の特徴となっています。

シンプルで上品な内装は、見た目だけではなく快適性にも優れているようですね。

メリットが多い

e-2008の良いところが多いと感じている方も多いです。

給油時間を節約できる点や坂道でもパワー不足を感じることはありません。

幅が小さく取り回しが楽ですが、室内は広いので荷物も多く積むことができます。

電動モーターであっても想像以上に充電に困ることはなく、静かで走りもなめらかなようです。

プジョー2008の悪い口コミ

魅力的な点も多いプジョー2008ですが、不満を抱える声もあります。

実際に購入する前に少しでもマイナスな意見を参考にすることで、失敗を避けることができるのではないでしょうか。

残念なところもある

e-2008に魅力的な点もありますが、残念なところもあるようです。

スピードを出すとバッテリーの減りは早いようですが、残電池の%の表示はないため不便に感じています。

静かな点も良いところではありますが、音が出ない分歩行者が気づくこともないようですね。

更には、後席にはシートヒーターがない点においても不満を抱いています。

エコモードのエアコンに関しても弱すぎるため、残念に感じているようです。

燃費が悪い

代車としてプジョー2008のクロスシティに乗った方は、燃費が悪いと感じています。

ガソリン車とあって、発車時の加速の反応が良いようですが、ガソリンのメーターが減っていくのが分かったようです。

ハイオクでもあるので、日常使いでは乗れないと思っています。

そのため、早く愛車に戻りたいとも感じていますね。

荷室が狭い

プジョー2008の試乗に行ってきた方は、良いところも悪いところもあったと感じてます。

車自体は良いと思っており、パワフルでハンドル操作も良かったようです。

視界は良いようですが、荷室や後部座席を倒した際の上空の空間が狭いと思っています。

そのため、自電車などを載せることはできないようですね。

更には、お値段が高すぎてレヴォークを購入できるレベルだとも感じています。

まとめ

プジョー2008が最悪だと言われている理由として「アクティブクルーズコントロールが怖い」「修理代が高い」という声がある、などにありました。

外観や内装の魅力は勿論のこと、運転のしやすさや快適性に優れている車でもあります。

しかし、中には電動モーターに対して不満を抱く方もいるようですね。

特別「後悔」「最悪」などといった声が多いわけではありませんが、メリット・デメリットがあるということではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です